So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ぼんぼち好きな小説十選 [独り言]

小説1.JPG

○「早く昔になればいい」   久世光彦
 
 世間的にはテレビプロデューサーの仕事がよく知られていた久世氏ですが、優れた小説も幾多遺しています。
 思春期に出逢った美しい狂女しーちゃんとの甘く切ない記憶を再構築した 色彩美溢れる達作。


○「家畜人ヤプー」   沼正三

 SFの世界を舞台に究極のSMが怒涛の如く展開される大長編。
 一見、奇をてらっただけの変態小説のように思われますが、核にあるものは奥深く、哲学以外の何ものでもありません。


○「片腕」   川端康成

 ある夜、女が片腕を貸してくれ、主人公が片腕となまめかしい一夜を共にする 抽象小説。
 肩や指の細かな描写は、流石川端氏。
 私は川端作品では、この作品が最も高評されるべきだと思っています。


○「眠れる美女」   川端康成

 薬で眠らされている生娘と添い寝をさせてくれる秘密の館へ通う老人の内に、若かった頃の女との対話が去来します。
 実は三島由紀夫氏が川端の名で書いたのではないかとの噂のある 晩年に発表された異色作。
 私も他の川端作品と読み比べ、三島説を信じている一人です。


○「痴人の愛」   谷崎潤一郎

 これぞ谷崎氏の真骨頂と言える 谷崎氏のマゾヒストぶりがこれでもかと押し出された長編作品。
 肉体美溢れる淫らなナオミとのSM関係が、どぎつく下品な色彩とともに迫りきます。


○「人間そっくり」   安部公房

 私は安部作品では、ダントツ一番に、この作品を評価します。
 ある日、ラジオドラマ作家のもとに「自分は火星人だ」と名乗る 一見何の変哲もない男がやって来て、「火星人でないと思うのなら その証明をしてみろ」と、数学の証明問題さながらに理詰めで迫り、ラジオドラマ作家は証明しきれずに精神に異常をきたすというシノプシス。
 理論的な安部氏らしく、登場人物二人の理論争が、ぐるぐるねっとりと見事に描かれています。


○「変身」   カフカ

 お馴染みカフカの代表作。
 ある朝、突然 甲虫に姿が変わってしまった真面目な男が、家族からうとまれ孤独に死んでゆくまでを描いた 世界的名作。
 一見 荒唐無稽の作品のように思われますが、姿が変わり果て家族を養えなくなった者誰もが遭遇する可能性のある リアリズムなテーマです。


○「エロ事師たち」   野坂昭如

 野坂氏の代表作の一つ。
 エロに関する裏稼業なら何でも引き受ける男の生き様が、野坂氏特有のおかしさと哀しさ溢れる文体で以って 次から次へと綴られています。
一気呵成に読み了える事必至の、猥褻であり芸術でもある大傑作。


○「赤目四十八瀧心中未遂」   車谷長吉

 朝鮮人美女アヤちゃんの魅力にとりつかれ、追い詰められたアヤちゃんとの心中を夢想するも果たさずに了る車谷氏の私小説。
 四十八瀧に向かう電車の中での「私の心の内の描写」は圧巻です。
 車谷氏はこの作品で直木賞を受賞し、氏の代表作となりました。
 私もこの作品が、氏の中で最も優れていると思います。


○「蝿」   横光利一

 この作品と出逢った時の衝撃は忘れられません。 小説をここまでシナリオめいて書くことが許されるのか!と。
 様々な事情を抱えた客を乗せた馬車が、まんじゅうで腹いっぱいになった馭者の居眠りによって 谷底へ転落し、馬にとまっていた一匹の蝿だけが助かる というシノプシス。
 まんじゅうは女性器(性欲)の暗喩であると 解釈しています。

