So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画「あしたはどっちだ、寺山修司」 [感想文]

あしたはどっちだ.JPG

寺山修司のドキュメンタリー映画「あしたはどっちだ、寺山修司」が公開されるというので、早々に劇場に足を運んだ。
監督・相原英雄氏 製作・2017年

私は観映前、いわゆるありきたりのパターンのドキュメンタリー映画だと思っていた。
つまり、近しかった人達の寺山を誉めちぎるインタビューが次々と流れ 昔の映像が挿入され、寺山を神のように礼賛して了る映画だ---と。
しかし、この作品はそれを大きく嬉しく裏切ってくれた。
映画は、一人の少女が寺山の謎を追究するという形で進行し、短歌作品が部分盗作だと騒がれた事や 作品上であたかも現実のように表現されている事が実は虚構だったという事や ノゾキで逮捕された事などの マイナスイメージに受け取られる諸々も 隠されることなく取り上げられていたのである。
インタビューも、天井桟敷に在籍していたかたがたの話のみならず、それまで表に出て来ることのなかった寺山の親戚のかたにマイクを向け、幼かった頃の寺山がリアルに語られる。
そして、寺山の母は、米兵のオンリーさんだったという これまで表向きにされなかった事実が明かされるのである。

又、寺山の仕事全般をまんべんなく追うのではなく、市街劇ノックに特にズームし、どれほど寺山が市街劇にエネルギーを注いでいたかが説かれ、当時の資料映像も長時間流された。
私は、ノックの映像は、以前イメージフォーラムの講座の中で観たものが全てだと思っていたのだが、他にも多数遺されている事が解かり、非常に興味深く吸引された。

あしたはどっちだ.JPG

もう一つ、この作品が達作と成っている大きな要因がある。
青森の美しい風景の映像を巧く取り入れ、それがリズムと変化をもたらし、ありきたりの人物ドキュメンタリーの枠を大きく越境しているのである。
人物を扱うドキュメンタリー映画も、映画作品の一つに他ならないのだから、このくらい映像に拘ってくれると、観客も観ていて気持ちがいいものである。

最後に、この作品を観た個人的主観的推察を述べると----
寺山が何故あれほど 現実かと思わせる虚構に執着したかというと、それは、母がオンリーさんをやっていた後ろめたさ・悲しさと そうやって自分を養ってくれている という憎と愛の二律背反にゆきつくのではなかろうか、と思わずにおれない。
二律背反の中に置かれて 身動きの出来ない寺山少年は、嘘を吐くことで せめて虚構の中で母を殺すことで 自身の精神を保っていたのではなかろうか。
そしてその嘘が、寺山個人を突き破り、他者を街を国家を巻き込むことで アイデンティティを勝ち取ろうとしていたのではなかろうか。

「あしたはどっちだ、寺山修司」
相原監督の手腕によって 寺山の深い闇の奥底まで考え至り着地せずにはおれない 人物ドキュメンタリーの大傑作である。
あしたはどっちだ.JPG

nice!(313)  コメント(35) 
共通テーマ:映画

nice! 313

コメント 35

ニッキー

良い意味で予想を裏切ってくれた作品なんですねぇ♪( ´▽`)
by ニッキー (2017-12-19 07:29) 

taekozue

寺山修司の作品、ぼんぼちぼちぼちさんに触発されて
「あぁ荒野」の前にも「田園に死す」も見ました。
ただでさえ映画の感想を書くのはなかなか難しい私にとって
寺山修司の作品は、奥がとても深い気がして、安易な気持ちで
(今の私には)感想を書くまでには至れない作品でした。
by taekozue (2017-12-19 09:41) 

裏・市長

「あしたはどっちだ」。

やはり、これは寺山先生が作詞を
手がけられた「あしたのジョー」からで
ございましょうか。

今、検索したら、
「戦え!オスパー」(山田太郎)とか、
意外な曲もやっておられる…。

ランキング第1位のこの時に、
1.000記事達成!実にいいタイミング!。
実におめでとうでござんす。

by 裏・市長 (2017-12-19 12:47) 

Take-Zee

こんにちは!
年内もあとわずか・・
寒くて風邪など引きませんように!

by Take-Zee (2017-12-19 16:34) 

kyon

あら、1000記事おめでとうございます^^

by kyon (2017-12-19 16:37) 

kiki

1000記事ですね〜
おめでとうございます。
by kiki (2017-12-19 16:43) 

リンさん

素晴らしい映画なんですね。
残念ながら地方では上映していません。
お、1000記事ですか。おめでとうございます!
by リンさん (2017-12-19 19:03) 

扶侶夢

地方にいるとなかなかこういう異色作が観れないので困ります。DVD化されるでしょうか…ね?
by 扶侶夢 (2017-12-19 19:17) 

きよたん

寺山修司 その境遇にはなんども惹きつけられるものがあり
青森という土地にもですが彼の精神性がしっかりと染み込んで
いるとおもいます。
ぼんぼちさんの分析もとても共感できますね
by きよたん (2017-12-19 19:51) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

おぉ~!!1,000記事、おめでとうございます。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2017-12-19 20:02) 

kick_drive

こんばんは。1000記事目おめでとうございます。
みんな明日の事なんてわからないですよね。だからそれぞれみんなの明日もどっちだ!だと思います。
今日、むかつくことがあって明日は出勤したくない気分です。

by kick_drive (2017-12-19 20:46) 

nikki

上映館がとても少ないですね。
by nikki (2017-12-19 22:33) 

ゆりあ

記念すべき1,000記事目おめでとうございます^^
深い闇の奥底、いろいろ考えさせられる作品みたいですね。
by ゆりあ (2017-12-19 23:16) 

えーちゃん

ほんま、1000記事や~ おめでとう。
ぁっ、この前のオフ会はお疲れ様でした。
やっと記事をUPしました(゚□゚)
by えーちゃん (2017-12-20 00:55) 

ぼんぼちぼちぼち

みなさん

この作品、ほんとにいい出来でやした。
ありきたりの人物ドキュメンタリーに甘んじていないでやす。
タイトルは、やはり「あしたのジョー」の歌詞の一節からとったものに違いないと思いやす。
DVD化されたらもう一度観たいでやすが、DVD化されるでやしょか?気になりやすね。
上映館、少ないでやすね。あっしはイメージフォーラムに観に行ったのでやすが、モーニングとレイトの時間帯だけでやした。
「ああ荒野」は原作だけ、「田園に死す」は監督として寺山は関わってやすね。
「田園に死す」は自伝的作品で、寺山を深く知る大きな手掛かりになりやすね。
寺山は、流行歌の作詞も何百とやってるんでやすよね。
アイドルの歌なども書いてやす。

へい、今回でちょうど1000記事でやす。
お祝いのお言葉 ありがとうございやす。
あっし自身も、大好きな寺山の思い入れのある記事が1000記事目でとても嬉しいでやす。
ブログを始めた当初は、こんなに長期間ブログを運営できるとは思ってもいなかったのでやすが
たくさんのみなさんのコメントに励まされ ここまで来る事が出来やした。
これからも、拙いブログでやすが、できるかぎり続けてゆこうと思いやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-12-20 12:40) 

そらへい

私は寺山修司のことをあまり知らないのですが
それでも面白そうなドキュメンタリーに思えますね。
by そらへい (2017-12-20 22:39) 

暁烏 英(あけがらす ひで)

なかなか含蓄のある評論。セミプロですね。私はきょう、スタンリー・キューブリックの遺作『アイズ ワイド シャット』を観ました。この題名は、Eyes wide open(しっかり見る)のもじりらしい。あなたの洞察力そのものの題名です。

by 暁烏 英(あけがらす ひで) (2017-12-20 23:08) 

よいこ

かけることがない幸せがあると、深く物事を考え悩む必要がなくなるから、すごい作品を作るひとは、どこか足りてないものを補おうともがいているんだろうなと、つい考えてしまいます。
by よいこ (2017-12-21 00:00) 

むうぴょんこ

1000記事目、おめでとーっ!!
まさしく・・・明日はどっちだーって・・・
新しい年に向けて気合を入れる良い機会になったと思うよ!!
これからも私たちを楽しませてね!!
ではではーっ!!
by むうぴょんこ (2017-12-21 13:41) 

たあさん

年末ということでいいタイミングに
1000記事達成おめでとうございます。

ご訪問、コメントも有難うございます。
by たあさん (2017-12-21 15:24) 

