So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

味噌汁と二人の元ダンナ [独り言]

私は味噌汁が嫌いです。
嫌いだから どういう味噌汁が味噌汁好きにとって美味しいのか さっぱり解かりません。

そんな私が、三十代の時 結婚しました。
自分が嫌いだから味噌汁を作らないでいると、ダンナは「何で味噌汁作ってくれないの? 毎朝飲みたいよ」と懇願してきました。
私が、「自分が嫌いなものはどう作っていいのか解からない」と返すと、「まずお湯を用意して、具が煮えたら顆粒出汁をチャチャッと振り入れて、最後に味噌を入れればいいんだよ。 出来たと思ったら僕が味見して確認するから。 顆粒出汁は、喫茶店の砂糖みたいな小さなスティック状の紙の小袋になったのが売られてるから。」と教えてくれたので、その通りにすることにしました。
よって私は、一口も味噌汁を飲まずに済む味噌汁作りを始めることとなりました。
そんな日々を何年か続けていましたが、そのダンナとは離婚してしまいました。

味噌汁1.jpg

そして四十代になり-----
私は再婚しました。
初めは何も言われなかったので 毎朝パンケーキを焼いてあげていたのですが、何週間か経った時、「朝からこういうものは胃がもたれる。 味噌汁にして~」と口をとがらせるので、私は内心「え~!?またぁ~!?」と 少々うんざりしましたが、一度目のダンナに教わったのと全く同じ要領で、スティック状の顆粒出汁をチャチャッとやって 自分は一口も飲まずに、ダンナに味見をさせて、「味噌が少ない」だとか「味が濃いから水を足して」だのと 言われるままに味噌汁作りをする朝になりました。

と、ある日-----
スティック状のとは別のメーカーで ふりかけの袋と同じくらいの大きさの ジッパーで密閉できるビニール袋入りの顆粒出汁が売られているのを発見し、そちらの方がお買い得だったので それを使い始めました。
味噌汁の出来あがりの味に変わりはないらしく、ダンナはそこには何もふれませんでした。

味噌汁2.jpg

ある朝-----
いつもの様に ぐらぐら具が煮えている小鍋に 袋からチャチャッとやると、顆粒がそれまでの淡い黄土色ではなく なんだか緑色がかっていることに気づきました。
が、ダンナは、「なんか味が変わった」とは言わないので、気にせずに 毎朝チャチャッと続けました。
顆粒は日に日に緑色が濃くなってゆきました。
でも、ダンナは相変わらず何も言わないので、チャチャッとやり続けました。

ある日-----
チャ・・・・で、中の顆粒が出てこなくなりました。
「なくなったかな?」と 袋の中身を覗いてみると、袋の内側には、ビーーーーーーーーーーーッシリと カビが生えていたのです!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そう!顆粒緑化はカビだったのです!!
鍋の湯気が袋の中にこもり 温かい湿気をいっぱいに入れた状態でビニール袋を密閉していたのです。

そのダンナとも何年かしたら やはり別れてしまいましたが、顆粒出汁緑化の正体については 最後まで一切明かさなかったのは、言うまでもありません。

味噌汁.jpg

nice!(233)  コメント(63) 
共通テーマ:映画

新宿に在ったマンモス喫茶「カトレア」 [独り言]

私は中学一年の時から喫茶店マニアだったので、家庭教師の来る日以外は毎日必ず ありとあらゆる喫茶店の扉を押してきたが、たいていそれは たった一人での享しみだった。
が、この店だけは 学友達と共にした。
マンモス喫茶「カトレア」。

カトレア.jpg新宿東口の ちょうど紀伊国屋書店の地下辺りに在り、ゆうに百席を越える客席が だだっ広いフロアに整然と並んでいた。
「マンモス」と冠するだけに、雰囲気で客を呼ぶ店ではなく どれだけ大人数の団体でも入れることをウリにしている店だった。
あらゆる職業の人をターゲットにしているためか、値段もかなり安かったように記憶している。
安いだけに、ケーキセットのケーキが なんとロールケーキだった。
イマドキのクリームやフルーツたっぷりのお洒落で贅沢なそれではなく、スーパーで五切れ分くらいの長いのを百円で売っている そういう菓子パンの類に分類される チープなロールケーキだった。

カトレア1.jpg一人で入ることもあったが、強烈に記憶に残っているのは、部活の先輩や後輩達と二十人余りでなだれ込んだことである。
中高一貫教育の学校だったので、部活も中高一緒で大人数だったのだ。
演劇部だったので 次回の学内公演の演目は何にするかなどを、スタニスラフスキーの「ス」の字も知らないくせに 「部内会議」と称して真剣に意見を述べ合ったりしていた。

カトレアを利用するのは我々演劇部だけではなかった様で、どこかの部のちょっと気の強い先輩が 「アルバイトのウェイターの誰それの態度は悪くてけしからん」というような抗議を店長にして、バイトウェイターの一人をクビにした という噂が流れてきたりもした。

私は大人になり、様々なタイプの喫茶店から 独自の雰囲気があったり何らかの意匠を凝らした喫茶店に好んで通うようになり、カトレアからは遠ざかってしまった。

それから何年か経ち、新宿地下を歩いている時-----
マンモス喫茶「カトレア」は なくなっていることに気づいた。
カトレアは完全に、私の中高生時代の想い出の一つへと 過去完了してしまった。


nice!(233)  コメント(45) 
共通テーマ:映画

声の小さい人 [独り言]

私は、声の小さい人が嫌いだ。
声の小さい人の話を聞く時は、聞こえずらいあるいは殆ど聞こえないものを聞かむとして 身体中の全神経を集中させなければならないので、非常にイライラしてストレスがたまるからである。
そもそも会話というものは、相手に言葉が届いて 初めてその第一歩が踏み出せるのであって、小さい声でしゃべる人は、その声量で踏み出せていると認識しているのか はなはだ疑問に感ずる。

声が小さい人.jpg声が小さい人は、何故だか圧倒的に男性に多い。女性では殆どと言っていいくらい出逢ったことがない。
男性のほうが肺活量がある筈なのに。

昔付き合っていた男性が、たまたま声の小さい人だった。
静かな部屋の中で会話をする分には何の支障もないのだが、街なかの雑踏を歩きながらも声量をあげないので 聞こえなく、私が「えっっっ!?声が小さくて聞こえないよっっ!!」と軽くキレたら、「声が小さいからっていう理由でキレられたの初めて・・・・・・」と しょんぼりしていた。
ということは、私の様に 声の小さいことにストレスを感じる人間は極めて稀なのだろうか? 皆、イライラしないのだろうか?

声が小さい.jpg先日、友人とバーのカウンターで飲んでいたら、隣に座っていた中年男性に声をかけられ 世間話をする流れとなったのだが、その人がまた 声の小さい人なのだった。
そこはブルースバー、結構な音量でブルースが流れているのである。
彼の言葉の大部分が聞き取るのに一苦労で・・・・というより、聞こえない部分のほうが多く、結果 話の内容がおおかた解からなかった。
そして、ストレスで ぐったり疲れてしまった。
とても謙虚で感じのいい人だったが、もしもまた店で顔を合わせたとしても、もう彼とは話をしたくはない。
ストレスを発散する場に行って 逆にストレスをため込んで帰って来るなんて こりごりだからである。


nice!(244)  コメント(64) 
共通テーマ:映画

ミストとフラッペ [独り言]

毎日 うだるような暑さですね。
こんな日には、アルコールもキンキンに冷えたものをいただきたいですね。

そこでオススメなのが、「ミスト」という飲み方です。
作り方はいたって簡単!
クラッシュドアイスをギシギシに詰めたロックグラスにお好みのスピリッツを注ぎ 軽くステアするだけです。
ステアすると グラスの表面が霧がかかったように結露することから こう命名されました。
バーで注文する時は、単に「バーボンをミストでお願いします」とか 「テキーラ、ミストで!」と スピリッツ名だけを指定しても勿論構わないのですが、拘りの銘柄がある場合は、「マイヤーズをミストにしてください」 「タンカレー、ミストでね!」などと言うと、バーテンダーさんも迷うことなく 「はいっ!かしこまりました」と 快く作ってくださいます。
最初は濃い目の水割りを飲んでいる感じで、それがじょじょに冷たい薄い水割りの味わいに変わり、身体のほてりがすっかり癒えてくれること請け合いです。

又、ベースをリキュールやワインで作る場合は、「フラッペ」と呼びます。
この時 グラスは、カクテルグラスのような足の付いているグラスを使い、細いストローを二本添えます。
目にも美しい女性向きのカクテルとなります。

みなさんも 暑さにぐったりした夕、ミストやフラッペを享しまれてみては如何でしょうか?

ミスト.JPG

nice!(243)  コメント(36) 
共通テーマ:映画

老眼鏡いろいろ [独り言]

私・ぼんぼち、48歳の頃から老眼鏡のお世話になっています。
ということで、今回は、私の愛用している老眼鏡をお披露目したいと思います。


①最初に作った一品。
店名は失念してしまいましたが、渋谷と原宿の間辺りに在るセレクトショップで作っていただきました。
プロデザインデンマークという デンマークの老舗メーカーのものです。
目尻部分の小さな円柱形の飾りはビスになっていて 何色かあり、取り替えて楽しむことができます。
眼鏡1.JPG


②代官山のJ・F・REY直営店のオリジナル商品。
孔雀の羽根をモチーフにデザインされたものだそうです。
私はアンティークの服を着ることが多いので、それに合わせやすいという理由で求めました。
眼鏡2.JPG


③これも店名は記憶していませんが、阿佐ヶ谷の駅ビルの中の個人店で一目惚れしました。
ツルの部分が光沢の消された赤銅色で 主張し過ぎない華奢なデザインなので、あらゆるファッションに対応できます。
眼鏡3.JPG


④レイバン型のフレームに黄色いレンズを入れた いわゆる度付きサングラスです。
吉祥寺の大手チェーン店で、驚くほど安価に作っていただけました。
ちょっと不良っぽくモッズコートに合わせることが多いです。
眼鏡4.JPG


⑤これも②と同じJ・F・REYオリジナル商品。
写真では解かり辛いですが、フレームとツルの表側は鮮やかなブルー 裏側はゴールドです。
ツルのデザインが左右アンシンメトリーなところに 強烈に惹かれました。
眼鏡5.JPG


⑥番外編として、これだけは老眼鏡ではなく、単なるサングラスです。
アバンギャルドなファッションの時にかけたり、ネックレスに引っ掛けてアクセサリーとして使ったりもしています。
吉祥寺の古着屋で、おもちゃのような値段で手に入れました。
眼鏡6.JPG


以上が、今現在ぼんぼちが愛用している品々です。
老眼鏡をお使いのみなさん、みなさんはどんな老眼鏡を使われていますでしょうか?


nice!(260)  コメント(72) 
共通テーマ:映画

不味かったケーキ [独り言]

普段は歩かない街を散策していた時、小腹がすいたのでケーキを食べることにした。
私は甘い物には別段うるさくないので、そこそこの味で小腹が満たされればそれで良いと思い、交差点の角に見つけたレストラン喫茶に入った。

他に客はいなかった。
「あの・・・・・ケーキのメニューはありますか?」
席についた私は、初老のママさんに尋ねた。
「ケーキなら ここの棚に並んでるから選んでね。 うちのケーキは美味しいわよぉ~! 特にね、これが本格的ドイツ風のでオススメよ!」
と、茶色に焼かれたボリゥムのある一品を指すので それを頼むことにした。

運ばれてきた本格的ドイツ風は、三色のカラフルなソースが添えられていた。
一口、口に含む。
・・・・・・・・・・・・・・・・不味いっ!!
今までの生涯でこんなにも不味いケーキに遭遇したのは初めてだった。
中学生が家庭科の授業で作ったケーキより明らかに低レベルの どうやったらこれほど不味く作ることができるのだろう?と首を真横に傾げたくなるほど ねっとりと小麦粉が重く べったりと甘すぎるケーキだった。
ソースをからめて味をごまかして食べようと思い、ソースをちょっと舐めてみる。
一舐めで、手作りではないと解かる 祭りの出店のクレープに塗られるソースのような チープでキッチュな不味さだった。

と、ママさんが近づいてきた。
「うちのケーキ、美味しいでしょ!美味しいでしょ!!すっごく美味しいでしょぉぉぉぉ~~!!!」
大型ブルドーザーが突進してきて大量の土砂をザザザーーー!!っと眼前に落してゆくような 力強い 自信に満ち満ちた勢いで発した。
「はっ?!・・・・・・えっ?!・・・・・・・えぇ・・・・まぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美味しい・・・・・です・・・・はぁ」
私は、しどろもどろに小声で返した。
この様な態度で来られて、「いいえっ!不味かったですっっ!!」と 正直に真実を答えられる日本人がいるだろうか?
おそらく99.99パーセントの人は、私と同じ反応をし、そして心の中で「この店には もぅ二度と来るまい」と誓うのではなかろうか?

「そうなのよねーーー!!みんな美味しいって言うのよねーー!! うちの店のケーキを食べたら他の店のケーキなんて食べる気がしなくなるって みんな言うのよねーーー!!」
ママさんは、フロアじゅうに響き渡るほどの大声で弾むように遠ざかって行った。
終始、客は入って来なかった。
(下の写真が不味かったケーキ、実物)

写真・不味かったケーキ.jpg


nice!(281)  コメント(68) 
共通テーマ:映画

自分の骨の色 [独り言]

骨の色.jpg

もうだいぶ以前、知人から腕を大怪我した時の話を聞いたことがある。
「・・・・・肉の間から骨が見えちゃってよぉ、・・・・・真ーーーっ白なんだよ。 骨って真っ白なんだなーって思ったね。」
骨格標本は、ホコリや汚れによる変色もあってか、象牙色のような色合いだけれど、生きている人間の骨は真っ白なのだな と思った。

それから何年かして----
私は歯科医院で親知らずを抜くことになった。
なかなか抜けなくて 医者は難儀をしていた。
「・・・・あ、顎の骨が欠けた・・・・・」
医者は発すると同時に 銀盆の上に 小指の爪の半分くらいの大きさの欠片をコロリと置いた。
それはまるで バターのような黄色っぽい色をしていた。
私は、知人の「骨って真っ白いんだなー」という言葉を思い出し、骨の色というのも肌の色同様に 人それぞれ違うものなのだと解した。

腕大怪我の知人にしろ私にしろ、自分の骨を見る機会というものは、そうそうあるものではないだろう。
「顎の骨が欠けた」の言葉と共に 自分の骨を目の当たりにした瞬間は、正直 ギョッとしたが、今思い返すと、類い稀な貴重な体験だったと プラスに考えている。

みなさんは、ご自分の骨を見たことはおありだろうか?
おありだとしたら、どんな色だっただろうか?

骨の色.jpg

nice!(236)  コメント(51) 
共通テーマ:映画

ザーサイの正体 [独り言]

みなさん、中華料理でお馴染みの「ザーサイ」、ほど良い辛味と歯ごたえが心地良く、ツマミにも白飯のおかずにも最適の漬物でやすが、あれ、原材料は何か ご存じでやしたか?

あっしは生姜だと信じ込んでおりやした。 56年間、何の疑いも抱かずに。
大久保などの中華専門の食材店で スライスされていない塊の状態のを目にしても、「なるほど、やっぱり生姜だ」と納得しておりやした。

しかーーーし!!
あれ、生姜じゃなかったんでやすね。
辛子菜の変種の青菜頭(チンサイトウ)という野菜の 茎の元のほうの部分だったのでやすね。
先日 友人と、ザーサイを肴に飲んでいた時に そういった話題になり、「生姜じゃない筈だよー」とスマホで調べてくれ、真実が眼前に提示された折りには、目からウロコ1000枚落ちでやした。
今思い返すと、生姜だと信じる裏付けとなる明確な根拠があったわけではありやせん。
漠然と、ただ漠然と強固に思い込んでいたのでやす。

そういえば知人に、「シラスはウナギの稚魚だ!」と言い張ってた者がおり 笑ってしまったことがありやすが、あっしも人のことは笑えないなぁと反省しやした。
みなさんも何か、長年 何の疑いもなく信じ込んでいた間違いってありやすか?

ザーサイ.JPG

nice!(227)  コメント(54) 
共通テーマ:映画

手羽先とマッシュルームの白ワイン煮 [独り言]

今日は、拍子抜けするくらいあっけなく あっという間に出来あがるにも関わらず 十二分に美味しい フランスの家庭料理のレシピを紹介したいと思います。
「手羽先とマッシュルームの白ワイン煮」

先ず、鍋にバターを入れ、手羽先と縦半分に割ったマッシュルームを 軽く炒めます。
次に、白ワインと水を入れ、煮ます。
手羽先に火が通ったら、塩で味付けし、レモン汁をぎゅっと絞ります。
これで出来あがりです!
お好みで、器に盛ってから、胡椒をひいたり パセリのみじん切りを散らしても良いでしょう。
又、バターはオリーブオイルに代えても バランス良く仕上がると思います。
フランス料理というと、我々は一般的に、バターたっぷりこってりで ソース作りに時間をかけて 形式ばって食べるもの というイメージを持っていますが、現実に家庭では、このように手のかからない 気どりのないものを食しているようですね。

私がこの料理を知ったのは、中学生時代に愛読していた「サンイデー」という 服や小物や料理の作り方を美しい写真と共に紹介する フランスの雑誌の日本語訳版でした。
材料も簡単に揃えられ 中学生の私でも作れそうだったし、何よりも どんな味なのか興味があったので、迷わず挑戦してみました。
当時は未成年だったので 牛乳を飲みながら頂きましたが、やはり飲み物は、白ワインがダントツに相性が良いと思います。

手羽先とマッシュルームの白ワイン煮.JPG


nice!(259)  コメント(48) 
共通テーマ:映画

私は何故、顔写真をブログに公開するか [独り言]

ぼんぼち写真.JPG

2015年11月、そして先日の6月3日と、私は自分の顔写真をブログに公開してきました。
今日は、何故 私がブログに自分の顔写真を公開するのかを お話ししたいと思います。

以前にも記事に書きましたが、私は10代20代の頃、顔だけがぶっくぶくに太っていて おまけに隙間がないくらいに真っ赤にニキビができていました。
そのために、学友や通りすがりの人に からかわれたり気持ち悪がられたりする毎日でした。
「ぼんぼちちゃーん、こっち向いて!」と背後から声を掛けられたので振り向くと、「うっうわぁ~、あまりにもブーーーッとしてるんでびっくりしたぁ!」と わざとらしく驚いたふりをされ大爆笑されたり、「顔だけ見ると80キロくらいありそうだねー、おすもうさんみたいだね、ぷぷぷぷーーっ」と 吹き出されたり、通りすがりの人に、「うわっ!気持ちワリィ~、うつるんじゃねぇか~」と 汚いものから避難するようなポーズをとられたりしてきました。
そんな日々が辛くて辛くて、野菜の大量摂取や ニキビに良いと謳われている化粧品の使用や 過酷なダイエットなど ありとあらゆる努力をしましたが、状態は二つとも 少しも改善されませんでした。
私は世間から ゴミのように扱われていました。

そして、皮肉なことに 全ての努力をあきらめて何年かした40代初めの頃から、顔は身体につり合った小ささになり ブルドックのように顎先まであったほうれい線もなくなり 肌はスベスベのツルツルになりました。
周囲の人で私をからかったり気持ち悪がったりする人は一人もいなくなり、どころかチヤホヤされるようになりました。
街を歩いていると カメラを手にした人に、「写真 撮らせてもらってもいいですか?」と 声を掛けられたりするようにもなりました。
10代20代の頃と40歳以降では、「ここは同じ国か?!」と疑いたくなるほど 世間の私への扱いが豹変しました。
ぼんぼち写真.JPG

人様に顔を誉められるようになったことは 正直言って嬉しいです。 何よりも嬉しいです。
けれど----
同時に、10代20代の頃の私は何て不幸だったのだろう!と その不幸せ度というものが 当時 自分で感じていたものよりも 遥かに深いものであったと、現在の状況を体験し 比較して、初めて気付かされたのです。
あんなにも、酷い みじめな 最悪な 思春期青春期を送った人間なんて稀だったのだ----と。
ぶくぶくブツブツの顔を鏡に映して泣いている夢や 同級生にからかわれてジッとうつむいて唇を噛んでいる夢を観て うなされるようになりました。
もしも同窓生に会ったら、「ねえっ! アタシのことをおすもうさんってからかって笑ってた時、私がどういう気持ちになると思って言ってたのっっっっ!!」と 襟首を掴んでガクガク揺さぶってやりたい衝動にかられるようになりました。
私の中で あの頃の忌わしい負の思い出が どんどん巨大化してぐるぐるとぐろを巻いて 私をしめつけるようになりました。

だから----
現在の写真をブログに載せ 自分でその写真を客観的に確認することで、「これが今の私なのだ。 もう ぶくぶくでもブツブツでもない。 あれは過ぎ去った過去なんだ。 過去にとらわれて苦しむなんて馬鹿馬鹿しいだけだ」と 自分に言い聞かせ 精神的に健康になりたいのです。

ぼんぼち写真.JPG

nice!(297)  コメント(70) 
共通テーマ:映画