So-net無料ブログ作成
検索選択

父と母の仲 [独り言]

これまで私は何度となく 母親に酷い虐待を受けてきたことを吐露してきましたが、今日は、母は父とはどんな様子だったのかを綴りたいと思います。

まず、何故 父と母は結婚したかを簡単に説明します。
父はオーケストラのバイオリンニストだったのですが、クラシックの仕事だけでは食えずに、テレビの歌番組のバックのオーケストラのアルバイトをやってしのいでいました。
今でいうと、ギタリストだけど自分のバンドが売れないからアイドルのバックバンドをやって しょっちゅうチラチラテレビに映っている といった所でしょうか。
加えて父はルックスが良かったので、ミーハーな女にはずいぶんとモテていた様で、常に周りにたくさん女がおり、母もそんな中の一人でした。

父母.jpg
と、母は、望まぬ妊娠をしました。
それをチャンス到来とばかりに利用して、父を一人占めしたいがために 「産んでいいよ」と言わない父を無視して、子供嫌いだったにも関わらず 強行突破で勝手に一人で私を産み「これ、アンタの子だから責任とってよ!」とやったわけです。
父はしぶしぶ 私が十八才になるまでという期限付きで入籍し、私が三才になる頃には歌番組のバイトでも母と私を養いきれなくなり 全く別の仕事を始めました。
私の記憶にあるのは、父が別の仕事を始め、経済的にぐんぐん豊かになりつつある頃からとなるのですが、その頃から離婚するまで、母は、父が傍にいる時は しじゅうこんな言動をぶつけていました。

「昔は痩せててカッコ良かったのに今じゃ豚みたいに太って醜くなった! あー!まったく騙されたもんだよっ!」
「ヨーロッパ旅行に連れて行くって言ってたのに いつも国内ばっかりだーーーっ!この嘘つきがーーーっ!」
「アタシは世の中で一番サイテーな男と結婚するハメになった世の中で一番可哀想な女だぁっ!」
母が父のために料理を作ったことは一度もなく、鰯を甘じょっぱく煮たものなど 父は自分が食べたいものは自分で作って食べていたのですが、それを横目で見ては
「おーおーおー! また不味いもん作って食いやがってよー!」
と嘲笑し、私が食べようとすると
「あんなもん不味ーーーい! 食うなーーーっっっ!」
と、食べさせてくれませんでした。
父母2.jpg

父は、私が小学四年の時から会社経営を始めたのですが、母は経営のノウハウなど何一つとして解からないのに、
「大卒は甘チャンだから入れるなーーーっ!入社させるのは中卒か高卒だけにしろーーーっ!」
と命令したり、社長室の椅子にふんぞり返って座ったり、家族旅行に若い社員を運転手としてアゴで使ったりしていました。
又 夜になると、「ギャーーーーーーーーッ!!!」と奇声を上げながら ヤカンを床に叩きつけては拾ってまた叩きつけて・・・・を二時間くらい繰り返していました。
母が父に対して 優しい言葉どころか普通に話しかけたことは、私の記憶にある限り ただの一度もありませんでした。

そんな母に対して父は、いつも何も答えずにヘラヘラッと笑っていました。
私は漠然と「これが当たり前の夫婦」だと思っていたので、その様子を見ても 別に辛いとも悲しいとも思いませんでした。
むしろ父が傍にいる時は 怒りの矛先が父に向いていて私は母に殴られる可能性が低いので、そういう意味で嬉しかったです。

今思い返すと、父はよくこんな母親と入籍し 十八年間もの間辛抱してくれたものだと感心します。
私だったら 認知して養育費だけを送って他人のままでいます。
父が右に出る者がいないほどの楽天的な性格だったおかげで、十八年間、一般的とは言えなくとも家族でいる事がなんとか保てていたように思います。

