So-net無料ブログ作成

 2011年 ぼんぼち・音楽ライヴ感想  [感想文]

音1.jpg

私・ぼんぼちは、音楽に明るいほうではないので、基本的に そうしばしば音楽ライヴに出向くこともなく、ついぞ今年は一本も生で鑑賞する機会なく終わるのか・・・と思いきや、11月に入り、偶然 それぞれ全く違う方向性のショーを 三本 聴きに行く結果となりました。

先ず 一本目は、「幸雀シャンソンライヴ」です。

これは、先日 過去記事「幸雀シャンソンライヴ そして『ノラや』にて打ち上げ」でも綴らせていただいたように、ギャラリー&ミュージックバー「ノラや」のオーナーさんが始められた多目的スペースの柿落とし公演にて 歌舞伎役者の松本幸雀さんが女形の扮装で シャンソンを歌ってくださる というものでした。

今まで私は、恥ずかしながら シャンソンは生で体感したことはなく、以前よくくつろいでいた喫茶店で ノイズの多いエディット・ピアフがくり返し流れていたのを 聴くともなしに聴いていた程度でした。
けれど、これを機に、シャンソンも「私はこれを聴きます」という音楽ジャンルの一つに数えられるくらいに、その 艶めかしく情感溢るる世界に 二歩三歩と踏み入ってゆきたい と思いました。

ふとしたきっかけで「ノラや」の扉を開け 行きつけにしていなかったら、幸雀さんライヴの情報を知ることもなく、私はシャンソンの魅力に気づかされなかったわけで、縁というか巡り合わせというか そういった観点からも 感慨深いライヴでした。
音2.jpg

二本目は、八王子市芸術文化会館・いちょうホールに 「70S歌謡ヒットパレード」を。
これは、日頃からお世話になっているかたに招待されたので 同行することとなりました。

出演は、北原ミレイさん 三田明さん 平浩二さん 他 で、歌い手さんがサインボールを投げたり、歌いながら客席を握手し廻り歩いたり、皆で 当時のヒット歌謡を合唱したり と、私一人では絶対に行くことのないタイプの催しで 貴重な体験となりました。

バックは、オーケストラではなく 本来ジャズを演っているバンドが入っていました。
私の父は、私が物心つくかつかないかの頃までオーケストラのバイオリン奏者だったのですが、生活のために 不本意ながらも テレビや旅等 歌謡曲のバックの仕事もしていたので、必然、父の しかも 父が私に見せたくなかった悲しい後ろ姿を見てしまった感を 自分の内に否定することはできませんでした。
音3.jpg

そして 三本目は「THE BAWDIES(ザ ボゥディーズ)日本武道館公演」です。

やはりこれも、過去記事「THE BAWDIESを聴きながら---嗜好に関する自問---」「THE BAWDIES ---PV---」でも述べたように、私は、CD・DVD全作品を購入しているほどのBAWDIESファンなのですが、ライヴに出陣するにあたっては かなりの逡巡がありました。
理由は幾つかありました。
録音されたものが素晴らしいミュージシャンが生も然り とは必ずしも限らないので、もしも落胆したら悲しさも大きいだろうな という不安。
ファンは若い女の子が多いようなので、黄色い声で演奏が聴こえなかったら腹が立つだろうな という思い。
それら若い女の子をターゲットに、メンバー全員の姿がカッコイイのを利用して アイドル的な演出がなされたら鼻白むだろうな という気持ち・・・・。
しかし、一曲目が始まるや、私の逡巡理由は どれも如何に 馬鹿げた見当違いの仮定であったか、尻尾を幾つもつけた連符の勢いで 日の丸の下がる天井に吹き飛んでしまいました。
何より、きっちり 高レベルの音を提供してくださったことに 敬服しました。
又、終わりかたも、「俺達 スターだゼ! イェ~~イ!!」というノリではなく、メンバー全員が深々と頭(こうべ)を垂れ おじぎをされたところにも いたく好感を抱きました。

冗談抜きで「長く生きてて良かったなぁ」とも思いました。
ビートルズ結成年に生まれ、すでに ライヴに行ける年齢時には ロックンロールではなくロックが主流になっていた世代の自分は、好きな方向性×踊れるジャンル×納得できる技術と感性 この三要素が重なるミュージシャンには リアルタイムでは永久に出逢えないものだと、つまり ライヴ参加は物理的に不可能だと 完全に諦めていたのですから。
来年三月には、BAWDIESが最も影響を受けたという THE SОNICS(ザ ソニックス)との対バンライヴもあるそうなので、それには もう寸分たりとも迷うことなく参加しよう という心づもりでいます。

非常に主観的なものですが、以上が、私・ぼんぼちが 今年出向いた音楽ライヴに対する感想です。

音4.jpg

 ○次回、12月26日は、「2011年 ぼんぼち・劇場公開映画感想--日本映画編--」を公開しやす○

  
タグ:ライヴ
nice!(380)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 380

コメント 41

ちゃーちゃん

こんにちは‼
今年3回も色んなジャンルの音楽を生で聴かれて夫々に楽しかった感想を読ませて頂きました・・・ワタシは音楽とは無縁の生活環境。今はせいぜいブログの方達から聴かせて頂いている状態です( ̄~ ̄;)
あらゆる音楽全般、歌える人楽器が出来る人を尊敬しています・・・
ぽんぽちぽちぽちさんの心の中が音符に踊っているのでしょうか??
by ちゃーちゃん (2011-12-23 13:37) 

PATA

こんにちは。体調を崩し週末だけのご訪問になってしまいました。
すみません。
3回ライブに行ったとのこと、幸雀シャンソンライブは
記事で読ませて頂きましたが
後の2回も楽しまれたようですね。
BAWDIESは私も聞きますが、ライブに行ったことはないので
羨ましく読ませて頂きました。音楽はいいですね。


by PATA (2011-12-23 15:33) 

さきしなのてるりん

ボゥーディーズを知らなくて、調べました。かなり強烈なサウンドを出すんですね。ビートルズとはやっぱり違うなと感じました。でも好きこそ。。。でメジャーになっちゃう。うらやましいね、若いって。
by さきしなのてるりん (2011-12-23 16:50) 

キャスリーン・ケリー

わたしも 実は前記事拝読した折には ボゥーディーズ??のまま過ごして
しまったんですけど 今回はYoutubuで確認しました^^
確かに強烈な上アイドルチックではあるんですね。。 でもぼんぼちさんの
危惧は杞憂に終わった実力派だったんですね♪ よかった^^
どんな音楽のジャンルにしてもライブはいいですよね
お父様も素敵なお父様でいらしたんですね。
by キャスリーン・ケリー (2011-12-23 17:01) 

夢旅人

音符も踊れば楽しそうだね~。

by 夢旅人 (2011-12-23 17:02) 

ナツパパ

期待と不安、すごく共感しました。
今回はすべてが良い方にいってなによりでしたね。
by ナツパパ (2011-12-23 20:01) 

くーぺ

いちょうホールに来られたんですね◎
三田明さんは八学出身ですし、私は八王子出身です☆
何よりも小学生の時に初めて買ったレコードが「バスストップ」(笑)
今は甲斐バンドの『かりそめのスイング』を聴きながらコメントしています☆
by くーぺ (2011-12-23 21:23) 

hypo

LIVE最高~!ですが、金銭的にも時間的にもなかなか行けません。でも好きなのでなるべく行きたいですね~、LIVEの後の生ビール、最高~~!!
by hypo (2011-12-23 22:32) 

ぼんぼちぼちぼち

ちゃーちゃん さん

そう、今回の画像は、あっしの心の中に踊る音符でやす♪
いろんなジャンルということで いろんな色のバックにしてみやした(◎o◎)b

あっしも、音楽全般できるかた 尊敬しやす。
因みに明日は、幸雀さんのシャンソンライヴでギターを担当されていた、シャンソンのみならず ロックから歌謡曲までこなされるという並木さんのライヴを聴きにでかけやす。

by ぼんぼちぼちぼち (2011-12-23 22:55) 

ぼんぼちぼちぼち

PATA さん

御自身の体調が一番大事でやすから ブログ訪問 無理されないでくださいでやす。

BAWDIESライヴ 楽しかったでやす♪
踊る楽しさを存分に満喫してきやしたo(◎o◎)o
by ぼんぼちぼちぼち (2011-12-23 23:02) 

ぼんぼちぼちぼち

さきしなのてるりん さん
キャスリーン・ケリー さん
夢旅人さん

ボゥディーズ、ビートルズに比べてかなり攻撃的でやすね。
ソニックスのほうが「あ、なるほど近いな」って印象受けやすね。
でもやっぱ、今回の武道館公演も、ビートルズ抜きには語れない というのがご本人達の中にもあったようで
ビートルズにからめたМCが 確か二か所くらいあって
カバーも演ってくださいやした。

あっしの父親はねー、あしが生まれちゃったために 好きで就いた音楽の仕事を辞めなきゃならない状況に追われて・・・
このあたりについては、来年 記事にしようと考えてやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2011-12-23 23:17) 

ぼんぼちぼちぼち

ナツパパさん

へい、ほんとうに行って良かったと思いやした(◎o◎)b

器の花田さんのとこに行ってみたの、この武道館ライヴの前だったんでやす。
あの日一日の中で唯一、残念だったのが 花田さんが定休日だったことでやせうか・笑。


by ぼんぼちぼちぼち (2011-12-23 23:27) 

ぼんぼちぼちぼち

くーぺさん

三田明さん、ステージで、ご本人もそう仰ってやした。
客席にも恩師がきておられたとか。

「かりそめのスイング」いい曲でやすね。
「翼あるもの」も名曲でやすね♪
あと、個人的には、やっぱロックンロールやブルースロックが好みなんで
「特効薬」や「ジャンキーズロックンロール」が好きだったりしやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2011-12-23 23:40) 

ぼんぼちぼちぼち

hypo さん

そうそう、ライヴや演劇って、行きたくても
金銭的&時間的理由で なかなか行きたい数だけ行けないんでやすよね・涙

>LIVEの後の生ビール、最高~~!!
同感でやす。
あっしも 靖国神社のまん前の中華屋さんで ビール片手に余韻に浸りやした。

by ぼんぼちぼちぼち (2011-12-23 23:46) 

まほ

昔と違い、ライブはずっとスタンディングで声を張り、
手を振り上げヘッドバンギング・・・体力的に無理だと思っていました。
静かに聴けるライブは無いのかしらと。
もちろん、クラシックはそれは無いのですが、
如何せんこちらは眠くなり・・・(笑)
それで、映画と絵画は見に行きますが、ライブは敬遠していました。
by まほ (2011-12-24 02:04) 

吉之輔

お早うさんです、お尋ね頂きナイス有難う、先ずはお礼まで。
今後とも宜しく願います。季節柄、おん身大切にね。
by 吉之輔 (2011-12-24 10:17) 

ぼんぼちぼちぼち

まほさん

そうでやしたか。
ライブ参加には、そういった諸々の理由を考え合わせるから
好き=行こう! と 単純にはいかないものがありやすよね。
シャンソンなどは、静かに聴けて眠くならないジャンルかも知れやせん(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2011-12-24 11:33) 

ぼんぼちぼちぼち

吉之輔さん

おはようこざいやす。
へい、 吉之輔さんも 体調大事になさってくださいでやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2011-12-24 11:38) 

そらへい

音楽でも芝居でも、ライブは何かしら
立ち会った者に伝わってくるものがありますね。
それぞれのライブがあっていいんだと思います。
シャンソンや「THE BAWDIES日本武道館公演」
の体験も素晴らしいことですが
私には「70S歌謡ヒットパレード」が興味深かったです。
ちょうどその世代です。
客席を歩いたりサインボールを投げたり・・・
ロッテ歌のアルバムを思い出します。
by そらへい (2011-12-24 16:14) 

健康野球オタク

 お久しぶり…です。
by 健康野球オタク (2011-12-24 18:20) 

beny

 そうすると50代じやありませんか。いいなぁ~
by beny (2011-12-24 19:53) 

don

ぼくもBAWDIESを最初に聞いたときは、
ジョーコッカーのような声に度肝を抜かれました。
スペシャでBAWDIESよく出てますね^^
by don (2011-12-24 20:49) 

youzi

☆彡。.:・*゚ Merry (*v_v)人(u_u*) Xmas ☆彡。.:・*゚
。.:・*゚ 素敵なクリスマスになりますように 。.:・*゚
by youzi (2011-12-24 21:33) 

キャスリーン・ケリー

ぼんぼちさん♪
☆.。.:*・°☆.。.Merry Christmas*・°☆.。.:*・°☆
by キャスリーン・ケリー (2011-12-25 02:18) 

yoko-minato

懐かしいですね。
平浩二さんの「バスストップ」が
好きでしたね。
by yoko-minato (2011-12-25 15:33) 

ふぐたろう

おや、同世代ですね(^^;)
オレもライブに行きますが、若い子に混じって楽しんでますよ♪

by ふぐたろう (2011-12-25 16:10) 

ぼんぼちぼちぼち

そらへいさん

やはり、お客さんは、そらへいさんくらいの年代の方が多かったでやす。

ロッテ歌のアルバム 微かに記憶がありやす。
確か、司会の玉置さんが客席花道で 番組名を発するオープニングでやしたね。

by ぼんぼちぼちぼち (2011-12-25 19:36) 

ぼんぼちぼちぼち

健康野球オタク さん

へい、お久しぶりでやす・ぺこりっ。
by ぼんぼちぼちぼち (2011-12-25 19:37) 

ぼんぼちぼちぼち

beny さん

へい、あと半年で50代となりやす(◎o◎)b
いいでやすか・・・そうでやすか・・・苦笑。
by ぼんぼちぼちぼち (2011-12-25 19:40) 

ぼんぼちぼちぼち

don さん

RОYさんの声にゃあシビレやすね。
しかも、地声だったわけではなく 御自身が目指して辿り着いた声だというのが また凄いでやすね。

今回の武道館公演も、スペースシャワーTVで 白黒生放映されたそうでやすねw(◎o◎)w
by ぼんぼちぼちぼち (2011-12-25 19:46) 

