So-net無料ブログ作成

たくわんとぬか漬け [独り言]

漬物.jpg

小学一年か二年の時、地域のイベントで しるこが出てきた。
私がおぼつかない箸で餅をつまんでいると、係のおばさんが声を掛けてきた。
「一つ どお?」
両手に盆をささげ、盆には 真っ黄色くて長い筒状が輪切りになったものがずらりと並んでいた。
「・・・・・・・・・・・・」
私が無言でいると、おばさんは、「あら、いらないのね」と笑顔をひとつ作り 行ってしまった。
どうもこうも、私にはその黄色いものが何だったのか 解からなかったのである。
どんな食べ物かが 解からなかったのではない。
その黄色い物体が、食べ物であるということからして 解からなかったのだ。
だから、しるこを食べている途中で、このおばさんは、何故 唐突にこんな奇妙な物体を脈絡もなく差し出したのかと 頭の中が???でいっぱいになったのだった。
それが食べ物で、大根を黄色く染めて漬けた「たくわん」という漬物だと知ったのは、三十歳近くになってからだった。
ちょっと機会があった折りに 試しに箸を伸ばしてみたが、特別美味しいとも不味いとも感じなかった。

ぬか漬けも、三十歳近くになるまで 何だか解らなかった。
流石に、八百屋やスーパーの食料品売り場にあり、きゅうりや人参や蕪と思われるものが見え隠れしているから、それらの野菜を使った食べ物であることは察しがついたが。
けれど、それをおおっている黄土色の泥のようなものの正体が不明だった。
いつも売られている前を通る度に、「この泥みたいなもの なんだろー?」と、首を傾げていた。
何をきっかけに、それが「ぬか漬け」という漬物であるかを認識したのか 記憶は定かではないが、ぬかに野菜を漬ける ということに驚いた。
そして、それから何年も後になって、ぬかは洗い落して食べるのだという事を知った。
これも機会をみつけて食べてみたが、別段 感激も落胆もなかった。

私はよく、「こんな常識的なことを知らない人がいるのか!」と、人の事を嘲笑するが、自分をかえりみると決して他人を笑えない。
恥ずかしい限りである。
漬物.jpg

nice!(296)  コメント(51) 
共通テーマ:映画

網のような外壁 [写真]

写真・網のような外壁.jpg

古いビルの外壁に施された 網のような意匠。
単に視覚的な面白さを追求して作られたもので、実用性はまったくないと思われやす。
こういう意匠は好きなので、迷わず撮り収め、ネガ加工にしてみやした。
抽象画のような雰囲気を感じていただければ と思いやす。

このように、古い建物には非実用的な「遊び」が多く見られやすね。
見ていてとても楽しく、又同時に 創り手の情熱も感じやす。
でも最近の建物には、なかなか見られなくなってしまいやしたね。
あらゆる観点から余裕がなくなってしまった時代になったからなのでやしょうね。
残念なことでやす。

タグ:建築 外壁
nice!(295)  コメント(30) 
共通テーマ:映画

ぼんぼち好きな小説十選 [独り言]

小説1.JPG

○「早く昔になればいい」   久世光彦
 
 世間的にはテレビプロデューサーの仕事がよく知られていた久世氏ですが、優れた小説も幾多遺しています。
 思春期に出逢った美しい狂女しーちゃんとの甘く切ない記憶を再構築した 色彩美溢れる達作。


○「家畜人ヤプー」   沼正三

 SFの世界を舞台に究極のSMが怒涛の如く展開される大長編。
 一見、奇をてらっただけの変態小説のように思われますが、核にあるものは奥深く、哲学以外の何ものでもありません。


○「片腕」   川端康成

 ある夜、女が片腕を貸してくれ、主人公が片腕となまめかしい一夜を共にする 抽象小説。
 肩や指の細かな描写は、流石川端氏。
 私は川端作品では、この作品が最も高評されるべきだと思っています。


○「眠れる美女」   川端康成

 薬で眠らされている生娘と添い寝をさせてくれる秘密の館へ通う老人の内に、若かった頃の女との対話が去来します。
 実は三島由紀夫氏が川端の名で書いたのではないかとの噂のある 晩年に発表された異色作。
 私も他の川端作品と読み比べ、三島説を信じている一人です。


○「痴人の愛」   谷崎潤一郎

 これぞ谷崎氏の真骨頂と言える 谷崎氏のマゾヒストぶりがこれでもかと押し出された長編作品。
 肉体美溢れる淫らなナオミとのSM関係が、どぎつく下品な色彩とともに迫りきます。


○「人間そっくり」   安部公房

 私は安部作品では、ダントツ一番に、この作品を評価します。
 ある日、ラジオドラマ作家のもとに「自分は火星人だ」と名乗る 一見何の変哲もない男がやって来て、「火星人でないと思うのなら その証明をしてみろ」と、数学の証明問題さながらに理詰めで迫り、ラジオドラマ作家は証明しきれずに精神に異常をきたすというシノプシス。
 理論的な安部氏らしく、登場人物二人の理論争が、ぐるぐるねっとりと見事に描かれています。


○「変身」   カフカ

 お馴染みカフカの代表作。
 ある朝、突然 甲虫に姿が変わってしまった真面目な男が、家族からうとまれ孤独に死んでゆくまでを描いた 世界的名作。
 一見 荒唐無稽の作品のように思われますが、姿が変わり果て家族を養えなくなった者誰もが遭遇する可能性のある リアリズムなテーマです。


○「エロ事師たち」   野坂昭如

 野坂氏の代表作の一つ。
 エロに関する裏稼業なら何でも引き受ける男の生き様が、野坂氏特有のおかしさと哀しさ溢れる文体で以って 次から次へと綴られています。
一気呵成に読み了える事必至の、猥褻であり芸術でもある大傑作。


○「赤目四十八瀧心中未遂」   車谷長吉

 朝鮮人美女アヤちゃんの魅力にとりつかれ、追い詰められたアヤちゃんとの心中を夢想するも果たさずに了る車谷氏の私小説。
 四十八瀧に向かう電車の中での「私の心の内の描写」は圧巻です。
 車谷氏はこの作品で直木賞を受賞し、氏の代表作となりました。
 私もこの作品が、氏の中で最も優れていると思います。


○「蝿」   横光利一

 この作品と出逢った時の衝撃は忘れられません。 小説をここまでシナリオめいて書くことが許されるのか!と。
 様々な事情を抱えた客を乗せた馬車が、まんじゅうで腹いっぱいになった馭者の居眠りによって 谷底へ転落し、馬にとまっていた一匹の蝿だけが助かる というシノプシス。
 まんじゅうは女性器(性欲)の暗喩であると 解釈しています。

小説.JPG

nice!(295)  コメント(58) 
共通テーマ:映画

チンタオビール [写真]

写真・チンタオビール.jpg

チンタオビールの空き瓶を撮り ネガ加工したら、こんな風になりやした。
綺麗な色なので 公開したいと思いやす。

みなさん、チンタオビールお好きでやすか?
あっしは大好きで、鼻に抜ける華やかな香りが何ともいえない魅力と感じ、中華屋さんに行くとしばしば頼んでやす。
日本のビールも飲まないわけではないのでやすが、どうも香りの低い銘柄が多くて ちと不服でやす。
アルコールの大きな魅力の要因の一つは香りだと考えているので、そこのところ、作る側はきちんと考慮していただきたいものでやす。


nice!(296)  コメント(34) 
共通テーマ:映画

蕎麦屋にて [独り言]

写真・ざる.jpg

そこは、極めて大衆的な蕎麦屋だった。
だだっ広い座敷スペースには長テーブルが並べられ、あちこちにセルフサービスとしての番茶の入ったポットと湯呑茶碗が山と伏せられていた。
こぼしたら自分で拭いてくださいねと言わんばかりに ふきんがあちこちに置かれていた。
大学生の集団が、サワーをあおり大声をはりあげ、調子に乗って走り回る者もいた。
そんな蕎麦屋であった。

・・・・・・・ポン!ポン!
ざわめきの中に、かすかに手を打つ音が聞こえた。
ポン!ポン!
見ると、初老の男性三人組である。
ポン!ポン!
「来ないねぇ」
中の一人の男性が不服そうに吐いた。
どうやらポン!ポン!で以って 従業員を呼んでいるらしいのだった。
ポン!ポン!
「まったく来ないねぇ、お姐さん」 「だねぇ」

果たして聞こえたとしても、この格の店でポン!ポン!が何を意味するか解かる従業員がいるだろうか?
ここは、拘りの手打ち蕎麦の名店でもないし 蕎麦懐石の店でもない。
どんな蕎麦屋かは一目瞭然だろうに。
郷に入れば郷に従えという言葉もあるではないか!
・・・・・・・・ポン!ポン!・・・・・・・・ポン!ポン!・・・・・・・・・・・ポン!ポン!・・・・・・・・

写真・ざる.jpg

nice!(323)  コメント(41) 
共通テーマ:映画

ダーツバーの入り口 [写真]

写真・ダーツの的.JPG

ダーツバーと思われる店の入り口。
こんなふうに切り取って白黒加工にしたら、なんだか外国の風景のような感じになりやした。
実際は新宿の近くの とても庶民的な商店街の一隅でやす。

この写真、撮ろうという段階から白黒加工に決めてやした。
で、結果はまぁまぁ予想通りではあったんでやすが、欲を言えば、もっとザラザラっとした粗い質感になってほしかったな・・・・と。
そうしたら、モチーフとイメージがピタッと合ったな・・・・・と。


nice!(302)  コメント(38) 
共通テーマ:映画

左手が冷たいよ [台詞]

「・・・・・・ひゃあっ! 左手が冷たい!・・・・・・・・・・・・・!水がびしゃびしゃかかってる。 蛇口、出しっぱなしじゃん。 じょぼじょぼ水出てるじゃん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でもここ窓際だよ。 窓から蛇口が出てるよ。・・・・・・・・・・・・冷たいなぁ・・・・・・・・・・・・あれ、私がいるの布団の中だよ。 布団が濡れちゃうよ。 うわぁ、どうしよう・・・・・・・・それにしても左手冷たいなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ、蛇口が消えた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・朝だ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はぁ・・・・・・窓ガラスに左手ついて寝てたのか・・・・・」

左手.jpg

nice!(317)  コメント(46) 
共通テーマ:映画

色とりどりのビー玉 [写真]

写真・たくさんのビー玉.jpg

色とりどりのたくさんのビー玉。
何年か前のアートアクアリウムの金魚鉢の土台の部分を撮ったものでやす。
加工は殆どしてやせん。多少コントラストを強くしたくらいかな。

ビー玉、寒色系や透明だといかにも夏な感じでやすが、こういった色合いだと いつの季節に飾ってもサマになりやすね。
ちなみにあっしんちの玄関脇も、いろとりどりのビー玉をグラスに入れて飾ってありやす。



タグ:画像 ビー玉
nice!(303)  コメント(49) 
共通テーマ:映画

ダイエットとリバウンド [独り言]

みなさんは、ダイエットの経験はおありですか?
私は、中学三年の時 試みたことがあります。
身体は普通サイズだったのに 顔だけがおすもうさんのように太っていて、それが嫌で嫌で仕方がなかったので、ある時一念発起して 三食ともドレッシングをつけないサラダだけを食べることにしました。
元の体重は、44㎏でした。(身長は152㎝)
一ヶ月半で5キロ減り、39㎏になりました。
身体はガリガリのゴツゴツになりましたが、顔は少しも細くなりませんでした。
かんじんの顔は痩せないしサラダだけを食べ続けるのは精神的に限界だったので、止めて、食べたい物を食べ始めました。
すると三週間後には、52㎏になってしまいました。
つまり、13㎏リバウンドしたわけです。
顔は以前より太り、縦の長さより横幅のほうがあるのではないか というほどになってしまいました。
-----後、顔が痩せて人並みに小さくなったのは、40歳くらいになってからでした。

最近、「ダイエットでこんなに痩せました」という広告を よく目にします。
見違えるほど見事に別人のように変わっています。
しかし、それらの人は、その後 リバウンドしていないのか、気になります。

サラダ.jpg

nice!(297)  コメント(64) 
共通テーマ:映画

ビスケットの缶 [写真]

写真・ビスケットの缶.jpg

輸入物のお洒落なビスケットの缶がウィンドウ越しにびっしり並んでいたので、美しさと面白味を感じ 思わず撮りやした。

バレンタインが終わり もうすぐホワイトデーでやすね。
何を贈ろうか頭を悩ませている男性諸氏も少なくないのではないでやしょうか。
義理の場合、あまり大そうなものや形に残るものよりも、このようなちょっとしたお菓子が最も無難かも知れやせんね。


nice!(321)  コメント(49) 
共通テーマ:映画