小説.JPG

nice!(295)  コメント(58) 
共通テーマ:映画

nice! 295

コメント 58

moz

じぶんの好きな小説ベスト10を考えてみるのも面白そうですね。
今度自分もやってみます。 ^^
ぼんぼちぼちぼちさんのベスト10では、カフカだけ読んだことがあります。川端康成なんかも代表作しか読んだことないな ^^;
久世さんのも興味津々。今度読んでみますね。
by moz (2018-03-23 06:46) 

green_blue_sky

ベスト10を選ぶと推理小説が入りそう(^_^;)
平家物語と徳川家康は入ります。
by green_blue_sky (2018-03-23 07:54) 

sadafusa

よかった~、お読みなった半分以上は読んでおりました。なかなか一筋縄ではいかない重層的で美的なものがお好きですね。久世さんは「陛下」といくつか読んだことがあります。自分的に一番好きなのは三島由紀夫の『金閣寺』かもしれません。これは美の受難を書いたような気がしています。
by sadafusa (2018-03-23 11:37) 

ようこくん

「変身」は高校で習い、最初の一文がとても衝撃的だったのですが、そういうことだったんですね!?とぼんぼちさんのコメントを読んで今初めて気づきました(恥)

by ようこくん (2018-03-23 12:30) 

ニケ

川端康成の『片腕』、先日ツタヤで『At the terrace』を借りて観て、その中のネタで出てきたので、読んでみたくて 只今 調達中です。^^
by ニケ (2018-03-23 13:08) 

johncomeback

拙ブログへのコメントありがとうございます。
干し芋ですが中国産は国産の半額以下ですが、買う気になれません。

「変身」や「蝿」 は中学生の頃に読んで分かった気になっていましたが、
今思うと全く理解できていませんでした。今読んでも理解できないかも。
by johncomeback (2018-03-23 15:43) 

mimimomo

こんにちは^^
この中で読んだのはカフカの「変身」だけ。谷崎純一郎の「痴人の愛」は読み始めたけれど、とてもこう言う女と男が我慢ならず、読むのを止めた作品。(もう20年以上前の話)
今年読んだ本で印象的で好きだったのが、原田マハさんの「たゆたえども沈まず」
昔からの本で、選べるほど記憶に残っている本ってないですね~
ヘルマンヘッセの「ナルシスとゴルトムント」くらいかしら。
これならもう一度読んでみても良いわ^^
by mimimomo (2018-03-23 16:04) 

yakko

こんばんは。
私は本を読まないので恥ずかしいです。
新聞小説は読んでいるんですが・・・m(._.)m
by yakko (2018-03-23 18:55) 

足立sunny

このなかの4冊(痴人の愛、変身、家畜人ヤプー、エロ事師たち)は途中で投げ出しました。あとはたぶん読んでいません。
1番好きな小説は、すごく平凡ですけれど、PADDINGTON(熊のパディントン)。その次がLittle Grey Rabbit シリーズ。ほほっ。



by 足立sunny (2018-03-23 19:20) 

JUNKO

2作品だけ読んでいません。今年は白内障の手術をして少し読書をしようとい持っています。
by JUNKO (2018-03-23 20:41) 

横 濱男

読んだことが無いです。
遠藤 周作と新田次郎の本を読んでました。
by 横 濱男 (2018-03-23 21:06) 

starwars2015

書名は知っていても、一度も読んだことのない作品ばかりでした。
どの作品も重く、読むのがしんどそうです。

by starwars2015 (2018-03-23 23:09) 

うりくま

片腕、眠れる美女、痴人の愛、変身、エロ事師たち、蠅、
読んだのは30年以上前ですが、いずれも衝撃的でした。
赤目四十八滝は歩いたことがあったので買ってはある、
ヤプーと久世さんのは未読ですが、ぼんぼちさんお薦め
作品であれば、読んでみたくなります。
しかし内容もすぐ忘れてしまう私と違って作品のどこが
どう好きかを簡潔に説明できるぼんぼちさんは賢い!
映画の好みとも共通するものがあるように感じました。



by うりくま (2018-03-23 23:11) 

きよたん

シュールで甘美な作品が多いですね
エロ事師たち 高校の頃に読みました。
野坂昭如好きな作家です
久世光彦のセンスも好きなので読んでみたいし
川端康成の片腕 興味あるので読みたいです。
by きよたん (2018-03-23 23:35) 

ゆりあ

作家名は知っていても、結構作品数があるから読んでない小説があるんだな~って思いました。
自分で10作品選ぶとしたら、好きな作家さんだけの作品が並んじゃうんだろうなって思いました^^;
by ゆりあ (2018-03-23 23:37) 

sana

好きな小説十選!
おお~さすがのセレクト!
読んでないのが2冊、読んだかどうかわからないのが川端の2作。‥覚えてないんだから読んでないのと同じ?
何十年も前に読んだきりだから‥でも自分のベストテン内だったら覚えてますよね。自分だったら~
え、選べないっ‥ジャンル別に10作ずつとか‥そ、それも大変ですね^^;
覚えがないの、探して読んでみます^^
by sana (2018-03-24 00:47) 

ぼんぼちぼちぼち

moz さん

どれも心を大きく動かされた作品で順位をつけることができなかったので 「ベスト10」ではなく「十選」にしやした。
なので掲載順と好きな度合いは一致してやせん。

「早く昔になればいい」。久世さんの文体は魅力を放ちつつもとても読みやすいので 長編ですが、あっという間に読めてしまいやすよ(◎o◎)b


by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 09:59) 

ぼんぼちぼちぼち

green_blue_sky さん

歴史物と推理物がお好きなのでやすね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 10:00) 

ぼんぼちぼちぼち

sadafusaさん

この中の半分以上も読まれているとはすごいでやすね。

あ、「陛下」読んでないでやす。今度読んでみやす。
久世さんは、私小説とエッセイの中間みたいな短編をたくさん書いていらして それも好きでやす。

「金閣寺」も見事な作品でやすよね。
美の受難・・・確かに(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 10:06) 

ぼんぼちぼちぼち

ようこくんさん

「変身」の冒頭の一文は、あまりにも有名でやすよね。
高校で習われたのでやすか。
高校生の時だったら、あっしも核たる部分まで読みこめなかったと思いやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 10:11) 

ぼんぼちぼちぼち

ニケさん

どんな形でネタにされていたのか気になるところでやす。
片腕を外して男に預ける という発想がすでにあっぱれでやすね。
川端の得意とする 女性の部分の美しさを愛でる究極の作品でやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 10:16) 

ぼんぼちぼちぼち

johncomeback さん

「変身」も「蝿」も、中学生には難解でやすよ。
あっしはどちらも 大人になってから読んだので 理解が出来やしたが(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 10:21) 

ぼんぼちぼちぼち

mimimomo さん

「痴人の愛」は、谷崎の理想の愛の形なんでやしょうね。
谷崎はマゾヒストだから 一般的な人からすると 理解しがたいものがありやすよね。

ヘルマンヘッセの「ナルシスとゴルトムント」どんな作品なのかな?
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 10:29) 

リンさん

「変身」しか読んでないです。
でも、気になるものがたくさんありました。
新しい本はあまり読まれないのですか?
私は新刊ばかり読み漁ってしまいます。
by リンさん (2018-03-24 10:31) 

ぼんぼちぼちぼち

yakko さん

本、読まれないのでやすね。
読む人と読まない人とはっきり分かれるようでやすね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 10:31) 

ぼんぼちぼちぼち

足立sunny さん

挙げられた四作品は、いずれも好き嫌いが極端に分かれる作風でやすもんね。(中でも特に「家畜人ヤプー」は)

ほのぼのとした可愛らしい作品がお好きなのでやすね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 10:37) 