ぼんぼちぼちぼち

youzi さん
キャスリーン・ケリー さん

キラキラクリスマスコメント ありがとでやすっ・ぺこりっ。
とても有意義なイブを過ごしやしたよん♪

上のちゃーちゃんさんへのコメントのお返事でも書かせていただいたように
大塚のウェルカムバックというライブハウスに
幸雀さんのシャンソンライヴでギターを担当されていた並木健司さんの演奏を聴きに行きやした。
一曲を除いてすべてインストで、シャンソンありブルーズあり南米っぽいのあり・・・で
愉しくて あっという間に 夜が更けてしまいやした(◎o◎6~♪
by ぼんぼちぼちぼち (2011-12-25 20:02) 

ぼんぼちぼちぼち

yoko-minato さん

バスストップ ヒットしやしたね♪
今でも カラオケの人気曲なのだそうでやすね。
勿論、その日のステージでも 歌ってくださいやした。
by ぼんぼちぼちぼち (2011-12-25 20:08) 

ぼんぼちぼちぼち

ふぐたろうさん

そうでやしたか!
あっしは青春期に ライヴに行きたいという気持ちは強く持っていても
嗜好に合うミュージシャンが殆どいなかったので
ボゥディーズの出現はほんとに嬉しいでやす。
幾つになっても、自分の欲するものを提供してくれるライヴなら 行こうと考えてやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2011-12-25 20:18) 

rantan-nya

わたしも年のせいか、ライブに行くのが少し億劫になっていました・・
が! 今年、ほんとに久しぶりにクラプトンに出かけたら、以前よりも
さらにさらに良い演奏を聞けたので、感動でした~
BAWDIESも、ぜひライブを体験してみたい1つです!
by rantan-nya (2011-12-26 16:05) 

ぼんぼちぼちぼち

rantan-nya さん

クラプトンでやすか! 世界的大御所でやすなぁ。
以前よりも更に・・・というのが嬉しいでやすね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2011-12-26 22:16) 

さといも野郎

画像はどこかで売っている紙でしょうか?
音符が楽しそうに踊っている様子が気に入りました。音を楽しむ=音楽!(^^
どのジャンルでも、生演奏は感動ですね!

by さといも野郎 (2011-12-28 10:55) 

ぼんぼちぼちぼち

さといも野郎さん

この画像、ハンカチなんでやすよん。
白地に黒の音符で水色の縁がついてるものでやす。
それを PC上で色調加工しやした。
いろんなジャンルのショーということで、いろんな大きさの音符 いろんな色のバックにしてみやした(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2011-12-28 12:00) 

tateichi_m

ザ ボゥディーズのコンサートへ行かれたのですね、うらやましい。
'60年代のロックグループのライヴのように、お行儀の良さがあるステージマナーも真似ているのでしょうか。
by tateichi_m (2011-12-28 13:04) 

ぼんぼちぼちぼち

tateichi_mさん

そうなんでやすo(◎o◎)o
ボゥディーズの存在を教えてくださったtateichi_mさんに 感謝感謝でやす!

>'60年代のロックグループのライヴのように、お行儀の良さがあるステージマナーも真似ているのでしょうか。
おそらくそうなのだと察しやす。
加えて、あっしが10代~20代の頃にロックンロールを演ってた日本のバンドって
何故だか殆どが不良っぽさを前面に出してたから
「私達はそういう方向性ではありません」という意思表示もあるのかも知れやせん。

あっしは50年代のファッションが好きなので、それでかためて観に行きやした。
そういった点からも愉しかったでやす\(◎o◎)/

by ぼんぼちぼちぼち (2011-12-28 14:07) 

TAMA

ライブ楽しめて良かったですね♪
THE BAWDIESはルックスがいいので何となく気になってましたが、
そんなにいいんですか!
ぜひ聞いてみなくては(^。^)
by TAMA (2011-12-28 22:42) 

ぼんぼちぼちぼち

TAMA さん

そう、4人が4人ともルックスいいでやすね。
で、凄い!と思ったのは、メジャーデビューさせるための寄せ集めではなくて
学生時代から一緒に演っていたメンバーだということでやす。
このルックス×この音楽の方向性×この技術的高レベル で この4人が揃ったというのは 奇跡的に凄いな・・・と。

勿論「いい」というのには 主観的嗜好もおおいに含まれるので
50年代から70年代初頭の音楽を受け付けないかたは 駄目かも知れやせんが
あっしは、70年代半ば以降のロックは苦手なので ツボ ばちこーーーん!でやした\(◎o◎)/

by ぼんぼちぼちぼち (2011-12-28 23:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0