父母3.jpg

タグ:両親 父母
nice!(298)  コメント(39) 
共通テーマ:映画

nice! 298

コメント 39

moz

父は橋とかダムとかの設計とかして家にあまりいなかったし、じぶんは小さい頃に父親をなくしていて、父と母がどんな夫婦だったのか? あまり覚えていません。親の記憶というと母のことだけです。
そうですか、ぼんぼちぼちぼちさんのお父さんってヴァイオリニストでいらしたんですね。
by moz (2017-09-08 06:34) 

扶侶夢

私の場合も父母の仲は良くないと思いながら育ってきました。
子どもの頃から母が父の事を「甲斐性なし」「結婚しなければ良かった」と周囲に言いふれていたので、そんな両親の仲を嫌悪していた青春時代でした。
それが不思議なもので、それぞれの否定すべき部分は変わらないままなのですが嫌悪する事に疲れ果てて、同時に愛情を持って見れる気持ちになったのは四十歳を過ぎた頃からでしたね。
by 扶侶夢 (2017-09-08 09:55) 

侘び助

不幸にして4歳の誕生を過ぎてすぐに父は無くなり思い出は無しです。
母も父のことは話しませんでしたが、女性関係で苦労したようです。
なのに父の悪口も言いませんでした。夜更けに夜なべをしながら
遠くから靴音がする時・・・ああやってお父さんも帰ってきたよ~~って
つぶやいた言葉が・・・思い出されます。
by 侘び助 (2017-09-08 11:24) 

ニッキー

お母様、聞けば聞くほど壮絶な方ですねぇ(>_<)
ぼんぼちぼちぼちさんが無事に生きてこられたのが
本当に奇跡ですね(*_*)
by ニッキー (2017-09-08 11:58) 

きよたん

お父さんかっこよかったんですね
夫婦は仲が良いに越したことはありませんが
いろんな夫婦がいます。
子供は親を選べないけど、ぼんぼちさんが
生まれてきてよかったです。
by きよたん (2017-09-08 12:17) 

kiki

子供は親を選んで生まれてきません。
が、ぼんぼちぼちぼちさんが芸術家なのはお父様のお陰でしょうか?
お父様で良かったですね。
by kiki (2017-09-08 12:29) 

Rchoose19

本当に人それぞれ、いろんな思いを抱えて生きているんですねぇ・・
お母上にはそれなりの、お父上にもそれなりの事情があったんでしょうね
多かれ少なかれ子供は一番近いところにいる大人をまずみますから・・
後にそれをどう生かすかは自分次第なんですね~。
by Rchoose19 (2017-09-08 12:49) 

sadafusa

お母さま、ナニさまなのでしょうか?

もしかしたら、結構お嬢さまで美人でした?

お母さまタイプの人って、どんなにお金持ちだろうと、心が貧しいのでどうしても幸せになれないタイプですよね。

わたしがお母さまの立場なら、お金も不自由なく使えるのなら、もっと人生を楽しめるような建設的なことに使いますけどね~。


だけど、強姦されたわけじゃなく、同意の上でのメイクラヴなのならお母さまの言いようというのは解せません。でも結婚してくださったお父さまは立派ですよ。

きっとぼんぼちさんには芸術家の血が流れているのね。
by sadafusa (2017-09-08 12:52) 

Take-Zee

こんにちは!
いつも、きちんと拝見しています!

by Take-Zee (2017-09-08 16:23) 

ひでほ

わたしは、中学生まで理由なく父親になぐられました。そのせいか、精神病んでいます。ずっとです。いま父親認知症でいうこときかないと殴ってやりたい気持ちが芽生えたりします。いまでも確執あります。幣ブログ親戚にばれて、誹謗中傷うけました。いいかっこしたり学歴詐称の父が許せません。反面教師でブログも赤裸々です。ボンボチ様もいろいろおありだったのですね。
by ひでほ (2017-09-08 18:08) 

リンさん

相変わらずの壮絶なお話ですね。
お母様はお父様を選んで結婚したのに、何が不満だったのでしょうね。
お父様は、ぼんぼちさんのために我慢していたのかもしれませんね。上手く言えませんが、そんな中で素敵な大人になられたぼんぼちさんはすごい。

by リンさん (2017-09-08 18:36) 

ぼんぼちぼちぼち

みなさん

みなさんのご両親もそれぞれにいろいろあったのでやすね。
お父様を早くに亡くされたかたも 少なくないようでやすね。
世の中には絵に描いたような円満な家庭のほうがむしろ少ないかも知れやせんね。

そう、子供は親を選べないんでやすよね。
親に理由なく殴られるって 精神的に非常に大きなダメージ受けやすね。
あっしの母親は「産みたくもないのに勝手に生まれてきやがって!」と あっしを殴ってやした。

母は美人でやしたが貧乏の出でやした。
子供の頃は近所の畑のものを盗んで食べていたそうでやす。
だからかお金に対する執着が非常に強く、
以前記事にしたこともありやしたが
食べ物や着るものを無駄に大量買いしては大量に捨てて喜んでやした。
そう、母のような性格の人間って、どんなに恵まれた環境になっても不満で不満で幸せ感感じられないと思いやす。
母に言わせると、父と合意の上で付き合ったのに、妊娠したのは父が加害者で母が被害者、自分の意思で産んだのに 生まれてきたあっしが加害者で産んだ母が被害者、
母にまっとうな理屈は通用しやせんでやした。
by ぼんぼちぼちぼち (2017-09-08 18:46) 

たじまーる

お母様のお話を先日ブログの記事で読んだときも
あまりにも凄いお母様だったことが印象に強く残ってます。
そのお父様とお母様との関係もとても大変だったのですね。
ぼんぼちぼちぼちさんは
そんな大変な父母関係の中でも
よくやってこられたことと思います。
私でしたら間違いなくおかしくなってます。
by たじまーる (2017-09-08 20:22) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

お父様は、フトコロが深かったんですね。
ぼんぼちぼちぼちさんもよく絶えてこられました。
自分は母子家庭だったから、母親が一所懸命働いていたのを憶えています。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2017-09-08 21:37) 

ようこくん

すごく意外でした。
お母様はぼんぼちさんとまわりの人にはひどいことを言っても
お父様にはマシなのかなと思っていました。
我慢されていたお父様もすごいですね。

人って、感謝とか幸せを見つけていけないとどんなに経済的に豊かであったも不幸だと思います。
すべて他人のせいにしてしまうって、お母様の幼少期に
闇があったのかなと。そうでなかったら病気??
ぼんぼちさんが、傷つきながらも優しい大人になられて本当に
よかったと思います。
by ようこくん (2017-09-08 22:45) 

kick_drive

こんばんは。会社で仕事する際に品物に傷がつかないように新聞紙を入れるのですが、その新聞に人生相談が掲載されていて時々読んでました。いろいろな人生があるんだなと思ってました。

by kick_drive (2017-09-08 23:39) 

八犬伝

色々あったのですね。
そして、お父様は忍耐強い方だったのですね。
なかなか出来ることじゃありません。

そんな家庭環境、さぞ辛かったでしょうね。


by 八犬伝 (2017-09-08 23:49) 

sana

お父様との仲がそんなだったとは‥
夫を罵る妻の話は友達の経験で聞いたことがありますが。
夜中に2時間の奇行!
性格が悪いというレベルじゃないので、生まれつきもあるのかも‥
豊田議員を思い出します。父親のDVがあったとか。
お母様は虐待されたか、虐待というわけではなくとも貧しさのあまり異常につらい経験をしたのではないでしょうか。
だから、いい、ということではないですが。
お父様は付き合ってはいたのだから、責任取るのはある意味当然と思います^^;
結婚前にはまさかここまでとは思わなかったのでは。
どんどんすごくなっていっても、幼い我が子をほうっておくわけにはいかなかったんでしょうね‥
本当は虐待を止めるべきだったんだけど、普通の人にはものすごい人のやることをどうにも出来ないことがあるかと思います。
by sana (2017-09-09 01:08) 

ぼんぼちぼちぼち

みなさん

父はよく文句ひとつ言わずに我慢してたと思いやすよ。
文句のひとつでも言おうものなら母は「ギャーーーーーッ!」となって始末に負えなくなりやすから。
まぁ、父は父で充分にガス抜きはしてやしたよ。
愛人さんを複数人囲って 家に帰るのは多くて週一 少ないときは二カ月に一度くらいでやしたから。

あっしは母親に虐待されることは辛かったけど、父と母のそんな様子を見ても 別に辛いとは思いやせんでやしたよ。
「これが当たり前の両親」だと どこの家庭もそうなのだと思ってやした。

母は、子供のころ貧しい環境にあったからというより 末っ子で我がままにそだったからあんな人間になってしまったようでやす。
母親の兄弟に言わせると、母親だけ特別に高校まで行かせてもらったりと 特別扱いされて、何でも自分の思い通りにならないと気が済まない性分が定着してしまったようでやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2017-09-09 10:16) 

伊閣蝶

お父様を独占する目的での「望まぬ妊娠」。さすがにため息が出ました。
しかし、たくさんの方のコメントにもあるように、現在のぼんぼちぼちぼちさんがおられるのはそのおかげなのですね。
子供は親を選んで生まれてくることはできないといわれますが、生まれてきたからには、素敵な人生を送る権利もあります。
今の充実したご活躍は、もちろんぼんぼちぼちぼちさんの不断のご努力によるものですが、この世に生を受けた、というその始まりがあってのこと。
こうしてブログの記事を拝見するだけのつながりではありますが、ぼんぼちぼちぼちさんの記事や絵やオブジェを拝見することが、私にとっては大変大きな魂の滋養であり安らぎであり救いでもあります。
きっとお父様の芸術的な素養を受け継がれておられるのでしょう。
それもまた数々の作品に現れる魅力の大きな力になっておられるのだろうと、改めて感じました。

by 伊閣蝶 (2017-09-09 13:08) 

ackylacky

たぶん、幸福って簡単な事なのでしょうね。でも簡単なのに人間に出来ないことが事はたくさんあります。
ギャンブルとか薬とか悪いと知っているのに溺れるのが、人間のサガなのでしょう。
by ackylacky (2017-09-09 21:56) 

藤並 香衣

以前の記事で、ぼんぼちさんが虐待されるのを見ても
お父様はなにもしてくれなかったと書いてらしたと思いますが
今日の記事を読んでもしかしたらですけど
虐待されているぼんぼちさんを庇うようなことをすれば
自分のいないときにもっとひどいことをされるのではと
敢えて静観されていたのでは?と思いました
ぼんぼちさんの目にどう映ったかはわかりませんが
それがお父様の愛だったのかもしれませんね
by 藤並 香衣 (2017-09-09 23:07) 

こじろう

幸せっていうのは平凡な事だよ,って言う人を知ってる。
余計なことをしたり,高望みしちゃいけないって。

それが本当かどうかは分からないけど,周りの人を裏切ったり傷つけたりする人は不幸な人かもしれないな。
by こじろう (2017-09-10 19:33) 

ぼんぼちぼちぼち

みなさん

確かに、あっしが今ここに存在しているのは、望まぬ妊娠をきっかけにした策略の結果なんでやすよね。
あっしが27才のときに母は突然の病気で死んでくれ
それ以降あっしは、好きな人生を生きて生きて生きまくってきやした。
なので、今ではあっしの幸せ度は、人生の帳尻が充分に合っておつりがくるくらいでやす。
次にうまれてくるときは、もっとマシな親の元に生まれてきたいでやすけどね。

あっしの表現は、画家をやっていた時に 描きたくもない画風を描かねばならず 画家のイメージを守るためのつきたくもない嘘をつかねばならなかったこと 子供の頃に抑圧されて言いたいことが言えなかったことの反動のエネルギーでやすね。
こうして何年もブログで吐露して みなさんに観て読んでいただけたおかげで
あっしの中のどろどろとした膿はもうほとんど絞り出てなくなりつつありやす。
ほんとうにありがとうございやす。

