So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

風紀委員長をやっていた時の話 [独り言]

校則.jpg

私は高校時代、立候補して風紀委員長をやっていた。
私が通っていた高校での風紀委員の役割りというのは、制服を校則通りに着ているか(学校指定の仕立て屋で仕立てた制服を 自分好みに改造してはいないか、ブレザーのボタンを全部キッチリ留めているか、ネクタイを緩みなく締めているか、校章を正しい位置につけているか) 派手なヘアスタイルをしていないか、化粧やマニキュアをしていないか、を月に一度 校門に立ちチェックすることと、今後の身なりについて 検討・改革してゆくことだった。

私は、仕立て屋で仕立てたままだと 寸胴でバランスが悪く太って見える制服は、身体にフィットさせて 特にウエスト部分を絞ってスタイルが良く見える様に改造し、隙間なく真っ赤にニキビが出来 ブルドッグさながらにぶよぶよに太った顔は、少しでも綺麗に細く小さく見える様に ファンデーションをべったりと塗り 側面にシャドウを入れ、髪は頬をおおい隠し くるんくるんにパーマをかけ腰までのばし、小学生の時に「おばあさんの手みたい」とからかわれたどす黒い指には、血色が良く見えるように淡いピンク色のマニキュアを塗っていた。

そんな私が何故、風紀委員のしかも長に自らすすんでなったかというと----
校則にある身なりの規定は、勉学にいそしむ為に何の意味もなさない無駄なもの----どころか逆に、活き活きと心地良く勉学に邁進する為の意欲をそぐ 負の縛り以外の何物でもないと思わずにおれなかったので、風紀の顧問の教師に抗議をして なくしてしまおうと考えたのだ。
私が通っていたのは美術高校だった。 美術高校の学生は美術を学ぶ為に学校生活を送っているのだから、その背中を押せぬ、逆に足かせにしかならぬ校則など 廃止するべきだ----と。、
現に私は、制服を改造したり そういった化粧やヘアスタイルにすることで、コンプレックスを少しだけれど軽減させられ、美術の勉強に強く打ちこむ事が出来、美術の成績は学年でトップだった。

校則1.jpg

よく、「~らしさが大事」と したり顔で語る人がいる。 高校生は高校生らしい服装や髪形をしなさい。 化粧やマニキュアなんてとんでもない、と。
しかし、ぱっと見が高校生らしいことって、そんなに重要なことなのだろうか?
重要なのは、高校生活で何をやっているかではないだろうか?
ぱっと見が重要だという人がいたら、どういう理由で仰るのだろうか?
説得力のある理由を教えていただきたいものである。
「高校生らしさ」以前に「その人らしさ」の方が、一億倍大事なのではないだろうか?
何故なら人間は誰しも、「自分」という存在があり それが成り立って、初めてその土台の上に高校生なり何なり、何らかの立場でいられるのだから。
自分という存在をつぶされてしまったら、高校生でいられないどころか、精神的に人間として生きることが出来なくなってしまうのではないか。

私は風紀委員長になるや、即刻 これらの内容を、風紀の顧問の教師に切々と訴えた。
けれど、顧問の教師は、「・・・・・・そうよねぇ・・・・・・・その通りよねぇ・・・・・・・」と 頷きながら困った顔でうつむくばかりだった。
----風紀顧問の教師はまだ若い女教師で、校則を変えられる権限を持っていなかったのである。
私は、校長に直訴しようとは考えなかった。
その女教師の言葉や表情から、それは一縷の望みもないほどに無力な行いであると悟ったからだ。

後日----
クラスの担任の中年男性教師が、私にこう吐いた。
「ぼんぼちぃー、ぼんぼちの化粧や髪形や制服改造は、職員会議でも問題になってるぞー!」
注意されたところで、私は自分のスタイルを変えようとはみぢんも思わなかった。 変えてしまうと、私が私でいることが根底から崩れてしまうからだった。
美術でトップの成績を維持できなくなるどころか、登校することすら不可能になってしまうと自分でよく解かっていた。
一体全体何故、アニメや流行歌に夢中になって たいして美術の勉強もしなく成績の良くない生徒が、身なりの校則を守っていれば何のおとがめも受けずに、醜い容姿を少しでも美しく健康的に見せる工夫をして、コンプレックス軽減でアイデンティティを確立し、他の生徒の何倍も努力をして美術の成績でトップを取っていた私が叩かれなければならなかったのか----身なりの校則の重要性が、今以ってサッパリ解からない。
校則2.jpg

nice!(178)  コメント(35) 

レンガの外壁 [写真]

写真・レンガの外壁.JPG

飲食店の入り口脇のレンガの外壁。
ノスタルジックさを強調したかったので、一旦、白黒加工し それから赤味がかったトーンをかけやした。

レンガを使った飲食店・・・・・昔はあっちにもこっちにも見かけやしたね。
あっしが小学生の頃、親に連れられてよく行っていた レンガ作りの飲食店で最も印象強いのは----
国立に在った「ヴィラ」というイタリア料理店でやす。
内壁がレンガでワインの空ボトルが飾ってあって 薄暗く重厚な雰囲気でやした。
そして、あっしと弟のお気に入りのメニューは、カルツォーネでやした。
70年代のその頃、カルツォーネを出している店はめったになく、大きな餃子の様な形が子供心に面白く、いつのまにか二人共 必ず頼むメニューになってやした。

ヴィラはいつしか閉店し、あっしも国立の街を離れ-----
15年くらい前でやしょうか、国立と同沿線の三鷹の「人形の館」というレストランに入り、そこのシェフと世間話をしたら・・・・
なんと!そのシェフはかつてヴィラの厨房にいらした方だということが判り、互いに嬉しく驚きやした。
「あの時、僕の作ったカルツォーネを 小学生の貴女が食べてくださっていたとは!」 と。

けれど、どういう理由でか、人形の館も閉店してしまい、シェフも今はどうされているのか不明でやす。
諸行無常でやすなぁ・・・・・・・


nice!(212)  コメント(47) 

マジメと不良 [独り言]

マジメと不良1.jpg

ある時 同世代の女性と話をしていて、ちょっとした流れから、「私は中学生の時、学校帰りにほぼ毎日 喫茶店に寄ってましたよ」と言った。
するとその女性は、「えーーっ! 不良ーーっ! 怖ーーい!」と おびえた表情でいっぱいになり 如何にも恐ろしいものから遠ざかる様なアクションをした。
私は当時も今も、一体全体何故、中学生が学校帰りに喫茶店に寄ることが不良行為なのか サッパリ解からない。
入ったところで、タバコをふかすわけでも ビールやジンフィズを飲るわけでもなく、ただおとなしく、コーヒーやクリームソーダを飲んだり カレーやナポリタンを頬張ったり パフェやサンデーにスプーンをのばしたりして くつろいで帰路につくだけなのに・・・・・・・と。

また別の日、やはり同世代の男性と話をしていたら、「・・・・・で、ぼんぼちさんは、中学生の時は何回くらい補導されたことがあるの? 警棒で叩かれるのって痛いよねー! 少年院には入ったことある?」と 当たり前!といった様子で聞かれた。
私が、「えぇっ! そんなこと一度もないですよっ!」と 眉を険しくして驚くと、「へぇぇー、マジメだったんだねー。 そんなマジメやってて、中学生活 楽しかった?」と さも珍しいものを見る様な目をされた。 

多くの人は自分が基準で、世の中の多数の人間は 自分と似たり寄ったりの学生生活を送ってきたと、無意識のうちに思い込んでいるのだろう。 私もその一人かも知れない。
ちなみに私は自分のことを、マジメでも不良でもなかったと自覚している。
私の定義する「マジメ」は、学生の本分である勉学に勤しむ為にに何ら関係のない 何の意味のない校則を、何一つ疑問を抱かずにキッチリ守る生徒で、「不良」は、万引きや恐喝 傷害など、世間様に迷惑をかける 法律に触れることをやらかす生徒である。
そして、マジメな生徒も不良の生徒も、学校毎に非常にムラはあるものの、統計を取ったら どちらもごくごく一握りで、多くの生徒は、かつての私の様に マジメでも不良でもなかったのではなかろうかと 思っている。
マジメと不良.jpg

nice!(204)  コメント(64) 

翼の頁 [写真]

写真・翼の本.jpg

フリーペーパーに載っていた鳥の写真の翼の部分を撮ったもの。 バックは迷わず「赤でキマリだな!」と思い、赤い紙を置きやした。

鳥の翼といえば・・・・・・・あっしは幼稚園の頃、園庭で、よく「鳥になったごっこ」をやってやした。
自分が鳥になったつもりで両腕をパタパタとやって走るんでやす。
時々、片翼が怪我した設定で、片腕だけ身体にピッタリつけて もう一方の片腕だけでパタパタやって、悲しみと辛さの中にも頑張って飛んでいる鳥を演じたりもしやした。
あとは、泥だんご作り。
みなさんは、幼稚園の園庭では、どんな遊びをされてやしたか?


タグ: 翼の写真
nice!(216)  コメント(57) 

中野桜まつりと鮎の塩焼き [独り言]

四月某日、澄み渡った青空となったので、最寄りの駅から四駅離れた中野の街に、一人 ぶらりと桜を観に出掛けた。
中野は、アーケードや飲み屋で賑わう一角の西側に、北へ延々と伸びる桜並木の通りがあり、途中、新井薬師公園という 地元の人がちょっと集まる桜の公園もあるのだ。

私は、桜並木を見上げつつそぞろ歩き、新井薬師公園へ入った。 公園には「桜まつり」と横幕が掲げられ 園内には屋台がずらりと並んでいた。
----おや! 鮎の塩焼きの屋台も出ているではないか!
私は鮎の塩焼きには目がなく、居酒屋やこういった屋台で鮎の塩焼きを見つけると、必ず求め 頬張っているのだ。
屋台では、たいてい五百円である。
が、ここのは七百円と書いてある。
----七百円かぁ、高いなぁ・・・・・・高いから今回はやめようかなぁ・・・・・・・・・・しかも、屋台のおじさんは、口をへの字に曲げてむっつりと目を閉じ 椅子にふんそり返ってて なんだか怖そうだし・・・・・・・

中野桜まつり.JPG串にうねり泳ぐ形で刺さった鮎達を横目にゆき過ぎ、屋台の列が途切れた辺りで足を止めた。
----やっぱり食べたい!!
私は鮎屋の屋台へと戻った。

鮎屋のおじさんはスマホを耳に当て、酷く不機嫌そうに何やら話をしていた。
私が鮎屋に正面向いて立つと、おじさんは人差し指を立て「一?」と示した。
私も人差し指で「一」と応えた。
おじさんは不機嫌そうに話を続けながら、スマホを持っていないほうの手で 鮎の一匹を炭の上の網に乗せ 私が差し出した千円を受け取り 三百円を私の掌に乗せた。

おじさんはスマホを置いた。
と、先までとは別人の如く満面の笑みとなり、「今日は花見に来たの?」「どこから来たの?」「あー、あっちのほうなら井の頭公園が近いよねー」などと、鮎を丁寧に何度も裏返しながら話かけてきた。
私も笑顔で話に応じた。
「くれぐれも食べる時、やけどしないでねー! 気をつけてねー!」
串の端の部分をティッシュで丹念に包んで 絶妙に焦げ目のついた鮎を「ハイッ!」と手渡してくれた。

私は公園内で座って食べられる場所を探した。
ベンチもあったが、園内にはお年寄りがたくさんいたので、背もたれのあるベンチはお年寄りのために空けておこう と、花壇の縁のコンクリートの上に腰掛けた。

私が鮎をかじっていると、私の両側に 園内をぶらぶら歩いていたお年寄りが、一人・・・また一人と座り、花壇の縁はお年寄り達でびっしりになった。
首からネームプレートを下げた介護師さんらしき中年の男性に押された車椅子のお年寄りも、わらわらと花壇の縁付近に集まってきた。
お年寄りは全部で二十人くらいいた。
私はいつの間にやら、お年寄り達の輪の中にぽつねんと居る形となった。
「○○さんーん! 写真、撮ってもらいましたかー!」
「△△さんも、写真、撮ってもらいましたかー!」
「これで、全員 撮りましたねー!」
介護師さんは、お年寄り達に声を飛ばした。
「では みなさんに、これからおしぼりとお茶を配りまーす!」
私より左側の端に腰掛けているお年寄りから順に、「はい!××さん、おしぼり!」「はい!◎◎さん、おしぼり!」、私を抜かして「はい!◇◇さん、おしぼり!」・・・・・・
紙おしぼりがお年寄り全員に配られ渡ると、今度は、紙コップに注がれた緑茶が用意された。
「はい!××さん、お茶!」「はい!◎◎さん、お茶!」、私を抜かして「はい!◇◇さん、お茶!」・・・・・・
ベンチは空いたままだったのでベンチに移動しようか・・・・・とも考えたが、今 移動すると、いかにもお年寄り達が来たことが迷惑だと思っていると受け取られても悪いな と思ったので、そのままコンクリートに座って 鮎をかじり続けていた。

「それ、おいくらでしたか?」
私の右隣に腰掛けていた 上下青のジャージの痩せこけたおじいさんが、私の鮎を指差した。
「七百円です」
中野桜まつり1.JPG「そりゃあ高い! ワタシにはとても買えない! とてもとても」
顔の前で 縦にした掌を左右に振り 笑った。
「あらぁ! お魚も売ってるのぉ?!」
そのまた右隣の、くしゃっと寸の詰まった しわくちゃの顔のおばあさんが、ひょいと顔を出した。
「鮎ですよ、そこで売ってますよ」
屋台のほうを指した。
「あらぁ~ そう! 美味しそうだこと!」
ますます顔をくしゃっとさせた。
「鮎、売ってるのね」
今度は左から声が聞こえた。
薄紫色のスプリングコートをまとい 白髪をポニーテールにした 若い頃はさぞかし美人だったろうと思われるおばあさんだった。
「アタシはね、相模川から四里の所に昔 住んでましてね、その頃 相模川では鮎がよく釣れたのよ。 釣り人が季節になるとたくさん来て、ここまで(腰の辺りに手をやり)水に浸かって釣ってたの。 でもね、アタシ達 地元の者は、鮎が減っちゃうといけないからっていうんで、他所から来る釣り人にゆずってあげて釣らなかったのよ・・・・・・」
私は、柔らかな陽を浴びながら 情景を思い浮かべた。

鮎を食べ了え、新井薬師公園を出、再び桜の通りを北へ歩いた。
今日の七百円の鮎は、七百円の値打ちがあったな・・・・・と思いつつ・・・・・・・


nice!(233)  コメント(68) 

道路の端の黄色と水色

写真・黄色と水色.JPG

道路の端で発見した 水道の蛇口が入っていると思われる水色のフタと その上に乗っかっている段差をなだらかにする為の黄色い金属板。
両者の色が鮮やかだったことと フタの見え方が絶妙だったために、これは作品になるぞ!と判断し、撮り帰りやした。

この写真、なんだか平面構成みたいだなぁ・・・・と感じてやす。
平面構成・・・・・・・美術関係の勉強や仕事に携わったことのないかたはご存じないと思うので、簡単に説明すると-----
その時々で与えられた条件を守りながら ケント紙にデザイナースカラーで色を塗る デザインの基礎勉強の一つでやす。
例えば、丸を二つと直線を三本使って 色は5色で無彩色はNG、以上の条件で構成すること----などと。
あっしは、70年代、中学高校と美術学校の学生だったので、ケント紙にデザイナースカラーの平面構成の勉強をさんざんやりやしたが、現在はデザイナーさんの仕事がパソコンを使っての仕事にすっかりかわっているので、学校の平面構成の勉強も、パソコン使用になっているのかな?と、ちょっと気になってやす。

nice!(220)  コメント(45) 

Tさんの脳梗塞発病記 [リポート]

私にはTさんという友人がいる。
彼は、私より少し年長の60才。 糖尿病の持病を持っている。
Tさんとは5年ほど前に 某所で開かれた徘句のイベントで知り合い、共に 過去に映画の勉強をしていたという共通点があることが判り、意気投合し、今では一番の親友と言えるほどにひんぱんに逢っては 映画談議に花を咲かせている。

先日の春分の日----
いつものように、高円寺の駅から10分ほど歩いた所に在る 昔ながらの喫茶店Bで待ち合わせ、ひとしきり話した後、駅近くのカフェYで飲もう(といってもTさんはソフトドリンクだが)と約束した。
待ち合わせの時間は3時だったが、2時半くらいにTさんから、「高円寺駅ホームのベンチに座ってます」とのメールが来た。
私は家を早めに出ており 2時半少し過ぎに高円寺駅に着いたので、ベンチを探し Tさんを見つけた。
Tさんは胸に手を当て苦しそうに、「先、Bに行って待ってて。後から行くから。 低血糖か脳梗塞のどっちかかも知れない」と つぶやいた。
「えっ!?脳梗塞かも知れないんですか? 大丈夫ですか?」と驚くと、「いや、まだどっちか判らないから、先 行って待ってて」と 掌を向けた。
私は、Tさんにうながされるままに Bに向かった。

Tさんは、数日前に一緒に出掛けた時にも低血糖を起こし、近くのカフェでココアを飲んだらみるみる回復し、夜には蕎麦屋で、たらふく 蕗の薹の天ぷらやキンピラやポテトサラダやきしめんを食べられていたので、今日もBに来て甘い物を摂れば良くなるかな・・・・と思った。
しかし、「脳梗塞かも・・・・・」という言葉には引っかかった。 そうでなければ良いのだが・・・・・・と。

Bでコーヒーを飲み終えた頃、Tさんからメールが来た。
「Bまでは歩けません。 Yに直接行ってます」
カフェYは、高円寺駅から 徒歩2分の場所に在る。

脳梗塞2.jpg
私はBを出、Yへと足早に歩いた。
Yに着くと、Tさんは椅子に直角に座っていた。 テーブルのコーヒーは飲み干されていた。
「大丈夫ですか?!」
「ちょっと・・・・様子をみてみる」
Tさんの口はロレツがまわっていなかった。
Tさんは、コーヒー用の砂糖の塊を一つ口に含んだ。 低血糖だったら これで良くなるだろうと考えているようだった。
「大丈夫ですか?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・右足が・・・・・・・・右足が動かない・・・・・」
ますますロレツのまわらない口調で発した。
「えっ!? 救急車 呼んだほうがいいですよ!」
これは脳梗塞だろうと思った。
「いや・・・・・もうちょっと、様子をみてみる・・・・・・・良くなるかも知れないから・・・・・・・」
「救急車、呼びましょうよ!」
「店に迷惑がかかるから・・・・・」
「だって、足が動かなかったら帰れないでしょ!」
「店に迷惑がかからないように 静かに・・・・・」
「救急車なんだから、ピーポピーポって来ますよ」
Tさんは、ますますロレツがまわらなくなってきていた。
「・・・・・・・・・・・・・・・・あ、右手も動かなくなってきた・・・・・・・」
私は、脳梗塞に間違いないと判断し、救急車を呼ぶことにした。
「Tさんっ!救急車 呼びますよっ!・・・・・Hさん(カフェYのマスターの名) 救急車 呼んでいただけますか?! Tさんが脳梗塞みたいなんです」
カウンターの中のマスターに声を飛ばすと、マスターは嫌な顔一つせず 瞬時に119をしてくれた。

Tさんは私に、かかりつけの病院の診察券を 動くほうの左手で渡してくれた。
5分も経たないうちに ピーポピーポの音が近づいてきた。
途中、店の場所を確認するらしい折り返しの電話があり、ピーポの音が大きくなってきた。
Yはビルの一階に在り、マスターと私は「ここです!」と判るように 並んで店から一歩出て片手をあげ、救急車の到着を待った。
脳梗塞2.jpg

救急車が店の入り口前に停められるや、救急隊員のかたがたが店の中に入ってきた。 車の付いた担架も、すっと入ってきた。
「こちらです」 
私は片手掌でTさんを示し、もう片手でTさんの診察券を隊員さんの一人に手渡した。
「ご関係は?」
その隊員さんが私に向いた。
「友人です」
間髪置かずに答えた。
そして、「ロレツがまわらなくなって、それから左足が・・・・じゃなくて右足が・・・・」
状態を説明しようとしたが、焦ってしどろもどろになってしまっていると、隊員さんは、「ご本人に聞きますので」と、先ずTさんを担架に乗せた。
「私も一緒に乗るんでしょうか?」
「はい、お願いします」
私はYのマスターにお礼を言い、Tさんのリュックを抱え救急車に乗り込んだ。

Tさんはすでに左人差し指に血圧計を挟まれ、担架に固定されていた。
上方の血圧表示の横にある無機質な黒文字の時計が、ちょうど5時を指していた。
隊員さんの一人がTさんに、「舌がまわりづらくなってきた自覚症状を感じ始めたのは いつくらいからですか?」と質問すると、Tさんは、「昨日の夜から」。
私は心の中で、「えっ!? そんなに早くから!!」と驚愕すると同時に、高円寺駅のホームの段階で Tさんの意思に反して駅員さんを通して救急車を呼べばよかった・・・・と強く悔やんだ。
隊員さんはTさんに、「今日は何月何日ですか?」「生年月日は?」「既往症は?」「昨夜から今までの身体の状態は?」と尋ね、Tさんは、ロレツこそまわっていなかったが、間なく考えこむことなく答えていた。
その後の「高円寺にはお仕事で来られたんですか?」の質問には、「いいえ」と言った後に 何故だか「んふふ~」と 口角をあげて笑っていた。
私の横に座った先とは別の隊員さんが、「ご関係は?」と こちらに顔を向けた。
「友人です」
「・・・・・・・・では、ここにお名前を・・・・」と、間柄の欄に隊員さんの手で「友人」と書かれた書類を渡された。
「はいっ!」
「フルネームでお願いします」
「名前だけでいいですか?」
「はい、結構です」

Yの営業の邪魔になってはいけないという理由から 救急車はYから少し離れた道の傍に停められ、前方に座っている隊員さんが電話で、搬送先の病院の交渉にかかった。 「脳卒中・・・・・男性・・・・・・60才・・・・・」
Tさんのかかりつけの病院は高円寺からかなり遠くに在るため、極力 近くで受け入れてくれる病院を探すとのことだった。

「江古田の病院に行きます」
江古田は、高円寺から北東に位置する別沿線の街で、おそらく15分から20分くらいで着くだろうと思った。
「救急車、乗るの初めて?」
Tさんは、私に目を向けた。
「うん、初めて」
「僕、4度目」
血圧計の付いた指で四と掲げ トホホ・・・・と笑った。
私は救急車というものが 想像以上にかなりガタゴト揺れるということを初めて知った。
救急車は北東へ北東へと進んだ。
脳梗塞2.jpg
約、15分後----
救急車は、大きな病院であるらしき建物の脇に横付けされるや、前方に乗っていた隊員さんがすかさず降り 後方にまわり、後ろの扉を押し上げた。
「お気をつけてお降りください」
私はリュックを抱え 駆け降りた。
Tさんの担架は、救急搬送用らしき扉にスーーッと入れられ、隊員さんの一人が「付き添いのかたはこちらへ」と 正面入り口へと誘導した。
私は小走りで入った。

正面受付で「たった今 搬送されたTの友人です」と申し出ると、書類に Tさんの氏名と電話番号を書くように言われた。
書き終え顔をあげると、誘導してくれた隊員さんが脇で待っており、「付き添いのかたはこちらへ」と、救急患者付き添い者用であるらしいソファに案内された。 病院内は、祝日のためであろう、がらんとしていた。

先の隊員さんが再び来て、「これから検査に入りますのでお待ちください」と仰った。
「おおよそどのくらい時間がかかりますか?」と尋ねると
「解かりません。 お帰りでしたら(Tさんの)お荷物をお預かりします」
「いえ、待ってます」
私はどれほど時間がかかろうとも 待っておらずにはいられなかった。

脳梗塞2.jpg
2時間ほど経った頃だろうか----
引き継がれたのであろう 今度は看護師さんが、「Tさんの付き添いのかた!」と呼び、看護師さんについて行くと、車の付いているベッドに寝かされているTさんがいた。
Tさんはそれまでの服ではなく、胸から下をガーゼのような布で包まれ点滴をされていた。 顔には血の気がなかった。
私はぜんぜん大丈夫ではないのは判っていたのに、「大丈夫?」という言葉しか出なかった。
Tさんは、「あぁ」といった様子で 私の顔を認めた。

Tさんのベッドはエレベーターを使って、あんのじょう高度治療室に運ばれて行った。
看護師さんのベッドを動かす速度や落ち着きはらった態度から 命に別状はないだろうとは予測したが、頭の片隅で「このままTさんが死んでしまったらどうしよう・・・・」との不安も僅かばかりよぎった。
帰り際に、高度治療室の受付窓口で、ダメ元で「今の病状を教えていただけますか?」と頼んだが、やはり、「申し訳ありません。 お身内のかた以外には何もお教えできません。面会もできません」とのことだった。
廊下に貼られている「院内地図」により、ここがSという病院であると この時知った。

タクシーと電車を乗り継ぎ 高円寺まで戻り、Yにお礼と報告かたがた寄った。
と、Tさんからメールが入った。
「やっぱり、脳梗塞と診断されました」-----と。
Y店内の小洒落た白い時計は、ほぼ8時を指していた。

脳梗塞1.jpg

nice!(235)  コメント(79) 

豹柄のカーディガンのセルフポートレート [写真]

ぼんぼちぼちぼち・豹柄.JPG

お気に入りの豹柄のカーディガンを着たセルフポートレートでやす。
セルフポートレートとカッチョよく書いてしまいやしたが、ようはスマホの自撮りでやす。
イマドキの流行りの自撮り法は嫌いで 極力客観的に撮りたかったので、あえてセルフポートレートと書きやした。

「豹柄」のイメージを意識して 挑戦的な強気目線のショットも撮ってみたのでやすが、どうも自分らしくなく感じられたために、そちらはボツにしやした。
人と話をしていると いろんな感情になって、挑戦的な強気目線になっていることもあるとは思うのでやすが、やはりセルフポートレートは、「自分が観て自分らしさが出ていること」も大事な要素の一つだと考えるので、こちらを決定にしやした。
セルフポートレートも奥が深いかも・・・・と気づき始めた 今回の撮りでやした。


nice!(236)  コメント(63) 

虐待する親の心理 [独り言]

ここのところ一記事おきに 私や弟が虐待された過去を綴ってきましたが、今回は、「何故、母親は 自分の産んだ子供でありながらも虐待していたのか」を、虐待された側から 少し客観的に 分析・考察しようと思います。
----なお、これは私の母親一人を 観察・分析した末の私なりの答えであり、多数の統計をとった結果ではありません。
けれど、私のこの考察が、「一体 何故?」と首を傾げているかたや 行政の虐待防止対策担当のかたの参考に少しでもなれば・・・・・と思います。

何故、実の子を虐待するのか----?
端的に一言で言い切ると、「常軌を逸してエゴイズムが強いから」 です。
常軌を逸してエゴイズムの強い人間というのは、まともに考えると200%本人が悪いに決まっていることを、呆れ返るようなおかしな理屈をつけて、周囲の人間が悪くてその為に自分がこうなった、自分は被害者だ、と考えます。
例えば----
盗み癖の治せない人は、「充分な給料をくれない会社が悪いから 自分が盗みをしなければならない心に追い込まれた」とか 「盗まれても仕方のないような陳列をしていて 盗みをしたくなるような気持ちをあおりたてた店が悪い」などと。

実子を虐待する母親の心理構造も同じです。
「産みたくもないのに勝手に産まれてきやがった。(本当は、恋人でもなかった父と だらしのない快楽の末の妊娠をきっかけに 父を一人占めする手段として勝手に一人で産んだ) この子が産まれた為に 自分はそれまでのように遊びまわれなくなり 女としての肉体の魅力も激減してしまった。 だから、こんな状態にした子供が悪い。 この子が加害者で自分は被害者だ。 よって、被害者は加害者を苦しめる必要がある。 自分にこんなに苦しい思いをさせておいて 加害者が幸せになるなんて許せない。 被害者は加害者を 売ろうが殺そうが自由な権利がある」 という理屈です。
つまり、自分が産んだからこそ よけいに憎いのです。

ぎゃくたい.JPG

常識のある人が聞くと、「何おかしな理屈こねてるんだ?」と 開いた口がふさがらない理不尽な理屈ですが、言っている本人は いたって真剣なのです。 世間や法律のほうが間違っていると言い張りゆずらないのです。
----そう、常軌を逸してエゴイズムの強い人間というのは、精神が「まともな大人」ではないのです。
本来なら、社会の中に野放しにされていてはいけないのです。

かりに、やらかすことが先に挙げた「盗み」のような類のものであれば、すぐに社会から隔離された環境におかれます。
しかし、実子の虐待というのは、家庭という閉ざされた空間の中で行われ、みなさんもご存じの通り、親の子に対する虐待が表面化してきたのは ほんのごく最近のことで、私(1962年生まれ)の子供の頃は「スパルタ教育」という隠れ蓑の元に やりたい放題でした。

子供の側も、中学生くらいになれば疑問を感じてきますが、小学生くらいまでのまだ小さい頃は、世の中を俯瞰などできる筈もなく、「自分の家庭が当たり前で親の発言が正しい」と 刷り込まれてしまうのです。
虐待されずに育ったみなさんの中にも、小学生くらいまでは、親が、「ウチは普通だ」と言っていた為に、「何もかも自分の家庭が普通だ」 と思っていたかた、少なくないのではないでしょうか?

それと同じように、虐待されている子供も、「親の言っている・やっていることが正しくて 悪いのは自分だ」と思ってしまうのです。
だから、どれほど辛くとも 殺されかけようとも、親戚や児童相談所に逃げ込もう という発想はつゆ起こらないのです。
そういった理由もあり、常軌を逸したエゴイズムの強い人間のやらかすことが実子の虐待である場合は、今でも表面化しずらいのです。

この時点で 多くのみなさんは、「なんでまた常軌を逸したエゴイズムの強い人間というのが出現してしまうのだろう? そういう人間は、どういう生まれ育ちをしたのだろう?」と 不思議に思われているのではないかと察します。
----あくまで、私の母親の場合ですが・・・・
母親は、7人だか8人兄弟の末っ子で、何でも特別扱いで わがままし放題に甘やかされて育ったそうです。
それで、幼児の状態で精神の成長が止まり、そのまま年だけ取ってしまったものと思われます。

ぎゃくたい1.JPG

通常は成長をしてゆく過程で、自分が我慢しなければならない忍耐力や 相手を思いやる感情を学習し、社会に適応してゆきます。
しかし、常軌を逸してエゴイズムの強い人間というのは、精神レベルが幼児のままですから、周囲の都合や気持ちなど何一つとして考えずに、幼児さながらに 泣きわめいたり癇癪を起したりし、最も身近にいる弱者(子供)を サンドバックがわりに殴りつけ 負のエネルギーを発散させます。
まるで幼児と同じで、自己抑制がきかなくなってしまうのです。

あまりの大きな負のエネルギーの為に、手指の関節は硬直して曲らなくなり 膝もつっぱって曲がらなくなり  目は釣り上り充血し 奇声を発し 自分の気持ちがスッキリするまで---およそ2時間くらい---子供を殴り続けます。
そして知能は低いわけではないので、自分を都合よく正当化する理由づけが、思考回路の中でできあがってしまうのです。
だから、「産みたくもないのに云々・・・・」というおかしな理屈は、本人は気づいていないけれど、後付けの理屈なのです。
末っ子でわがまま放題に育てられた人が全員 こういう人間になるとは限らないのでしょうけれど、私の解かる範囲で 母親に関して思い当たる理由はこんなところです。

常軌を逸してエゴイズムの強い人間は、つまりは自分が幼児で自分の面倒すら見られないのですから、子供の面倒を見られるわけがありません。
そういう人間に対しては いくら「子供さんを可愛がってあげましょう!」「子供を虐待してはいけません!」などと声掛けしたところで 焼け石に水なのです。
子供と引き離して生活させるのが 最良の手段なのです。

以上、「何故、母親は実子を虐待するのか」を 私の母親のケースで分析・考察しましたが、質問・疑問をお持ちのかたいらっしゃいましたら、お答えできる限りお答えします。
この記事が、世の中から 虐待される子供が一人でも減るきっかけの一つになってくれたら幸いです。
ぎゃくたい2.JPG

nice!(230)  コメント(38) 

春キャベツ [写真]

写真・春キャベツ.JPG

みなさんが様々な春の花の写真を公開されているので、あっしも何か春らしい一枚を撮ってみたくなりやした。
で、あっしは街なかばかりをうろうろしているために、こんなものが目に留まりやした。
八百屋の店頭にころがっていた春キャベツでやす。
白黒のハイコントラストで、ドキュメンタリータッチに仕上げてみやした。
売れて一個分 空間になっているところが、変化がついてくれて画になるな と思いやした。

キャベツ・・・・・昔は買うと よく青虫が中から出てきやしたね。
現在ではまず そういうことはないでやすね。
あっしは極端な自然派志向提唱者ではないんでやすが、「別にキャベツから青虫出てきたっていいじゃない。 他の野菜だって虫喰いでいいじゃない。 それより農薬少なくしてくれるほうが安心して食べることが出来るよ」と思ってしまいやす。
みなさんは どうお考えでやすか?


nice!(207)  コメント(64) 
前の10件 | -