So-net無料ブログ作成

 福助  [写真]

写真・フクスケ.jpg


先ずは、27日のオフ会にご参加くださったみなさん ご協力くださったかた、どうもありがとうございやした。 ぼんぼち、心より御礼申し上げやす。
オフ会のリポートは、次回3月2日の記事にて公開させていただきやすね。 只今 感謝の気持ちを込めて執筆中でやす。

ということで、今回は、以前に撮った写真をアップしやす。
オフ会会場は高円寺北口でやしたが、これは南口の商店街にて撮影したものでやす。
高円寺って、古着屋や雑貨屋やお洒落なカフェの間に こんな福助人形のある古い飲食店も点在する 魅力溢るる混沌の街でやす。
あっしの日本一好きな街でやす。
ところで、福助人形を気持ち悪いと思うのは、あっしだけじゃない・・・・でやすよね?

タグ:福助
nice!(295)  コメント(92)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

第3回ぼんぼちオフ会が近づいてまいりやした!  [告知]

来たる2月27日(土)、ぼんぼち主催のオフ会がいよいよ近づいてまいりやした。
ご参加くださるみなさま、首を長くしてお待ち申しておりやす。
逡巡されているかた、寸前まで都合の判らないかたも、人数的にまだまだ余裕で入れやすので、お気が向かれやしたら ご参加いただけると幸いでやす。
当日いきなりの飛び入り参加、途中参加も大歓迎でやす!

そして今日は、かねてよりお知らせしてやす基本情報に加え、会場までの道順などを掲載させてただきやすね。

オフ会会場最寄駅は、JR高円寺駅でやす。
高円寺には、中央線 総武線 東西線の三線が乗り入れてやすが、当日は土曜日で休日ダイヤのため、中央線は停まらないのでお気をつけくださいでやす。

高円寺駅の改札は一カ所でやす。
改札を背にして右に出ると南口、左に出ると北口でやす。
会場は北口なので、左に出てくださいでやす。
北口に出、ロータリーを眼前にすると、右のほうに交番が在りやす。
その交番を背にし、目の前の信号をお渡りくださいでやす。
渡るとコンビニの前に来やす。
コンビニの右側面の小路をゆきやす。小路の左側は自転車が並び、右側はパチンコ店でやす。
小路を抜けると、弁当屋の前に出やす。
この弁当屋の前の路を右にゆき、蕎麦屋を過ぎ クリーニング店を過ぎると、会場であるCafe yummyが在りやす。下が、yummy外観写真でやす。
改札から会場までは、徒歩2分ほどでやす。
入口ドアの横に「ぼんぼちオフ会会場」というプレートを掲げておきやすので、どーぞ!お入りくださいでやす!

ではみなさん、ともに楽しいひとときを過ごしやしょうでやす!!

オフ会会場.jpg


nice!(250)  コメント(72)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 映画「本日休診」  [感想文]

井伏鱒二の同名小説を 渋谷実監督が1952年に映画化した傑作。
初老の開業医とそれをとりまく市井の人々の間で次から次へと巻き起こる日常の小事件が、時に哀しく時に可笑しくテムポよく描かれている。

この作品を傑作に引きあげている要因は、さながら新劇のようなきっちりとした演技のつけ方も無論あるが、何といっても 脚本の完成度の高さである。
井伏ならではの人間臭いユーモアや登場人物の吐くリアリズム溢るる言葉を大切にしつつも、原作にはない転調や盛り上がりを入れ込み、劇場上映尺に巧くまとめているのである。

中でも 転調と笑いの重要な役割と成っている 戦地に行って頭のおかしくなった 自分を今だに兵隊だと思い続けている青年などは、原作には全く登場しない。
この人物は、「本日休診」と同時期に執筆された「遥拝隊長」の主人公なのである。
「遥拝隊長」でも最高の見せ場であった 青年がまんじゅうを人々の口に押し込む件りがラストにおかれ、主要登場人物が並んで同方向(キャメラの方)を向き、あたかも舞台役者のカーテンコールのようにこの群像劇をまとめ〆るのは、舌を巻かずにはおれない見事な引用の仕方である。

傑作というものは、決して色褪せない 時代を超越したものであると再認識すると同時に、戦後七年、この作品により勇気づけられた人達がどれほど多かったであろうと察する 創られた意義を強く感ずる映画である。
本日休診.jpg



タグ:本日休診
nice!(279)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 黄色いボンベ  [写真]

写真・黄色いボンベ.jpg


北千住の飲食店の並ぶ路地にて。
何が入っているボンベなのか あっしはその方面に疎いのでまるで判らないのでやすが、薄暗い中に黄色の鮮やかさが目に留まりやした。
扉の茶色との色合わせもいい具合だったので、バランスの取れる構図に撮ってみたらどうだろう?と ガラホを向けやした。

ボンベ・・・・といえば、あっしはやはり、幼少の頃に自分の家や近所の裏口に置かれていたプロパンガスのボンベが記憶に深いでやす。
90年代にガロで人気を博していたねこぢるさんの漫画「ねこぢるうどん」には、背景に「プロパン」と書かれているボンベが必ずといっていいほど描かれていて、郷愁を覚えやす。




タグ:ボンベ
nice!(261)  コメント(60)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 喫茶「スマイル」  [台詞]

 
「・・・・・はいっ! 550円 丁度ちょうだいいたします。 毎度ありがとうございます。・・・傘 お忘れなく・・・お気をつけて・・・・・・・ありがとうございましたーー!!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・何モタモタやってんだヨ! カフェオレカップは上の段の右!・・・ったく、何度 言えば覚えるんだヨ。・・・・・・・・・・・・・・・いらっしゃいませーーーーっ!! どうぞお好きなお席へ!・・・・・お足元が悪い中、よくお越しくださいました。・・・こちらメニューになります。・・・・・・・・・・・・・・3タクまだ下げてないのかヨ!このノロマがっ! キリキリ動けってんだ! こっちは時給920円も払ってんだからなっ!・・・・・・・・・・・・・・もしもし!喫茶・スマイルでございます! はいっ!定休日は火曜日でございます! はいっ!はいっ! さようでございます!・・・・・・・・・心よりお待ち申しております!・・・・・・・・・・・・・・・おいっ! 何飲むかまだ決まらないのかヨ! とっとと決めろってんだ!・・・・・あっっっ!!たっっっっっ大っっっっ変 失礼いたしましたっっっっっっ!!」

喫茶スマイル.jpg




nice!(261)  コメント(70)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 父が入院した思ひ出  [独り言]

私が高校二年のある日、帰宅すると、母がメモ書きをリビングテーブルに放るように置いた。
「パパが入院してるんだとよ! おめーに見舞いに来てほしいだとさ!」
その頃、父は、一カ月か二カ月に一日しか家に帰らなかったので、それで初めて入院していることを知った。
----家に帰らない日 父はどこに寝泊まりしていたかというと、複数人囲っている愛人さんのいずれかのマンションだった。
メモ書きには、病院名とその病院であるらしい電話番号が記されていた。

入院している病院は、新宿御苑近くの父の会社の本社のすぐ並びに在った。
----後で聞いた話によると、社員がいつでも会社の状況を報告に来られるように その病院を選んだとのことだった。

土曜日の学校帰り、私が父の病室を訪れると、父は意外と元気そうにベッドに座っており、いつも私と逢う時と同じく上機嫌で 学校はどうだとか勉強頑張っているかなどと話しかけてきた。
と、財布から札をぴらっと出し、こう発した。
「ぼんぼち、一階の喫茶店でミックスサンドを包んでもらって来い! 釣りはお前のこずかいだ!」
私は首を横にふった。
何故なら、父の病気は、食事制限が必要な病気だったからだ。
私が動かないと見るや、もう一枚札をぴらっと足し、
「ぼんぼちちゃん、これで包んでもらって来てちょうだいナ」
やはり私が動かないと、もう一枚ぴらっと加え、
「ぼんぼちさん、どうかこれでお願いしますヨ」
ぴらぴらぴらっの手を引っ込めないのだった。
私は、制服の腰をあげないわけにはゆかなかった。
私は決して、こずかいをつりあげる駆け引きをしたのではなかった。
食べることは父の大の楽しみの一つだとよく解っていたので、父の気持ちを考えると 折れないわけにはゆかなかったのだ。
一階で680円のミックスサンドをホイルに包んでもらい、病室の父に渡し、29320円を学生鞄に 病院を後にした。

母は、父の入院中 一度も見舞いに行かなかった。
入院 入院中 退院の身の周りの世話は誰がやっていたかというと、愛人さんの一人だった。
大人になってからは、うちのような家庭は極めて稀なのだと解ったが、当時の私には 何から何までただただ当たり前の「父の入院」という 日常の中のちょっとした出来事なのだった。

父の入院.jpg



タグ:
nice!(328)  コメント(68)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 食べかけのケーキ@新宿「らんぶる」  [写真]

写真・らんぶる.jpg


昔から頻繁に訪れている 新宿の名曲喫茶「らんぶる」の、アーモンドケーキでやす。
食べる前の状態を何枚か試みやしたが、どう切り取っても記録写真のようにしかならなく 諦めて食べ始めたところで、ふと「これなら面白く成立するかも?」と、再びガラホを構え 完成したものが上の作品でやす。
皿の上のケーキの位置もフォークで食べ取った分量もフォークの場所も、撮るために整えてはおらず、まったく偶然がもたらしてくれた産物でやす。
構図と全体的に白いところが、あっしなりに気にいってやす。

「らんぶる」、新宿東口近くの中央通りという ディスクユニオンが並ぶ通り沿いにて、黄色い看板で出迎えてくれやす。
地下席への階段をくだると、アイアンのシャンデリアが圧巻でやす。
名曲喫茶ではありやすが、今現在リクエストは受け付けていないそうで 大人数で声高におしゃべりするのにも気兼ねのいらない雰囲気でやす。
ちなみに、上に立ってお店を切り盛りされているのは、ハカセタロウのようなヘアスタイルの二代目オーナーでやす。


 

タグ:らんぶる
nice!(280)  コメント(78)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 ティーラウンジ  [台詞]

「・・・・・そう、馬場さん、アナタ タンゴが好きなの? アタシはワルツだわぁ、ンータッター ンータッターって、スワンになった気分で踊れるんだもの! ンータッター ンータッター ンータッター ンー・・・・・・・ここよね!『ティーラウンジ・エ リ ザ ベ ス』・・・・・・・・・・・あら!イギリス風アフタヌーンティーセットがあるじゃない! 懐かしいわぁ、去年 ヨーロッパ一周旅行したって言ったじゃない。イギリスで食べたのよ。 懐かしいわぁ・・・・アタシ、これにするわ!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・先生がた、もう来てらっしゃるかしらね。・・・・・・・・・・・・そうね、とにかく入りましょ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あらぁ!お城みたい!お花もいっぱい!さすがホテルのラウンジは品がいいわね! ここなら先生にも失礼がないわね!・・・・器もきっとモノがいいわよ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・まだのようね・・・・一 二 三・・・・・全部で六人でしょ。 六人座れるテーブル・・・・・・・・・・・・・ないわねぇ。困ったわねぇ・・・・それに先生はソファーじゃなくちゃ失礼よね。・・・・・・困ったわねぇ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そうだ!アタシに任せて!ちょっと馬場さん、バッグそこ置いて! このソファー持って!そっち側!・・・・そうそう・・・いい?・・・・よいしょー! よいしょー!・・・もっと踏ん張んなさいよ!・・・よいしょー! よいしょーー!! よいしょーーー!!!」

ティーラウンジ.jpg



nice!(298)  コメント(66)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 指なし手袋  [独り言]

あっしは、手袋なら、指の部分をおおう布や革のない手袋が好きでやす。
理由は、指先が動かしやすいからではなく デザインが嗜好に合うからでやす。

おしゃれ用のレディースの指なし手袋、あっしの10代20代の頃には 探してもどこにも売っていなかったので、冬場は素手で過ごしてやした。
が、30歳半ばを過ぎた頃からでやしょうか、ぽつりぽつりと出現し、今ではあっちの店でもこっちの店でもネットでも買える嬉しい時代となり、服に合わせて何種も揃えられるまでになりやした。
今日は、その中で特に大活躍している三種をお披露目したいと思いやす。

指なし手袋.jpg

上のチョコレート色のは、昨年 ネットで求めたものでやす。
何の革だかは失念してしまいやしたが、しっかりした本革でやす。
おでかけ時に、チョコレート色の古着のコートに合わせて楽しんでやす。

指なし手袋1.jpg

これは二年前に やはりネットで求めた 薄くて柔らかな羊革のもの。
カジュアルな臙脂色のコートに合わせてやす。
臙脂色と白は相性がいいので、適当なアクセントになってやす。

指なし手袋2.jpg

最後は、薄手の化繊の豹柄。
もう何年も前に買ったものなので どこの店だったかはもはや憶えてやせんが、文化屋雑貨店かいろは堂か大中か、確かそんなチープでキッチュな店で安価に手に入れたのだと思いやす。
豹柄の小さな帽子と50年代のワンピースに合わせて よくライヴ観戦に出動させたりしてやす。

そして今 新たに欲しいのは、やはり豹柄で、厚手の起毛素材のものでやす。
みなさんは、どんな手袋を愛用されてやすでやしょぅか?



タグ:手袋
nice!(288)  コメント(92)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 たくさんの切り株  [写真]

写真・切り株.jpg


二年くらい前に原宿・表参道のウィンドウで見かけた 切り株のディスプレイ。
何本かの株に金のペンキが塗ってあって そのままの状態でも綺麗で成立していたんでやすが、白黒に加工したほうが コントラストがパチッとついて ぼんぼちとしては納得できる雰囲気と成ったので、これを完成としやす。

切り株・・・・・といえば、バウムクーヘンでやすね。
みなさん、バウムクーヘンは よく召し上がりやすか?
あっしは、決して嫌いなわけではないのでやすが、シフォンケーキやカステラのほうをつい選択してしまっていて、あまり食べることはありやせん。
でも最近、よく行く街にバウムクーヘン専門店が出来ているのを知り、専門店というからにはさぞかし美味しいのだろうな・・・・!と、ちぃと興味を持っているところでやす。



タグ:切株
nice!(329)  コメント(80)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画