なかちゃん

あしたのジョーの主題歌の最後かと思いました ^^
1000記事到達、おめでとうございます(^^)

by なかちゃん (2017-12-21 16:04) 

まうむ

nice、コメントありがとうございます。
1000記事達成おめでとうございます!
by まうむ (2017-12-21 17:09) 

ぼんぼちぼちぼち

みなさん

1000記事のお祝いメッセージありがとうございやす。
これからも無理せず自分のペースで更新してゆこうと思いやす。

あっしの評論をお誉めくださり恐縮でやす・ぺこりっ
寺山には思い入れが深すぎて 逆にすらすらとペンが進まなかったりするんでやす。
でも今回書いたことは、どうしても言わずにおれないことでやした。

やはり寺山の創作意欲の種になったのは このような欠落感だと思いやすね。
元から満たされている人は、表現をしなければならない必然がないんでやすよね。

「あしたはどっちだ」は、明らかに主題歌の最後から引用していると思われやす。
とても印象深い一節でやすもんね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-12-21 19:54) 

JUNKO

見たい映画のひとつになりました。1000回の記事を全部読むことができたら。私もすこしはものを考える人間になれるかもしれません。
by JUNKO (2017-12-21 20:58) 

八犬伝

寺山ですね
色々な活躍をしてきた人ですね。
そして、あの語り口
青森と切っても切れないですね。
by 八犬伝 (2017-12-21 21:27) 

sakamono

私が初めて寺山の映画を観たのは、確か高田馬場で、靴を脱いで
あがる、小さな映画館だったと思います。短い映画が何本か
上映されたなぁ。記憶が曖昧です^^;。でも「田園に死す」が
印象強く残っています。
by sakamono (2017-12-21 22:17) 

ゆうのすけ

=☆ 1,000記事到達おめでとうございます!^^ ☆=
寺山修司さんと言うと まず思い出すのが カルメン・マキ「時には母のない子のように」のさいはての退廃的な感じなんですよね。^^☆
by ゆうのすけ (2017-12-22 03:56) 

ぼんぼちぼちぼち

JUNKO さん

チャンスがあったら 是非観てみられてくだされ。
記事にも書いたように、決して寺山を誉めちぎって了るだけの映画にとどまってやせん(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-12-22 10:32) 

ぼんぼちぼちぼち

八犬伝 さん

もしも青森という土地でなかったら あの寺山は作られていなかったでやしょうね。
あの独特の語り口は、タモリさんのモノマネの十八番でもありやすね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-12-22 10:36) 

ぼんぼちぼちぼち

sakamono さん

寺山は、短編実験映画も何作も作ってやすね。
あっしは特に、影が独立して動き出す「二頭女」が好きでやす。
「田園に死す」は、代表作でやすね。
寺山を知るならまずこれを観なくちゃ!的な自伝的作品でやすね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-12-22 10:41) 

ぼんぼちぼちぼち

ゆうのすけさん

お祝いのお言葉ありがとうございやす・ぺこりっ
「時には母のない子のように」名曲でやすね。
寺山は流行歌の作詞もたくさん手掛けてやしたが、この作品は特に寺山らしい退廃匂がありやしたね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-12-22 10:47) 

向日葵

1000記事目、おめでとうございます!!

「時には母のない子のように」

の作詞が寺山修司さんだったのですか!?
他にもあれもこれもそれも。。

本当に知らな過ぎ・・!!
by 向日葵 (2017-12-24 05:47) 

ぼんぼちぼちぼち

向日葵 さん

お祝いメッセージありがとうございやす。
「時には母のない子のように」は、寺山の代表作でやす。
他によく知られているところだと、「あしたのジョーのテーマ」
浅川マキさんが歌った「かもめ」などがありやす。
郷ひろみや豊川誕などのアイドルの歌も手掛けておられやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-12-24 11:01) 

sig

こんにちは。
1000記事、おめでとうございます。すばらしいです。磨かれた感性にあやかりたいものです。
Merry Chiristmas!
by sig (2017-12-24 14:37) 

ぼんぼちぼちぼち

sig さん

ありがとうございやす。
好き勝手に書いてきたらいつのまにか10000になりやした。
これからも、自分の好きなことを書いていこうと思いやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-12-24 16:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント