So-net無料ブログ作成
検索選択

履き古したブーツ [写真]

履き古したブーツ.JPG


あっしは身につける物に対する愛が人一倍深くて、心底気に入った物でなければ決して購入せず、いざ購入すると、何年間も愛して愛して愛しぬきやす。
このブーツもそういう物達の中の一つ。
15年くらい前に、吉祥寺の古着屋さんで出逢ったものでやす。
くしゅくしゅっとしたルージィーな所と微かにウエスタンの匂いのする小さなビスが気に入りやした。
踵や爪先の修理を重ねて履き続けてきやしたが、今冬 親指の付け根にあたる部分に穴が開いてしまい、これ以上愛用することは不可能となってしまいやした。
もっともっと長く愛したかったのでやすが、このブーツとはこれでお別れでやす。

最期に記念写真を撮ることにしやした。
撮ろうと思いたった時は、巨匠・森山大道のまねっこっぽく アスファルトに並べて置いて白黒加工にしよう と考えていたのでやすが、手入れをしていない庭の枯れ草を観ていたら オリジナルのイメージが膨らみ、結果、こんな感じに仕上げやした。

約15年の間、あっしと人生を共に歩んでくれたブーツ。
キミのおかげで、あっしの気持ちは豊かに満たされやした。
ほんとうに ありがとう。
そして、さようなら。


※次回の記事にて、オフ会会場までの道順をご案内しやす。

タグ:写真 ブーツ
nice!(295)  コメント(60)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

人を信用することについての常識 [独り言]

もう二十年以上も前のことであるが----
ちょっとした接点があり、レストラン喫茶を経営するという女性と話をする機会があった。
彼女は、一目でお嬢様育ちと判る 四十代の品のいいかただった。
他愛のない世間話から互いの仕事の話・・・・・話好きのかたらしく、次から次へと話題は展開した。
するうち彼女は、店舗経営についてある悩みがあるので聞いてほしいと 姿勢を低く構え前のめりになり、これまでとは違うトーンで 以下の内容のことを発した。
レストラン喫茶1.jpg

「私は、アルバイトの人を入れると 初日からレジのお金や店の鍵を預けているのですが、 今までに 売上金を持ってゆかれてドロンされたり 正社員として雇っている店長の財布が盗まれてしまったことが四回もあります。 困っています。どうしたらいいでしょう?」----と。
私は呆れつつ、「そりゃあ、入った初日のバイトに売上金や鍵は預けないほうがいいでしょぅ!」
髪入れずに声をあげた。
すると彼女は、「いいえっ! 私はアルバイトに 初日から売上金や鍵を預け続けますっ!」
キッパリキリリと言いさえぎった。
まるで、「私は正義を貫きますっ! 間違った考えには決してなびきませんっ!」 と、自分の正しさを主張しているような言い方と表情だった。
それは違うのになぁと 内心首を傾げずにはおれなかったが、彼女がそこまで貫きたい行いなら貫けばいいと思った。
同時に、これからどうするかも既に堅く決めているなら、聞いてほしいも何もないだろう、好きにすればいいじゃないか、とも。

私は勿論、アルバイトという立場の者が皆 信用ならぬと言っているのではない。
バイトであろうと正社員であろうと幹部であろうと、悪事を働く人間は働く。
どういった立場の者であれ、世の中には まっとうな人間と隙あらばと悪さをする者とがいるのである。
それを見極める大きな基準の一つに 「時間」というものがあると思うのだ。
見抜けずに悲惨な結果を招いてしまう例も一部にはあるが、大抵は、ある程度の時を共にしていると おのずとそれは見えてくる。
職場に限らず、人間が信頼関係を築いてゆくには 「時間」が必要なのだ。
これは、大人として生きてゆく上での常識だと 私は考えている。

レストラン喫茶オーナーの彼女は、いったい何故ゆえに 四度も被害に合っていながら そこまでかたくなに自分の意思を貫きたいのだろう。
小学校の道徳の授業で学んだことをまるまる信じた優等生がそのまま大人になった人なのか、尊敬する両親に、「人を疑ってはいけません」と厳しく躾けられ その教えを守り続けているのか、私には知る由もなかったが。

彼女は今、どうしているのだろう?
手を変え品を変え新手の詐欺事件が後を絶たない現在、酷い犯罪に巻き込まれていなければいいが・・・・・・・。
レストラン喫茶2.jpg

※3月4日のオフ会、今回も点取り占いの壺をおまわしするので、今年の運を占ってくださいねでやす!
タグ:信用 常識
nice!(305)  コメント(47)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

お返し [台詞]


「おーー!片桐クン片桐クン、いいところに来てくれた!・・・・・・・・いやぁ、女子社員一同からね、チョコレートを貰っちゃってだね、どれにしようか迷ってるんだよ、お返し!。 一人に一つづつちょっとした物をお返ししたいんだがね。 いやぁ~ 迷うなぁ~、参ったなぁ~、もぅ迷っちゃって迷っちゃって決められないんだよ。 いやぁ~~ どれにしようかなぁ~。・・・・・・だから片桐クン、どれがいいかこの中から キミのセンスで決めてくれないかな?・・・・・・・いいかい? 言うよ、候補・・・・・・・・・・・・・パンティ   ショーツ   スキャンティ   ビキニ   ハイレグ   Tバック   紐パン   総レース・・・・・・」

お返し.jpg

※3月4日のオフ会、ご参加迷われているかた、遠慮なくどーぞでやす!
タグ:お返し
nice!(282)  コメント(56)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ピアスホールを開けた理由 [独り言]

私は、計八個のピアスホールを開けている。
左の耳たぶに三個、右の耳たぶに三個と上方の軟骨部分に一個、左小鼻の上の部分に一個 である。
十八才の時、三十五才の時、四十才の時と おいおいに開けてきた。

何故ピアスホールを開けたのか----
勿論、ピアスは見た目がお洒落だという単純な理由もある。
けれど、最も大きな理由は----
自分の欠落感を埋めるためだったのである。
私にとって、ピアスホールを開けていない自分は「素の自分」ではなく「欠落した自分」であり、今のように開けた自分が「素の自分」なのである。
何年にも渡り逡巡しながら「まだ違う」「まだ違う」とホールを足し続け 現状態になった時、「これでやっと素の自分になれた」と思った。
だから、ピアスと皮膚の接点に触れ 金属と肉体の一体感を確認していると、「ピアスを含めた私が私なのだ」と 非常に落ち着き安堵感に浸ることができる。

塚本晋也の初期作品に「東京フィスト」という長編劇映画がある。
その中で、精神的に今までの自分ではいられなくなったヒロインがざくざくとピアスを開ける件りがあるのだが、私にはあのヒロインの感情が痛いほど理解できる。

ピアス.JPG

※3月4日のオフ会、まだまだご参加受け付けてやすよん!
nice!(296)  コメント(50)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

黄緑色のマネキン [写真]

写真・緑のマネキン.jpg


インディーズブランドショップのウィンドウで見かけた 黄緑色のマネキン
鮮やかな色合いと顔の上半分が隠れ身体は半分見えているところ マネキンの色とチェックの一色がコーディネートされているところなどに興味を惹かれて撮りやした。

このマネキンの色と質感、なんだか昔流行ったスライムにそっくりでやすね。
スライムといえば、pcのキーボードの埃を取るのに最適と 何かで読んだことがありやす。
あぁ なるほど、確かにそうかも!と頷きやしたが、今でもスライムって売ってるんでやしょか?
売ってるとしたらおもちゃ屋さんでやしょか?
文房具店で消しゴムくらいの量で売ってくれたら買うのになぁ と思いやす。


※3月4日のオフ会、食べ物・飲み物の持ち込みOKでやす!
nice!(323)  コメント(52)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「独白」と「傍白」の違い [独り言]

戯曲や脚本を読んでいると、ト書きに「独白」「傍白」という言葉が時折り登場します。
みなさんは、この「独白」と「傍白」の違いをご存じでしょぅか?
両者は、作家がなんとなく語調で書き分けているのではなく 明確に意味の違う言葉なのです。
今日は、「独白」と「傍白」の違いについて説明したいと思います。

独白と傍白2.JPG

先ず、「独白」というのは字の如く 独り台詞です。
私達が現実の生活でもしばしばつぶやいている いわゆるヒトリゴトです。
具体的な例を挙げると----
○寮
AとB、それぞれのベットに寝転んでいる。
A「あ~ぁ、給料日まであと1000円しかねぇや。 これじゃあ三日間カップ麺しか食えねぇなぁ」
と独白。
B「えっ? 今、なんか言った?」
又は
B「・・・・・・・・・・・・(俺の知ったこっちゃない。 無視無視)」
又は
B「そんなのお前が計画的に使わないのが悪いんじゃん。」
等。
この様に、聞こえているであろう距離に誰かが居る場合、まるで聞いていなかったり 聞いていないフリをしたり 自分に向かって放たれた台詞ではないと解っていながら何か答えたり と様々ですが、「独白」は、現実世界と同じように聞こえています。

対して「傍白」は、「劇中の相手には聞こえていなくて観客には聞こえている小さなつぶやき」です。
○寮
A「ねぇ、Bくん。 給料日まであと1000円しかないんだよ、3000円ばかり貸してくれないかなぁ」
B「勿論だよ! Aくんになら貸してあげるよ! キミとボクの仲じゃないか!(以下、傍白)バーカ! お前が計画的に使わないのが悪いんだよ。 あー、やだやだ」
A「やっぱり、お前っていいヤツだな。はははは・・・・」
B「ははは・・・・」
等。

劇中で、傍白が傍白である事を表わす王道の方法として、台詞を発している人物が傍白の部分だけ相手から顔をそむけて(多くは斜め下を向いて)つぶやくように言う というのがあります。
すると観客には、「あぁ なるほど、相手役には聞こえていないのだな」と認識されます。
舞台の場合は、本当に小さくウィスパーで言うと観客に聞こえないので それなりに大きく発し 相手役から顔をそむける動きをはっきりととることで傍白であると解からせます。

これが「独白」と「傍白」の違いです。
この二つの違いを解かっていると、みなさん 戯曲や脚本をより深く享しめ、眼前に具体的なイメージが広がりやすいのではないか と思います。

独白と傍白.JPG

※3月4日のオフ会、みなさん楽しくお話しやしょうでやす!
タグ:独白 傍白
nice!(317)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

おかわり [台詞]

「すいませーん! 生グレープフルーツサワーもう一杯お願いしますー!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・すいませーーーーん!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・すいませーーーーーーん!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あのーーー、おかわりーーーー!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お兄ぃさーーーん!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お兄ぃちゃーーーん!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・兄ぃちゃーーーん!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ちょっとーーー!・・・・・・・・・・・・・・・・・・金髪くーーーん!・・・・・・・・・・・・・・・・・おーーーい!・・・・・・・・・・・・・・・・・金髪ーーーー!・・・・・・・・・・・・・・小増ーーー!・・・・・・・・・・・・ガキーーー!・・・・・・・・・ガキんちょーーー!・・・・・・・くそガキーーー!・・・・・ドキュンーーー!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おそれいります。 生グレープフルーツサワーをもう一杯、お願いできますでしょうか?」

おかわり.jpg

※3月4日のオフ会のお店の店員さんは、愛想も品もよいかたばかりなので ご安心を!
タグ:おかわり
nice!(309)  コメント(52)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

90年代ファッションリバイバル [独り言]

90年代1.jpg

最近 街なかで時々、ブカブカの寸胴コートに身を包み 襟足は刈り上げフロントとトップはシャギーを入れてさか立て膨らませたヘアスタイルの若者を見かける。
そう、90年代ファッションである。
90年代ファッションが、一部の若者の間でリバイバルヒットしているのである。
30才前後の頃 ラフォーレ原宿地下のインディーズブランドで90年代ファッションを享しんできた私は、そんな若者を目にする度に、くすぐったいような嬉しさでいっぱいになる。

----異様なエネルギーにうねり転がってきた60年代若者文化が完全に了りをとげたのは、70年代頭であった。
その後、入れ換わるようにシラケの時代が到来した。
それまで サイケデリックなどで強烈な自己主張をしてきた若者ファッションも、個性も反骨も何もない 実につまらない時代へと下降してしまった。
大企業に「右向け右」と単純に操られるだけの意思なき時代へと マイナーチェンジしてしまった。
こんな低迷期は、80年代半ばまで続く。
それからようやっと、「こんなつまらいファッションの時代は嫌だ!」と うっぷんを爆発させるように開花したのが、いわゆる90年代ファッションである。
様々なジャンル音楽が同時多発的にブームになり 若者は、大人が眉をひそめるような奇抜な格好で街を闊歩した。
着たい服が50年代の古着以外に見つからなかった私も、初めて新品で欲しい服が手に入る時代となった。
そんな時代のファッションを、おそらくネットや当時の雑誌などで知った若者が、「こういうのいいよねー!」と模倣したのである。

50年代ファッション 60~70年代初頭までのファッション そしてこの90年代ファッション。
エネルギーに溢れていた魅力ある時代のファッションは、必ず発掘され再び脚光を浴びるのだ。

90年代2.jpg

※3月4日のオフ会、どんなファッションのかたも大歓迎でやす!

nice!(332)  コメント(44)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

紫色のレモン [写真]

写真・紫色のレモン.jpg


山積みにされたレモンを撮り pc上でネガ加工を施してみやした。
美しい紫色が出現したことと 影の部分が白く抜け宙に浮いているような面白さが出たので、作品としてアップすることにしやす。

レモン・・・・カクテルの世界でも大活躍の材料でやす。
果汁だけでなく 皮が使われることもありやす。
皮を使うカクテルの代表的なものに、ホーセズネックがありやす。
レモンの皮を リンゴを剥く要領でくるくると螺旋に剥いて、背の高いグラスに入れ 皮の一端をグラスの縁にかけ、スピリッツとジンジャーエールで満たすものでやす。
皮の苦味とジンジャーエールの爽やかさがぴったりの、「自分は今、カクテルを飲んでいるんだ!」という気持ちをぞんぶんに満喫できる 目にも楽しいロングカクテルでやす。
ホーセズネックというカクテル名の由来は、長くくるくるとなったレモンの皮が馬の首のようだから と言われてやす。
日本で単に「ホーセズネック」と注文するとブランデーペースのものが供されるので、その他のスピリッツで所望するときは、「ウォッカホーセズネック」とか「ホーセズネック、ダークラムで」と、希望のスピリッツを指定するとよいと思いやす。
また、銘柄に拘る場合は、「マイヤーズホーセズネック」などどと 銘柄名を付けると、バーテンダーさんは「はい!」と笑顔で作ってくださいやす。


3月4日のオフ会、前回好評だった「ぼんぼちオススメカクテル」、今回もございやす!
nice!(348)  コメント(49)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「他人の顔」---すべてに於いてバランスの取れた最高傑作 [感想文]

「他人の顔」----
「おとし穴」「砂の女」に続き、安部公房の同名小説を 安部氏自身が脚本化し、勅使河原宏の手により監督された長編劇映画作品である。 1966年製作。

他人の顔3.JPG

シノプシスは、仕事中の事故で顔全体を酷いケロイドに火傷してしまった男が、精神科医に事故前とは別の新たな顔を作ってもらい 火傷後自分を拒絶した妻を誘惑する というもので、自己と他者 自己と社会の関係、己れが己れであることを証明するものはいったい何なのか が、安部氏ならではの理論的論法によって 緻密に深くえぐり出される。
これが、仲代達矢 京マチ子 平幹二朗 岸田今日子 岡田英次 等々、日本を代表する名優という舟によって多方向から追及されるのである。
のみならず、この作品を語る上で決して欠くことのできないのは、美術 音楽 キャメラの秀逸さである。
前衛的な病院内の装置 主人公の男の心情を裏打ちする悲しげなワルツのテーマ曲 ハイコントラストの白黒でのワンショットワンショット構図の完成されたキャメラ使い・・・・。

----映画に於いて、ひいてはすべてのジャンルに於いての「作品」というもののクオリティ・出来を決定づけるのは、「バランスが取れているか否か」と言っても過言ではない。
そのくらい「バランス」は、作品創りに於いて重要な力点である。
ある部分は優れていてもバランスが取れていないがために秀作とは言えなくなってしまっている残念な映画というものが 世の中には非常に多い。
リアリズムの方向性でありながら 一人大仰な型芝居をする役者がいたり、アート系の作品なのに キャメラが具象的説明に終始してしまっていたり、乾いたマチエールで創られているのに音楽だけが妙に湿っていたり・・・・。
しかし、この「他人の顔」は、すべてのスタッフ・キャストがこの映画がどういった色合いで以って どういう方向に突き進むのかを 根本からしっかりと把握している。
哲学的テーマを非リアリズムによって重々しく理論的に創るのだ と、携わるブレーン全員が正確に理解している。
他人の顔3.JPG

又、私は、この映画の脚本---決定稿---を所有していて しばしば本編DVDと照らし合わせながら読むのだが、照らし合わせることによって 如何に 決定稿から本編完成まで 練りに練られ 肉付けされ 無駄を落され 順序が入れ替えられ 濃密度の作品へと結実していったかが解る。
中でも殊に大きく変えられているのは、主人公の男が観た映画という設定で 主軸のストーリーに度々折り込まれる形で挿入されている もう一つの物語である。
決定稿では、戦争で顔半分がケロイドとなってしまった元美女が、強姦すらされなくなったと思い込み 医者に口づけを求め受け入れてもらった末に自死する とあるが、本編では、ケロイドの元美女は 実兄に関係を迫り結ばれた末に自死する となっている。
がぜん、本編のほうがいい。
このほうが、「顔が変わってしまうと 人間関係というものが根底からくつがえってしまう」と、作品テーマをぐぐっと強烈に後押しすることになるからだ。

「他人の顔」----
映画好きのかたと安部公房ファンは既にご覧になっていることと思うが、とりたてて映画に興味を持たれていないかたや 哲学書や心理学の専門書などを愛読されているかたにも 是非とも観ていただきたい、「映画ってこんなにも面白く 深い表現が可能だったのか!」と 映画という表現ジャンルを見直すこと必至の 日本劇映画史に輝き続ける大傑作である。

他人の顔3.JPG

※3月4日のオフ会、どんなご趣味のかたも大歓迎でやすよん!
nice!(316)  コメント(44)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画