ぼんぼちぼちぼち

JUNKOさん

この中の二作品以外読まれたとはすごいでやす!
読まれてないの どの二作品なのか気になりやす。

今年はたくさん読書してくだされ(◎o◎)/
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 10:42) 

ぼんぼちぼちぼち

横 濱男 さん

遠藤 周作と新田次郎がお好きなのでやすね。
遠藤周作は一作品だけ読んだことありやす。
確か、映画にもなった作品でやした(◎o◎)b

by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 10:47) 

ぼんぼちぼちぼち

starwars2015 さん

確かに重い作品が多いでやす。
あっしは逆に、軽い作品は嫌いなので 軽いのは読む気がしないのでやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 10:53) 

ぼんぼちぼちぼち

うりくまさん

「家畜人ヤプー」と「早く昔になればいい」、是非読まれてみてくだされ。

ヤプーは圧巻でやすよ。よくこれだけの これ以上はないというくらいのSM世界を思いつくものだと舌を巻かずにはおれなくなりやす。
そして、その奥底にある哲学について考えずにはおれなくなりやす。

早くーーーは、読む人それぞれの中に、しーちゃん像がくっきり浮かび上がり、しーちゃんを愛おしく思えて来ること必至でやす。
同時に「私」とともに、記憶とは思い出とは何か、という迷宮にさまよいこむこととなりやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 12:37) 

ぼんぼちぼちぼち

きよたんさん

あっしも「エロ事師たち」を初めて読んだのは高校の時でやす。
でもその時は、面白いとは思ったものの 深くは解らなかったでやす。
最近読みなおして、ここまで達作だったのか!と、改めて野坂センセイの力量にノックアウトされやした。

「早く昔になればいい」は、とても読みやすいでやすよ。
あっしは、久世さんの作品の中ではダントツにこの作品が好きでやす。
久世さんらしい妖しさと美しさが充満してやす。

「片腕」も是非! あっしは川端の代表作がどうしてこの作品じゃなくて「雪国」なのか、不思議でなりやせん(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 12:49) 

ぼんぼちぼちぼち

ゆりあさん

好きな作家の作品ばかりを選んでしまうというの解かりやすね。
映画に関してだと あっしもかなりそういう傾向にありやす。

代表作と言われる作品ばかりが皆に知られているけれど
そうでない作品の中にも名作ってあるんでやすよね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 12:56) 

ぼんぼちぼちぼち

sana さん

読まれてないのが二作品とは、ずいぶんたくさんの小説を読まれてるのでやすね!すごいでやす!
「片腕」と「眠れる美女」は、新潮文庫で同じ中に入ってやすよ。

このテの記事、もっと早くに公開しようと思ってたんでやすが
ベスト10で考えたとき 素晴らしい作品ばかりで どうしても順位がつけられなかったんでやす。
で、「十選」という形で考えたら わりとすっと選べやした(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 13:09) 

ぼんぼちぼちぼち

リンさんさん

あっしが新しい本をあまり読まない理由は----
例えば(具体的な数字はあくまで例えとして)、新しいものが百作品出たとすると 昔のものまでひっくるめた作品数って一億くらいになりやすよね。
百の中からよりも一億の中からのほうが、自分の嗜好に合ったものに出逢える確率って圧倒的に高いでやすよね。
これは本だけでなく 音楽でも服でも小物でも すべてそういう考えの元に選んでやす。

だから、たまたま新しいものが嗜好に合うこともありやす。(上の理由から 確率的に非常に低いでやすが)
車谷長吉さんは、現役でお仕事されてるときからファンで新刊が出るのを楽しみにしてやしたが
何年か前に亡くなられて 過去の作家となってしまいやした。残念でやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 13:21) 

ponnta1351

谷崎も川端、三島、カフカも大昔に読みました。
専ら外国、特にロシア文学が好きでした。
今、もう一度読み返すとまた違った受け止め方が出来るのかと。
モーパッサンの「脂肪の塊」「女の一生」デュマの「椿姫」は強烈な記憶が有ります。


by ponnta1351 (2018-03-24 16:59) 

ackylacky

読んだことがあるものもあると思うのですが、思い出せないですね。
男性のマゾヒズムを主題にしたものが多いようですが、若いころはピンと来なかったですね。
川端康成の作品は、年を取った今では分かるような気がします。特に若い女性の指に魅力を感じるのは若いころにはなかったように思います。
by ackylacky (2018-03-24 18:02) 

せつこ

昔々の山本有三の小説好きでした。
by せつこ (2018-03-24 19:12) 

ぼんぼちぼちぼち

ponnta1351さん

ロシア文学がお好きなのでやすね。
あっしは恥ずかしながら読んだことないでやす。(外国文学じたい殆ど読まないので)
魅力的な訳者のものであれば何か読んでみたいと思いやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 20:43) 

ぼんぼちぼちぼち

ackylackyさん

川端は、若い女性の肩の骨の丸味や指の美しさに異常に惹かれていたようでやすね。
「片腕」は、その究極の作品でやすね。
女性が男性に対しても同じだと思いやすが、年を重ねて激しい性欲がなくなって 初めて気付かされるパーツの美しさってありやすね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 20:53) 

ぼんぼちぼちぼち

せつこさん

山本有三がお好きでいらしたのでやすね。
三鷹の玉川上水のほとり(太宰が入水したすぐ近く)に山本有三記念館がありやす。
今現在は改装中でやすが、とても素敵な洋館で多数の資料が展示してありやす。
もしもこちらのほうにお越しの機会がありやしたら 立ち寄られてみてくださいでやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 20:58) 

そらへい

好きな小説10選ですか。
いくつか読んだのがあったり、
中身が思い出せなかったり・・・
若い頃、読んで感動した本
もう一度読み直して見たいですね。
by そらへい (2018-03-24 21:34) 

KOME

川端さんは、お住まいが近かったこともあり良く読みました。
好きな小説がいくつかあると、つまらなそうなものは、初めから読まなかったりしますが、食わず嫌いはよくないかなあ。。
by KOME (2018-03-24 21:37) 

ぼんぼちぼちぼち

そらへいさん

若い頃に読んだ作品をまた読むと 以前は気づけなかった深さや意味に気づけたりして有意義でやすね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 22:07) 

ぼんぼちぼちぼち

KOMEさん

住んでいたところが近いとよく読むというの 解かりやす。
あっしもそういう理由で、井伏鱒二を読み始めやした。
知っている町名が出てきたりすると嬉しいでやすね。

好きな小説がいくつかあると つまらなそうなものは初めから読まなかったり
それもすごく解かりやす。あっしも同じでやす。
たまに挑戦してみても「あ、やっぱ好みじゃないな」って(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-24 22:33) 

yoko-minato

「好きな小説10選」・・・その人なりが
伺えますね。
私は何だろう、どんな小説かな~!!
年齢によっても変わりますね。
若いころと今では違う小説が好みに
なりました。
by yoko-minato (2018-03-25 07:56) 

ぼんぼちぼちぼち

yoko-minatoさん

そうでやすね、好きな小説や好きな音楽って その人がにじみ出やすね。
そうでやすか、お若い頃とは違う小説が好みに!
あっしは・・・・・変わらないでやすf(◎o◎)
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-25 10:02) 

TOQ

この中ですと「エロ事師たち」がかろうじて
読んだことがある本ですね。それも中学の頃(笑)
ご訪問&niceをありがとうございました。
by TOQ (2018-03-25 12:40) 

こじろう

過去のお話で,潤一郎や安部公房とカフカが被るのは知ってたけどな。
まさか「家畜人ヤプー」までとは,驚きだ。
と思ったけど,寺山修司繋がりかな?
でも,最近はもっぱらラノベか漫画に移行中。

by こじろう (2018-03-25 21:24) 

seawind335

うーん、確かに最近小説は読んでいません。
読んでもビジネス書ばかりです。。。。

もう少し、読書の時間を取らねば、と思いました。
by seawind335 (2018-03-25 22:55) 

NO14Ruggerman

ここ最近は小説を全く読んでいないのでぼんぼちさん小説十選
からどれか読んでみようかな、とも思います。
先日はたのしいひとときをありがとうございました。
ご一緒にお聴きしたかったのはこちらのピッコロベースです。
https://www.youtube.com/watch?v=Xk8RPRAery0
by NO14Ruggerman (2018-03-26 01:27) 

伊閣蝶

ラインナップを拝見し、なるほどやはり、と膝を打ちました。
どの本も非常に奥深く、私も夢中になって読んだ記憶があります。

特に川端康成の「片腕」が選ばれていたことには、軽い驚きを感ずるとともに、あの不思議で美しく妖艶な世界をご評価されたぼんぼちぼちぼちさんに、これまで以上の親近感を感じてしまいました。
正直に言って、あのような腕が欲しいな、と夢想したこともありましたね。
私も、川端氏の小説の中ではトップに評価しています。

by 伊閣蝶 (2018-03-26 10:31) 

ぼんぼちぼちぼち

TOQさん

「エロ事師たち」を中学でお読みになったとは何と早熟な!
野坂センセイは、秀作をたくさん生み出されているので
野坂センセイの中からはどれを選ぼうか かなり迷いやした(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-26 11:32) 

ぼんぼちぼちぼち

seawind335 さん

読書は時間を要する行為だから 忙しいとなかなかできないでやすよね。
あっしも昔仕事が忙しかった頃は全然読めやせんでやした(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-26 11:35) 

ぼんぼちぼちぼち

NO14Ruggerman さん

こちらこそ、楽しかったでやす。
今度は三鷹でお茶&呑みしやしょうね♪

ピッコロペース、いいでやすねぇ。なるほどこういう音なのでやすね。
ラムを傾けながら落ち着いて聴きたい感じでやす。

この十選、どれも大傑作でやす。お気がむかれたら読んでみてくだされ(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-26 11:43) 

ぼんぼちぼちぼち

こじろうさん

「家畜人ヤプー」は、寺山も高評してやしたね。
そういう理由で読んだわけではないのでやすが、あっしの好きな傾向にばちこーんと入ってやす。
理由は、記事内の一言コメントにも書いたように、単なる変態小説ではなく
その奥に深いテーゼがしっかりあるからでやす(◎o◎)b

by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-26 11:50) 

ぼんぼちぼちぼち

伊閣蝶 さん

「片腕」は、川端の最高傑作でやすよね。
肩や指というパーツ好きの川端は、自分の美学にとって必要ないものをそぎ落とし ついにここまでやってしまったか!と、その発想に天晴れでやすね。
娘の腕を男がつけかえて、血が通わない 遮断された感じがする というのは、性交が不可能だという暗喩でやすね。
川端は、性交が成功してしまっては理想理念が崩れてしまうんでやすよね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-26 12:01) 

coco030705

こんにちは。いつも拙ブログにご訪問ありがとうございます。

↑の小説はとても有名な作品ばかりですね。この中では、カフカの「変身」を読みました。面白かったです。安部公房も昔よく読んだんですが、「人間そっくり」を読んだかどうか記憶にないので一度読んでみようかと思います。谷崎や川端もいいですね。追々読んでいきたいです。


by coco030705 (2018-03-29 15:14) 

ぼんぼちぼちぼち

coco030705さん

カフカの「変身」は、世界的に評価されている名作でやすね。
時代を経ても、今なお全く色褪せない普遍性のあるテーマでやすね。
「人間そっくり」も、是非一度読んでみてくだされ。
一幕劇にしてもいいような 台詞の多くテムポのある理屈っぽくてユーモアのある達作でやす(◎o◎)b



by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-29 20:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント