So-net無料ブログ作成

 台風一過  [俳句・川柳]



台風.jpg


                 我が家庭(いえ)の茶の間は暴風吹き続け



nice!(374)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 冷された青魚  [写真]

写真・冷やされた魚.jpg


氷で冷やされている背中の青い魚達。
高円寺北口の魚が得意な居酒屋さんの店先にて出逢ったものでやす。
より冷え冷え感を出すために、全体にブルーのトーンをかけやした。

ぼんぼち、幼少の頃は福岡に住んでいたので、青魚の中では飛び魚の塩焼きをよく食してやした。
当時は小さかったので、漠然と、全国各地で日常的に食べられていると思い込んでいたのでやすが、東京に越してきたら全然売っていなくて、そこで初めて 全国区の魚ではないのだと知りやした。
とびきり美味しいとも感じやせんでしたし 別段 懐かしい思い出もないので、また食べてみたいとは思いやせん。


タグ:青魚
nice!(317)  コメント(54)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

蓄音機音楽会・ジャズ大集成(サミット)19-ブギウギ@インターメディアテク [感想文]

7月31日(金)に、東京駅近くに在る東京大学総合研究博物館インターメディアテクにて開催された 蓄音機でジャズを聴く会のブギウギの巻に参加してきました。
私はブギウギというジャンルは、自室のちゃちな卓上レコードプレイヤーでですが、毎夜 欠かさず聴き愉しんでいるほどに大好物で、これが現代となってはめったにそのチャンスに遭遇できない蓄音機で堪能できるとあらば 是が非でも!と思ったからです。

博物館内、展示物と壁一枚を隔てた 席数50ほどの階段教室に入ります。
前方に、手廻し式の蓄音機が大きなホーンを構えて鎮座しています。
座りきれない人が20人以上壁際に並んだ頃 時間となり、SP盤を抱えた学芸員さんが入場し、スタートしました。

インターメディアテク.jpgブギウギといえば一も二もなく先ずこれでしょう!という代表曲 ミード・ルクス・ルイスのホンキートンクトレインブルースを筆頭に、アルバート・アモンズ、ピート・ジョンソンと、ブギウギを語る上で必ず名の挙がる人物の曲が、学芸員さんの解説をさしはさみつつ 10曲ほど流されました。
うち、音源は違えど 私の聴き憶えのある曲は半分くらいありました。
時としてウゥゥ~~~とスローテムポになってしまい 学芸員さんが慌ててよいしょよいしょと廻す場面があったのが、手廻し式ならではのご愛嬌でした。

私は蓄音機の生音は、以前 日比谷音楽堂併設の喫茶店で聴かせていただいたことがあり、その時のものと比べて音は大きくなく柔らかで、とても心地良く感じました。
まぁ、盤の状態や部屋の広さや壁面の材質にもよるでしょうし、そもそもが機材の専門的知識などまるで無い 私の拙い耳の感覚的主観なのですが。

インターメディアテク2.jpgブギウギは、ハウスレントパーティーによって形成された---つまり、黒人男女が飲み食いしながら 日頃のうさ晴らしにハチャメチャに踊るための猥雑なダンスミュージックだったわけですが、会場内の参加者を見まわすと、殆どの人が大真面目な神妙な顔をして 石仏のように微動だにせずに耳を傾けているのが、ブギウギファンとして個人的になんだか可笑しくて ちょっと笑ってしまいました。
リズムを刻んでいるのは、私と私の斜前に居た中年男性くらいでした。
東大による催しだから、理屈抜きに単純に愉しもうというのではなく 真剣に学術的に理解しようという心構えの人が多かったのかな?と思いました。

帰って 今回の催しのHPを確認すると、注意事項に「会場内での飲食は禁止(ガムも含む)」とありました。
飲食禁止の催しは少なくないけれど、ガムもNGというのは 私の経験する限り初めてです。
やはり東大はお堅いな と思いました。
キャンディーもNGなのか否か 気になってしまいました。


nice!(355)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 工事現場  [俳句・川柳]

 


                  奈落より刺青青年左手(ゆんで)挙げ


奈落.jpg




nice!(413)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 古い郵便受け  [写真]

写真・郵便受け.jpg


横浜・阪東橋の住宅街にて遭遇した 古い郵便受け。
傾き加減といい壁面のマチエールといい 古めかしさいっぱいで、ついケータイを向けてしまいやした。
加工は、コントラストと暖色味をややあげて黄昏時のような雰囲気にし、いっそう古さが際立てば・・・と思いやした。

阪東橋という街は、かつては遊郭があり 古くから賑わっていたのだそうでやす。
今も商店街は活気に溢れ、特に中華総菜を売る店が目立ちやした。
商店街の脇路をちぃと入ったところに小ぢんまりと建つマツモトという喫茶店で小休止したのでやすが、そこのご主人がとても気さくなかたで、「あの辺に桂歌丸師匠のご自宅があるから探してみるといいよ!」と 商店街とは逆の方向を指し教えてくださいやした。
結局、歌丸師匠のご自宅はどのお宅か解りやせんでやしたが、この写真は、指してくださった「あの辺り」で撮ったものでやす。


タグ:郵便受け
nice!(350)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 有山じゅんじソロライブ@高円寺JIROKICHI  [感想文]

7月21日(火)、ブルースが主に演られる高円寺のライブハウスJIROKICHIに、有山じゅんじさんのライブを聴きに行きました。
有山さんの音は これまでも上田正樹さんと共の音源・ライブでは拝聴していましたが、お一人でのものはこれが初めてとなります。

何故、今回 有山さんのライブに出向いたかというと----
有山さんは、ギターラグの第一人者ブラインド・ブレイクに大きく影響を受けていると知ったからです。
有山じゅんじ.jpg私は、戦前ブルースを聴き初めし頃から ブラインド・ブレイクのほのぼのとした軽やかなギターは非常に心地良く感じており、有山さんのギターを耳にした時「このかたは多分 ブラインド・ブレイクが大好きなんだろうな!」と直感しました。
そしてその後 そう発言されているものを読み、これはお一人のライブにも是か非でも行かねば!と思い続けていました。

整理券番号1番を獲得し、最前列の 有山さんと丸テーブルを挟んで向き合う席を陣取りました。
ビールをかたむけチャーハンを頬張りながら 客入れの時間を過ごします。

開演----
有山さんが、気取りのないご様子でギターを下げ登場し、ステージが始まりました。
第1部は期待通りのギターラグ。
まさに日本のブラインド・ブレイク!といった雰囲気で、無意識のうちにも 身体が軽くリズムをきざんでしまいました。
2部はフォーク調のニュアンスの歌が多く、「ぐ~るぐる」や「スルメとビール」など ユーモラスな歌詞で頬がゆるんでしまいました。
随所に差し挟まれるMCでも 和やかに観客を楽しませてくださり、中でも、昔 ライブ中に直前に食べたうどんが口からピュッと飛び出して瞬時にすすり込んだ話などは 手を叩いて大笑いしてしまいました。

本当に行って良かったと思えるライブでした。
やはり有山さんは、キャリアに裏打ちされるプロ中のプロだなぁと ひしと実感しました。
加えて、私の中で とても嬉しい発見もありました。
有山さんのお人柄です。
とても謙虚で穏やかで温かなかたであると解ったのです。
有山じゅんじ2.jpg前のほうの席でライブを観ていると、表情や目線からそのミュージシャンの人となりが垣間見えます。
私は 秘かにそういう所をじいっと観察することも、ライブ鑑賞の大きな愉しみの一つとしているのです。
ノンビリ演りますんで自由に愉しんでってくださいねーと笑顔を作っているけれど 内心はピリピリしているなー とか、メンバー同士は大の仲良しだと公言しているけれど コイツとコイツは仲悪いよなー とか、この発言はプロダクションの方針で本意でないのに言わされているなー、辛いだろーなー とか、そういうことを観察してミュージシャンの素の部分を覗くのが好きなのです。
私は自分の嗜好に合った音を出されるミュージシャンには どんな人間性であることが解ったにしろそれぞれに愛着を抱き続けますが、有山さんのお人柄には、出される音同様に ほっこりと幸せな気持ちにさせて頂きました。

JIROKICHIでの有山さんソロライブ、来年もまた開かれるそうなので、是非とも足を運んで幸福感に浸りたいと思います。


nice!(347)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 削除  [俳句・川柳]


 

                   かまきりが鎌を振るごと立ち切りぬ


かまきり.jpg


nice!(271)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 マツバギク  [写真]

写真・マツバギク.jpg


赤いマツバギクをネガ加工したものでやす。
異星の表面にはびこる植物か海底のイソギンチャクか・・・・という雰囲気になりやした。
毒々しくて品のある色合いとは言えやせんが、構図的には緩急ついてくれたし、まぁたまにはこんな写真もあっていいかな、と公開することにしやす。

マツバギクは、マツバボタンと並んで あっしがかなり小さい頃に覚え知った花名でやす。
物心ついた時から庭に咲いてたので。
あとはデイジーとか。
最近あまり見かけなくなっただけに 懐かしさを感じる花でやす。

タグ:マツバギク
nice!(393)  コメント(47)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 車谷長吉氏死去  [独り言]

作家の車谷長吉(くるまたに ちょうきつ)氏が亡くなっていた事を知った。
五月十七日、誤嚥による窒息死だったという。

私は十年ほど前に 直木賞受賞作品「赤目四十八滝心中未遂」を読んで以来 氏の熱烈なファンになり、以来 氏の作品は新旧関わらず読みあさってきた。
どす黒い内臓のヒダをめくり容赦なく見せつけるような生々しい作風に、現在活躍する中で 唯一惹かれる作家だった。
そして数年前より、 出版されている作品は全て読破したために、新作の発表を今か今かと待ち望んでいたところだった。

----悲しい。
光の届かぬ沼底に 心が音もなく堕ちゆくような気持ちである。

小説家として遅咲きだった氏。
書きたい事はまだまだあったのではなかろうか?
あの世で、「ここで了るなんてけったくそ悪い!」と、頬の内側の肉をちぎれるほど噛んでいるのではないだろうか?

車谷長吉.jpg


タグ:車谷長吉
nice!(379)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 生活  [俳句・川柳]



アジシオ.jpg


                     海魚 アジシオの水槽に飼はれ



nice!(333)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画