So-net無料ブログ作成

ムッシュかまやつさんとF-BLOODのファンのリアクションの違い [音楽雑記]

尚之.JPG

私は、故・ムッシュかまやつさんの音楽の大ファンで、数回ライヴに出向いたことがある。
うち、かまやつさんが60才くらいの頃の、江古田マーキーのライヴでのことだった。

かまやつさんがかつてCMで歌われていた曲を歌う というコーナーで、MC時、かまやつさんはニコニコしながらこう仰った。
「次の曲は、某男性用整髪料のÇMの曲で、、、あの整髪料をつけるとボクみたいに髪がフサフサになる」
「、、、、、、、、、、、、、、」
私は、どういうリアクションを求められているのか判らず、とっさの判断をしかねて凍りついてしまった。
私以外の観客も、私と全く同じ気持ちだったようで、会場全体は水を打った様にシンと静まり返り、観客全員が凍りついていた。
私はかつて、あんなに完全に無音の状態になったライヴハウス会場というものを、後にも先にも体験したことはない。
が、数秒後ーーー
かまやつさんは、会場の温度などまるで感じていない様子でニコニコを続けながら、アコギをメジャーコードでジャカジャカ鳴らし
「♪みっだっれ〜たらっ みっだっれ〜たらっ みっだっれ〜たらっ あっあぁみだれたら〜〜、、、」
と ゴギゲンに歌いはじめられた。

かまやつさんの髪の毛がウイッグだったということは、ファンなら知らぬ者はいない周知の事実で、かまやつさんご自身もインタビューで「これ、ウイッグですよ」と答えておられたこともあったというし、マチャアキに笑い話にされたこともあった様だ。
そのライヴの日の4日前に「笑っていいとも!」の電話のコーナーに出演されていたが、ライヴの日の髪の毛は4日前より20センチは長かった。
だから、あのMÇは、かまやつさんご本人としては、明るく笑い飛ばしてほしかったのだろうな、、、と 後日 気がついた。

フミヤ.JPG
一方ーーー
私は、小柄で華奢な体型でネズミさんみたいなお顔立ちの男性が好みのルックスなので、そこにピタリと当てはまる 若かった頃の藤井フミヤさんのルックスが大好きである。
ファンというわけではないが、若かった頃のフミヤさん観たさに、しょっちゅうyoutubeを覗いている。

と、つい最近ーーー
F-BLOODがkinki kidsの番組にゲスト出演している動画が出てきた。
観ていると、トークの時間に「昔は、兄・フミヤさんの服を弟・尚之さんがよく着ていた」という話になった。
するうち尚之さんは「でも、いつの間にか着れなくなっちゃって」と 仰った。
ーーーフミヤさんは身長160ちょっとと小さく、尚之さんは170ちょっとと平均的身長なので、自分が大きくなったためにお兄さんの服は小さくて着られなくなってしまった という意味である。
と、その瞬間、スタジオの観客一同が、キュー出しされた様に揃って「どわわわーーーっ!」と 大爆笑した。
司会進行役のkinkiの片方の人が「えっ?、、、あっ! あ〜〜あ」(何で笑ってるの?、、、あっ!なるほど、そういう意味で笑ってるのね!)という表情と動きをしたら、輪をかけて「どわわわわーーーーつ!!!」と より一層の大爆笑となった。
フミヤさんは、最初の大爆笑も kinkiの片方の人の表情・動きも 輪をかけた大爆笑も 何もなかったかの如きすましたお顔でスルーされていて、笑いがひとしきり収まったタイミングで「ど れ に し よ う か なーって、俺の服、勝手に着て行くんですよー」と ご自身の服を尚之さんがまだ着ることが出来た時代の話に戻された。

フミヤさんが小さいことは一目瞭然だし、チェッカーズ時代、とんねるずとのコントで 小さいことをやたらイジられたり 台詞でも自ら「小さいけど○○です」と言わされたりしていたが、あのトークでの尚之さんの言い方は、明らかに 笑いを取る目的の言い方ではなかったと思う。

私は別に、かまやつさんのファンが私を含めて狙いを読めないと反省しているわけでもないし、F-BLOODのファンが気遣いに欠けていると責めているわけでもない。
ーーーファンというのはどうしてこうも、それぞれのミュージシャンによってリアクションが激しく違い 何の打ち合わせもしていないのにピタリと揃うのだろう?と 不思議に感じずにおれないのである。

かまやつ.JPG


nice!(232)  コメント(39) 
共通テーマ:映画

nice! 232

コメント 39

hirometai

ぼんぼちぼちぼち様
おはようございます
かまやつさん、好きでした。(^^♪
何とも言えない親しみを感じた方でした。
by hirometai (2019-07-18 08:45) 

ヤマカゼ

夢中になれる音楽があるって、いいですね。藤井フミヤさんのオリオン、自分の好きな曲です。
by ヤマカゼ (2019-07-18 08:54) 

風太郎

一時期、落語に凝っていたことがり、国立劇場、鈴本、末広亭、木馬亭などに通いました。
同じネタでも演ずる人により、笑いをとる間、演技の表情が違い、近くの赤提灯でそれらについて話が盛り上がることがあります。
芸術は安らぎと夢を与えます。

先日いただいた、コメントが消えてしまいました。ごめんなさい。
by 風太郎 (2019-07-18 09:56) 

Boss365

こんにちは。
ファンになると個々の思いが勝手に拡張される事あります。
思い込み?みたいなものがリアクションに表れますね。
熱狂的なファンは客観的に見られない事多々ありです!?(=^・ェ・^=)
by Boss365 (2019-07-18 12:09) 

Rchoose19

かまやつさんのは、スポンサーが聞いてたら拙い感じのコメントですね♪
「私は菜食主義です」って言っただけで、
某焼肉のたれのCMをおろされちゃった女優さんもいますものね^^;
私は誰の熱狂的なファンだったかなぁと・・・・・・
のめり込める人がいなかったような感じがしますわぁ~~~。
これからでも遅くなさそうだし誰かのファンになってみようかなぁ♪

by Rchoose19 (2019-07-18 12:58) 

okko

こんな婆ちゃんでも、知ってますよ。鬘の話はしらないけど。
「笑っていいとも」お昼どき、楽しみにみていました。
最近・・・というか、もう熱中できる年でもないし・・マイケルで終わりを告げました。
by okko (2019-07-18 15:57) 

newton

江古田にかまやつさんが来たこと自体が驚きです(笑)。

by newton (2019-07-18 15:58) 

Take-Zee

こんにちは!
かまやつ氏がスパイダースにいたことに
ずっと違和感を感じていました。

by Take-Zee (2019-07-18 16:18) 

ゆうみ

ムッシュのジョーク フリーズしちゃいましたね。
我が良き友よが好きでした。
ブラックジョーク 受け止め方難しい時あるよね。
by ゆうみ (2019-07-18 16:30) 

sana

あはは、当時の番組などでのお決まりのパターンみたいのがあったんでしょうね。
ウィッグを使っていると言ったことがあっても、ハゲとは限らないわけで‥そのへんには触れてはいけない?空気があった時期かも‥?
フミヤさんが身長のことでいじられていたって記憶に無いけど、それが繰り返された定番なら、ファンは知っているからこれは笑うところ!と皆思ったのかもね~。テレビに出るタレントとしては洗礼みたいなもの?
アーチストにそんなお笑い必要ないと思うけど^^;
by sana (2019-07-18 16:39) 

英ちゃん

フミヤさんは身長160ちょっとなんだ(゚□゚)私よりも小さいw
by 英ちゃん (2019-07-18 17:12) 

なかちゃん

かまやつさんの髪に関しては、確証はなかったけれどファンでなくても判りますよ ^^;
ちなみに毎年必ず一度だけ一緒に呑みに行く先輩の最後の歌は『我が良き友よ』です。いつも肩を組んで歌うんですよ(^^;

by なかちゃん (2019-07-18 17:51) 

美美

かまやつさんはやはりスパイダースのときのイメージが残っています.
やけに髪がチリチリしている人だなあって(^^;
フミヤさんはどうしてもチェッカーズのデビュー当時の服装が印象的でした。チェック柄好きでした(^^
by 美美 (2019-07-18 19:16) 

kick_drive

こんばんは。ムッシュかまやつさんのライブでの出来事は
ウケると思って言ったら滑っちゃったんでしょうね。
何事もなかったかのように歌いだされたら確かに困っちゃいますね。

by kick_drive (2019-07-18 20:01) 

johncomeback

ムッシュかまやつさん のゆる~い感じが大好きでした。
もう何年もライブ・コンサートに行ってないなぁ(-_-)ウーム
by johncomeback (2019-07-18 20:17) 

ニッキー

かまやつさんの独特の世界好きでした=(^.^)=
ライブは行ったことがありませんが、
一瞬で無音になるって想像するのも難しいです(⌒-⌒; )
by ニッキー (2019-07-18 20:43) 

yes_hama

「我が良き友よ」はカラオケでよく(というでもないけど)歌ってました。^^;
アーティストと同じ空間にいるファンは、気持ちも一体化するのでしょうか、むむむ。^^;
by yes_hama (2019-07-18 20:56) 

八犬伝

好きな者同士は、黙っていても
通じるのでしょうね。
by 八犬伝 (2019-07-18 21:45) 

ゆうのすけ

私はGSの時代は生まれてましたが記憶がないので
かまやつひろしさんは「我が良き友よ」のイメージが一番強いですね。
アルバムのジャケットがすごく印象的で 電柱で・・・。^^;
by ゆうのすけ (2019-07-18 22:33) 

風来鶏

我が家も、弟の方が中学生の頃から大きくなってしまったので、その後、弟の"おあがり"を着る羽目に陥りました(^^;;
注)おあがり
さだまさしさんの造語で、この兄弟も弟さんの方が大きくなってしまったため、兄から弟へが"おさがり"なら、弟から兄へは"おあがり"だと仰っていました!!
さだまさしさんの弟の繁理さんは、台湾のプロサッカーリーグでプレイした経験のある、日本人初のプロサッカー選手だということです^^
by 風来鶏 (2019-07-18 22:43) 

sig

かまやつさんが活躍していた時期は知っていますが、当時は仕事仕事で歌どころではなかったんですよね。歌に限らずアングラ芝居も興味を持ちながら現場は踏んでおりません。六本木にオフィスがあって、一度、寺山修司さんと目が合いました。かっこよかったです。
by sig (2019-07-18 23:27) 

sakamono

かまやつさんのあの髪は、すっかりオープンなことだと
思っていました^^;。
by sakamono (2019-07-18 23:34) 

kiki

ムッシュかまやつさん、
ウイッグだったのですね(笑)
似合ってましたよね。
by kiki (2019-07-18 23:55) 

藤並 香衣

ファンの中の暗黙の了解というか
アーティストとファンだけがわかる
お約束みたいなものもありますね
ムッシュかまやつさん、ウイッグだと知りませんでした(^^;)
by 藤並 香衣 (2019-07-19 00:19) 

ackylacky

自虐ネタは笑っていいのか迷う時がありますよね。
いじられ役の芸人さんなら平気なのだろうけれど、歌手の人だと判りにくいように思います。
あと、ファンの年代層にも関係があるのでしょう。私なども若い人が笑っていても、それでいいものだろうか思う時があります。


by ackylacky (2019-07-19 07:18) 

hana2019

故・ムッシュかまやつは、森山良子さんと従妹同士でしたね♪
by hana2019 (2019-07-19 09:46) 

ぼんぼちぼちぼち

みなさん

かまやつさんというと「我が良き友よ」の印象が強いかたが多いようでやすね。
あの楽曲、作ったのは拓郎さんで、かまやつさんは押し付けがましくない歌い方をされていて、したがって聴く人それぞれの中に世界観が広がりやしたね。
昭和の流行歌を代表する名曲のひとつでやしたね。

あっしは個人的には、スパイダース時代のかまやつさんが一番好きなんでやす。
リアルタイムでは知らない年齢だったのであと追いのファンでやしたが。
それまで純粋に音楽そのものが好きになれるミュージシャンっていなかったのでやすが、18才くらいの時に聴いたスパイダースで、初めて好きな音楽に出逢えやした。

かまやつさんがスパイダースにいたことに違和感を覚えていらしたかたもおられたとは、驚きでやす。
スパイダースは、リーダーこそ田辺昭二さんでしたが、スパイダースらしい楽曲はみなかまやつさんの作曲でやすよ。「バンバンバン」とか「フリフリ」とか。
最もスパイダースらしくない「夕陽が泣いている」は、作曲家の先生によるものでやす。

あっしがかまやつさんのお仕事でダントツに好きなのは、元はジョンリーフッカーのブルースバージョンの「ブーンブーン」をアニマルズがロックバージョンでカバーしてるんでやすが、それをまたスパイダースがカバーしてる作品でやす。
あっしはアニマルズも好きでやすが、贔屓目抜きに「ブーンブーン」は、スパイダースバージョンのほうがいいと思いやす。

かまやつさん、いとこの森山良子さんと、とても仲が良かったようでやすね。
ちなみに息子さんの直太朗さんは、かなり大きくなるまで、親戚のおじちゃんのかまやつさんと テレビで歌われてるムッシュかまやつさんが同一人物だと気がつかれなかったそうでやす。
かまやつさん、お家の中では、ウイッグつけておられなかったようでやすね。

フミヤさんが小さいことのイジりは、「とんねるずのみなさんのおかげです」という番組で、チェッカーズ登場時に毎回と言っていいくらい使われてやした。
とんねるずは二人ともが大きかったから、そのイジりは解りやすく成立して、作家も台本に書きやすかったのでやしょう。

だから、その番組に出演されなくなって久しくなっても、ファンの間では、フミヤさんが小さいという話題になったら笑う という刷り込みが根強くなされていたのかも知れやせん。

フミヤさんについて、音楽的な嗜好を述べさせていただくとーーー
あっしは60S以前の音楽が好きなので、アマチュア時代のチェッカーズの音、あるいは、初期の頃、アルバムの中で50S調の楽曲をやっていたり ライヴやテレビで50S60Sのカバーをやっているのは大好きでやす。
そういう曲ばかりやられてたらファンになっていたのになあ、、、と。
あ!86年くらい?のライヴで、スパイダースの「バンバンバン」をメンバー紹介を入れこ式にしてやられてたのは嬉しかったなあ!
その後、続けてタイガースの「シーサイドバウンド」も!
わあ!日本の60Sもカバーしてくれるんだ〜って。

ミュージシャンのジョークというのは、えてして寒くて分かり辛いことが多いでやすよね。
それは何故かというと、ファンは、音楽に関しては「今回の新曲はちょっとよくないね」とか「ライヴのセトリは○○だったねー」とか、厳しい。
だけど、MÇとなると、全面的に肯定してあげたい!って気持ちが強いんでやすよね。
だからミュージシャンもそのジョークで受けるから面白いんだと思ってしまうし磨かれない。
もちろん、ミュージシャンは音楽が本業だから、ジョークは上手くなる必然はないんでやすけどね。
かまやつさんライヴでの会場フリーズも、観客全員が「かまやつさんの狙いを解って差し上げなくては!」と脳ミソフル回転させた結果 ああなってしまったのでやすよ。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-07-19 13:51) 

たじまーる

チェッカーズ時代の藤井フミヤさん大好きでした♪
実際の身長は小さいですが存在感はとても大きかったですね(^ー^)
by たじまーる (2019-07-19 18:28) 

リンさん

かまやつさんは、ウケ狙いで言ったのでしょうね。
逆に尚之さんはそういう意図はなかったのかも。
面白いものですね。
ちなみに私は、kinki kidsの大ファンです。

by リンさん (2019-07-19 18:53) 

拳客の奥様

ククク笑ミュージシャンのMCは、微妙な空気になる事ありますね。
かまやつひろしさんの歌で、(ゴロワーズを吸ったことがあるかい)
好きでした~~♪勿論トボけた顔してババン~バンもです♪♪

by 拳客の奥様 (2019-07-19 19:56) 

starwars2015

かまやつさんよりはフミヤさんの方が好きだなぁ。
でも、フミヤさんも度の強いメガネをかけて、だいぶ年相応になりましたよね。
by starwars2015 (2019-07-19 22:52) 

ゆるキャラ

スパイダース時代の曲はどれもイイですよね~!
カラオケで歌いまくってました(^^)
しかし私はどうしても今井美樹に提供した
"Tea For Two"がお気に入りで、ムッシュやっちまったなと
思わず言いたくなってしまいますが決して変な意味でなく
素直にムッシュもボサノヴァが好きで影響されたんだなと
思いボサノヴァ好きとしては親近感が増すのでした(^^)
”ESTE SEU OLHAR”(まなざし)という曲のオマージュです!

by ゆるキャラ (2019-07-20 00:55) 

ぼんぼちぼちぼち

みなさん

かまやつさんは時代時代で様々なジャンルの音楽をやられていやしたね。
最初はお父様の影響でオールドジャズから入ったそうでやすが、すぐに当時 若者に大人気だったカントリー&ウエスタンに夢中になられたそうでやす。だから、彼は、ヨーデル唱法が上手かったんでやすよね。
その後、日本でロックを最初に始めた一人となり GS時代はアニマルズの前座をやられたり。
あ、これはどれくらい一般的に知られてる話かどうか解りやせんが、ビートルズの前座にもオファーがきたけれど断られたそうでやす。
理由は、まず、ビートルズを客席から鑑賞したいということ、それから前座はみな、音量をビートルズと差別されて小さくされてしまうから だったそうでやす。
スパイダースらしい英断でやすね。
その後は、フォークをやられて拓郎さんと組んだりされ、晩年はエレクトリックブルースをやられてやした。

あっしが最期にかまやつさんのステージを拝見したのは、亡くなる2年くらい前で、高円寺のJIROKICHIというブルース専門のライヴハウスでやした。
その時、客が小さい椅子にぎっちぎちに座ってたら、「失礼しまーーす!」と後ろから声を飛ばしながらステージへと進んでゆく礼儀正しい人がいるなあと思ってたら、あっしの脇をすり抜けていった後ろ姿を見たらかまやつさんでやした。
それまでも、穏やかな性格のかただなあとは感じてやしたが、あれほど大御所でありながらも謙虚で礼儀正しいかたであったことを目の当たりして、大感激してしまいやした。

「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」かっちょいい作品でやすよね〜
前向きでお洒落なかまやつさんの拘りが前面に押し出された楽曲だと思いやす。
そしてこの曲は、後年アシッドジャズのミュージシャンによってカバーされやしたね。
かまやつさんご自身も共演されていたようでやす。

今井美樹と歌ってた曲は、確かにボサノバでやしたね。
新しいものに次々と興味が向いて挑戦なさる 閉鎖性のないかただったようでやすね。

フミヤさんは、アマチュア時代のキャリアもあり、とても歌唱力のあるかたでやすね。
声の出し方も初期の頃は個性的で印象的でやしたね。
で、これは極めてあっしの個人的な感情なのでやすが、
なんでオールディーズのカバーアルバムを出してくれなかったんだろう!1枚くらいは出してくれていて良かったのに!出されていたら絶対買うのに!って思ってやす。
youtubeを次から次へと観ていると、テレビやライヴでオールディーズやられてるのが時々出て来るんでやすよね。
それがどれも、すごくクオリティが高くて素晴らしいんでやす!
アイドルと呼ばれる時期を過ぎたら再び50S60Sバンドに戻られるのかな?と期待してたら、新しい時代の音楽やるバンドになってしまって、個人的主観としては、とても残念でやす。
あ!でも、記事にしたkinkiの番組では、クールスの「シンデレラ」を歌われてて最高に嬉しかったなあ〜

by ぼんぼちぼちぼち (2019-07-20 10:29) 

ぱだおくん

かまやつさん江古田でライブしてたんですね。
びっくり(+o+)
ぽんぼちぼちぼちさんも同じ世代なのかな?

by ぱだおくん (2019-07-20 10:56) 

センニン

こんばんは。
今は昔、ですね。
by センニン (2019-07-20 21:57) 

ぼんぼちぼちぼち

ぱだおくんさん

あっしは、37年の寅なので、ちょうどフミヤさんと同じ年の生まれでやす。
かまやつさんは、60才くらいの時、しばしば江古田マーキーでライヴやられてやした。
うち、あっしはマーキーには4回観に行きやした。
確か、サボートの人が一人ついただけのアコースティックライヴで、その時のかまやつさんのご気分で「どんな曲やろうか〜」って、ゆる〜い雰囲気でやした。
老眼鏡をかけてたくさん持参された譜面の中から演奏する譜面を選ぶ 飾り気のないかまやつさんのご様子が印象的でやした。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-07-21 11:37) 

ぼんぼちぼちぼち

センニンさん

そうでやすね。
かまやつさんが亡くなってから、早くも2年以上が経ってしまいやした。
今でも、最期に観たライヴはよく憶えてやす。
最前列に陣取れて、何度もかまやつさんと目が合って嬉しかったでやす!

フミヤさんについてはーーー
チェッカーズの全盛期って、あっしはちょうど画家の仕事が寝る前もなく忙しかったので、ゆっくり歌番観るヒマとかなくて、リビングを通り過ぎる時に流れてるテレビをチラッと観て「素敵な男性がいるなあ」と思ってやした。
で、youtubeで昔の番組がじゃんじゃん観られる今になって、当時観たくても観られなかったチェッカーズ出演番組を観まくってるわけでやす。幸せ!
ベストテンに同時に三曲とか、超絶に売れてたんでやすね。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-07-21 11:52) 

そらへい

この手のジョークを言うと、相手が固まってしまうことありますね。
で、笑ってごまかしたら、やっと相手も固まりをほぐしてくれます。
by そらへい (2019-07-21 21:28) 

ぼんぼちぼちぼち

そらへいさん

そうでやすよね。
かまやつさんのジョークはたいてい寒かったんでやすが、
例えば、順ちゃんの声に細かいビブラートがかかってることのイジりだったりすると、観客は面白くなくても、ここ笑うとこだなって判断しやすいから、ほろほろほろ〜って笑って差し上げられたんでやすよ。
だけど、ご自身のウイッグに関してのジョークだと、それがジョークであると確信が持てなくて、戸惑ってしまうんでやすよね。
会場の温度、マイナス40度くらいになりやしたよ。
でも、かまやつさんは、ほんとに穏やかなお人柄でニコニコされたままで救われやした。
気難しいミュージシャンだったら、「なんで笑わないんだ?」って不機嫌になりやすからね。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-07-22 13:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。