父が虐待されているあっしを傍観していたのは、止めようとすると自分が殴られるからでやしたよ。
実際口に出してそう言ってやした。
でも父にはいっぱいおこずかいもらったり 多くの中高生が連れて行ってもらえないような洒落た飲食店に連れて行ってもらえたりしやしたけどね。
自分が一番、子供が二番に大事だったということでやしょう。
by ぼんぼちぼちぼち (2017-09-10 20:47) 

Ginger

愛憎は表裏一体というけれど、お母様には愛がどうしても見えない・・・。なんと辛い人生でしょう。。。
by Ginger (2017-09-11 14:11) 

そらへい

私はごく平凡な家庭に育ったので、
逆境をバネに出来る人を
うらやんだことがありました。
贅沢な話ですが。
by そらへい (2017-09-11 20:54) 

ぼんぼちぼちぼち

Gingerさん

そうでやすね。母が父に対して愛情らしき行為・言葉を差し出したことは あっしが知る限り一度もなかったでやす。
他の多くの妻がさせてもらえないような贅沢をいっぱいさせてもらってたんだから
思いやる気持ちの一つも出るのが普通の人間だと思うのでやすが、それがみぢんもなかったでやすね。
by ぼんぼちぼちぼち (2017-09-11 22:08) 

ぼんぼちぼちぼち

そらへいさん

そうでやすか。
あっしは逆に、次に生まれて来るときには平凡な家庭の子に生まれてきたいでやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2017-09-11 22:11) 

k_iga

私は3人兄弟の真ん中です。

よくあるように母は兄と弟を溺愛し、2人が遊んでる時も私は母の手伝い(買い物・掃除・料理の手伝い)をさせられ、ストレスの捌け口の対象にもなって理不尽な虐待にも耐えました。今でも顔に傷跡がうっすら残ってます。

ジュール・ルナールの「にんじん」みたいに「お前はメロンが嫌いだろ?」と食べさせてもらえなかったり。

今思えば母はPMS(月経前症候群)が重くて月のうち2週間はイライラしてたんだと思います。

救いは父がすごい子煩悩で、可愛がってくれたことです。

ぼんぼちぼちぼちさんのお母さんって早く亡くなったんですよね?
早く解放されてうらやましいです。

うちの母は老齢もあり、昔のそういった記憶を忘れて(自分の都合よく記憶を書き換えて)子供を平等に育てたとかヌカしてます。

by k_iga (2017-09-12 05:42) 

k_iga

以前、「冷たい廊下」というブログタイトルの意味を書かれてた時、
私なら「重いドアの隙間」だな、と思いました。

毎日のように母に殴られ、夕食前に外に追い出され、近くのボイラー室に隠れてドアを少しだけ開けて、その隙間から帰宅する父を待っていたので。

早くても22時頃に帰宅する父に連れられて帰宅し、夕飯にありつけました。
父は当然、母に激怒し殴ったりしてましたが、母の虐待は治りませんでした。
長文、連投失礼しました。
by k_iga (2017-09-12 05:58) 

ぼんぼちぼちぼち

k_igaさん

k_igaさんもつらい子供時代を送られていたのでやすね。
おっしゃるとおり、お父様がいいかただったのが唯一の救いでやしたね。
でもお父様が激怒し殴ったりしても虐待は続いたのでやすね。
お互い、最悪の母親のもとに生まれてしまったものでやすね。

へい、あっしの母親はあっしが27才の時に 突然くも膜下出血で死にやした。
これで虐待されることともおさらばでき、加えてそんなに働かなくても余裕で生活できる環境になりやした。
無宗教者のあっしもこの時ばかりは「神様っているんだ!」と思わずにいられなかったものでやす。
もしも元気で生き続けていたり、又、病気が死ぬほど重くないものだったら 介護を必要とする状況になってたと思うので
もしもそうなっていたら・・・・と想像するとぞっとしやす。
ほんとにあっしは、運が良かったでやす。

k_igaさんのお母様は今も御存命なのでやすね。
昔の記憶を書きかえられると たまらない理不尽な気持ちになりやすね。
お察ししやす。

by ぼんぼちぼちぼち (2017-09-12 10:53) 

k_iga

あまり連投するとご迷惑だと思いますが、1つだけ。

小学校5年生の時に、帰宅すると入れ違いに女性が玄関から出て来ました。
母の高校だかの時の友だちが訪ねて来ていたのでした。

久々の再会らしく気持ちが高ぶっていて、私に「冷蔵庫にケーキがあるから食べなさい」と機嫌良く告げました。

今日は太陽が西から昇ったかと思うくらい驚愕したのを鮮明に覚えています。
後にも先にもその1度だけでしたが。
by k_iga (2017-09-12 18:00) 

ぼんぼちぼちぼち

k_iga さん

いえいえ、連投してくださるの全然迷惑じゃありやせんよん。

そうでやしたか。お母様はその日よほどゴキゲンだったのでやすね。
次の日からまた虐待のお母様に戻ってしまったのでやすね・・・・・。
by ぼんぼちぼちぼち (2017-09-12 19:28) 

ピュアリン

ぼんぼちぼちぼちさんの穏やかな雰囲気からは
想像が出来ないお母様です  お母様がいらっしゃる時は
とても壮絶な人生だったのですね
ぼんぼちぼちぼちさんの芸術性も 穏やかな雰囲気も
きっとお父様に似たのですね
お父様が18歳家族でいて下さって良かったですね
by ピュアリン (2017-09-14 21:59) 

暁烏 英(あけがらす ひで)

ぼんぼちぼちぼち さんの誕生から少女期は、小説より奇なりの人生ですね。僕が知りたいのは、なぜあなたが母親に6感化されずに生きてこられたのか? 不思議です。悲しいときに力になってくれた人がいたんでしょうね。
by 暁烏 英(あけがらす ひで) (2017-09-14 22:38) 

ぼんぼちぼちぼち

ピュリアンさん

へい、18年間父が家族でいてくれて良かったでやす。
あっしが殴られるのを見ても止めもせずにヘラヘラしてやしたが
他の多くの子供が体験できないようなこともいっぱいさせてもらいやした。
おこずかいたくさんくれたり。
by ぼんぼちぼちぼち (2017-09-15 13:33) 

ぼんぼちぼちぼち

暁烏 英(あけがらす ひで)さん

悲しいときに力になってくれる人は一人もいやせんでやしたよ。相談できる人も一人もいやせんでやした。
何故感化されずに生きてこられたか・・・・・まぁ、あっしが強かったからでやしょうね。
反論すると「親に向かって口ごたえする気かーーーーっ!」とまたボコボコに殴られるので黙ってやしたが。

あっしを救ってくれた大きなものは何かというと「お金」でやす。
中高生時代、父から月に15~16万円こずかいをもらってたんでやす。
そのお金で好きなものを買ったり飲み食いしたりすることで あっしは随分ウサを晴らすことができやした。
これが大きいでやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2017-09-15 13:41) 

裕々

私は古い人間なので、自分たちの子供を望まない男女が安易に深い関係になることに、非常に反感を持っています。
そんなのは欲望のままに生きる、単なる動物に過ぎません。(動物に失礼かな。動物のほうが我が子を大事にしますね)
お話を聞いて、ぼんぼちさんが道を外さずに生きてこられたことが救いですね。
by 裕々 (2017-09-17 12:24) 

ぼんぼちぼちぼち

裕々さん

あっしの母親は若い時不良少女だったので そっちのほうもずいぶんだらしがなかったようでやす。
最近のネットスラングでいうところのDQNでやすね。
あっしは母親を反面教師として生きてきやしたね。
by ぼんぼちぼちぼち (2017-09-17 19:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント