So-net無料ブログ作成

ぼんぼち選・青春映画10作品 [感想文]

青春1.jpg

先日、雑誌「映画芸術」のバックナンバーを捲っていたら、「私の選ぶ青春映画10作品」というような内容の企画がなされており、読むうち私も、自分にとっての青春映画なるものを挙げずにはおれない気分にかられた。
よって今回は、私・ぼんぼちの選ぶ青春映画10作品を 一言コメント付きで紹介したいと思う。
尚これらは、映画界で「青春映画」「青春モノ」とカテゴライズされているものではなく、あくまで私が主観的に「あぁ!青春だなぁ」と感じた作品である。


「書を捨てよ町へ出よう」 寺山修司

青春映画といえば、一も二もなくこの作品を挙げないわけにはゆかない 寺山初期映画代表作。
寺山の分身ともとれる少年が スクリーンの中から観客に呼び掛けるメタシアター的ショットはあまりにも有名。
言いたい事を全てぎゅぎゅっと詰め込んだ感のある 濃密な作品である。


「鉄男」 塚本晋也

作品の奥底をとぐろを巻きつつどろどろと流れる爆発的感情、これぞ青春以外の何物であろうか!
多用されるアニメーションに注がれるエネルギーは、塚本氏の青春の爆発か!


「肉片の恋」 ヤン・シュヴァンクマイエル

生の二片の肉片が、アニメーション技法により、絡み合い ダンスを踊り あっけない最期をとげる。
青春とは、かくも生々しく刹那的なもの。


「台風クラブ」 相米慎二

一般的にも誰れもが認める青春映画。
テーマが奥底の深い部分に埋め込まれた表現は秀逸。
理論的に頭のいい監督でないと創ることのできない作風である。


「東京フィスト」 塚本晋也

初期塚本作品は、私にとって王道の青春映画である。
東京に生まれ育った若者にとって 東京のビル群は身体の一部。
そのビル群ごと 疾走し 叫び 壊れるのだ。


「孔雀」 クリストファー・ドイル

説明不可能な焦燥 倦怠・・・・・青春期というものは、日々こんな感情にたゆたっているものではないだろうか。
監督ドイル氏は、元々キャメラマンなだけあり、映像の完成度の高さには溜息の連続!


「青春の殺人者」 長谷川和彦

回想シーンの折りこまれ方のあまりの絶妙さに唸らずにおれない。
究極の家庭崩壊の象徴として、母親が息子に肉体関係を迫るとは、よく練り込まれた脚本である。
ゴジ第一回監督作品としても有名な作品。


「青春の蹉跌」 神代辰巳

石川達三の同名小説の映画化。
ラストが大きく変えられているが、こちら映画版も堂々見事に成立している。
自身に貫通するテーマを込めたゴジの脚本に拍手!


「電車男」 村上正典

商業映画中の商業映画という理由で敬遠している映画ファンは少なくないかも知れないが、活動屋の魂のこもった 非の打ちどころのない大傑作である。
隙間なくきっちりと完成されたパズルのような仕上がりが気持ちいい。


「アイデン&ティティ」 田口トモロヲ

万人が認めるいかにも青春映画!といった作品。
しかしながら鼻白まない観映感を迎えられるのは、押し過ぎず引き過ぎずの田口監督の力量に他ならない。
主役に、役者ではなくミュージシャン峯田和伸を配したところも その要因であろう。


以上が、私・ぼんぼちが選んだ青春映画10作品である。
皆さんにとっての青春映画は、どのような作品であろうか?

青春2.jpg
 
タグ:青春映画
nice!(315)  コメント(51)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 315

コメント 51

旅爺さん

青春映画・・数十年昔のことだが懐かしいね~!”
60年戻れ~!”
by 旅爺さん (2017-03-24 07:16) 

green_blue_sky

愛と青春の旅立ちかな、まだ人気が出る前に見て、映画館を独占してみていました。
人が成長するときは周りの人と良い関係が必要と感じていました(^_^;)
by green_blue_sky (2017-03-24 07:44) 

にゃごにゃご

さらば青春の光・・・かな。
by にゃごにゃご (2017-03-24 07:57) 

侘び助

田舎育ち・・・自由になった青春時代に見た映画
3本だてで40円・・・まあ手当たり次第で覚えが有りやせん^^
とりわけ時代もんが・・・好きでやした~~ お・そ・ま・つ~~
by 侘び助 (2017-03-24 09:14) 

ワンモア

子供の頃に観た「台風クラブ」、凄い印象に残ってます。
なんかドキドキして観た記憶が(^^)
by ワンモア (2017-03-24 09:26) 

きよたん

幾つか懐かしい題名が上がっていますね
青春の殺人者 なんてね
私の同級生だった秋吉久美子のデビュー作
邦画は旅の重さとかサードとかATGの映画しか
思い出せないな
他に洋画も幾つかありますよね
by きよたん (2017-03-24 09:51) 

yakko

お早うございます。
田舎でしたから 映画館も少なくて
友達に誘われて小林旭の渡り鳥シリーズを見ましたねσ(^◇^;)
by yakko (2017-03-24 10:41) 

sig

"青春"というワードから短絡的に突発的に「青春残酷物語」が思い浮かびました。今観ると当時の町の風景が懐かしいし、悶々としていた時代も懐かしいです。
by sig (2017-03-24 10:45) 

リュカ

書を捨てよ町へ出ようは、少し前にケーブルテレビでやっていたので懐かしくて録画しちゃいました^^
永久保存版です!
あと、田園に死すも^^
by リュカ (2017-03-24 11:01) 

ぼんぼちぼちぼち

みなさん

さっそくのコメントありがとうございやす。
みなさんが青春時代に映画にどのように対峙しておられたかなど 興味深く読ませていただきやした。
そして、それぞれの思い出の青春映画も挙げてくださり、参考になりやした。

「青春残酷物語」は確か大島渚でやすね。これはいつか観たいと考えてやす。
「愛と青春の旅立ち」、あっしは観てないのでやすがタイトルはよく耳にしやすね。有名作品でやすね。
「さらば青春の光」、ザ・フーのアルバムを元に起こされた映画でやすね。
モッズコートの着方がイカしてやしたね。
「サード」は、この10選の中に一瞬入れようかな?って思いやしたがやめやした。
寺山らしい脚本でやしたね。
あっしも挙げた「台風クラブ」「青春の殺人者」、どちらも日本映画史に輝き続ける名作でやすね。
相米さんは撮ってた作品のほとんどが 思春期の子供が劇中の出来事を通じてちょっとだけ大人になるという青春モノでやしたが
やはりこれがダントツに秀逸だと思いやすね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-03-24 11:19) 

馬爺

明るい青春時代がなかったですからね、暗い青春時代なので青春映画は見た事がないですよ。
by 馬爺 (2017-03-24 16:18) 

薔薇少女

彼と知り合った頃、大学祭で見た映画は『初恋地獄篇』でした・・・
by 薔薇少女 (2017-03-24 16:40) 

GG233334

パッと想い浮かんだのが『小さな恋のメロディー』……って、なんかオヂサン恥ずかしいぞ。(汗)
で、あとは理由なき反抗、ウエストサイドストーリー、アメリカングラフィティ、ビッグウエンズデイ、けんかえれじい、八月の濡れた砂なんかを想いだしまスた。ぼんぼちさんと違って、な~んか月並み?
by GG233334 (2017-03-24 18:46) 

beny

上記のうち青春の殺人者だけは見ました。
あと8月の濡れた砂は、入りませんか。
by beny (2017-03-24 19:20) 

がり

学生時代は洋画をよく見てました。
有名どころではないけれど、好きな男優がいて
盛り上がってたのに、名前が思い出せない。ヤバ!!
by がり (2017-03-24 19:26) 

hirometai

ぼんぼちぼちぼち様
こんばんは
ピンクと紫の優しい色です。
素敵です。(^-^)
by hirometai (2017-03-24 20:11) 

ackylacky

「書を捨てよ町へ出よう」は、本を読んだ記憶はあるのですが、何も思い出せません。

自分が青春の頃に見た映画を最近見直しました。
「パリの屋根の下」「巴里祭」なんですが、当時考えていた事を思い出して、今の若い人とはずいぶん違うなと思ってました。
by ackylacky (2017-03-24 20:46) 

ニッキー

青春映画、私は映画を見ていなかったのですが、
かみさんは「小さな恋のメロディー」がとても印象に残ってるそうです( ^ω^ )
by ニッキー (2017-03-24 21:12) 

まみやさん

m(_ _"m)ペコリ  ありがとうございます
花にらで検索したところ とってもよく似てますし 葉っぱがないところもそっくりです
これで疑問解消いたしました
助かりました 感謝です
by まみやさん (2017-03-24 21:35) 

rannyan

う~ん、あまりに昔過ぎて^^; 青春時代に見た青春だと思える映画..
何回も見たのは「風と共に去りぬ」 全然、青春映画じゃないですね~
by rannyan (2017-03-24 22:08) 

末尾ルコ(アルベール)

塚本晋也は俳優としても特別な存在になりましたね。 RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2017-03-24 23:08) 

HIDEe

「鉄男」が青春映画という発想はありませんでした。
私が好きな青春映画は、ありきたりに「スタンド・バイ・ミー」だったりします。
原作のスティーブン・キングのファンというのもありますが。
男にとって子供時代の冒険は、強い共感を覚えるんですよね。
by HIDEe (2017-03-25 05:25) 

くらじ

ぼんぼちぼちぼち様

はじめましてKURAJI(くらじ)と申します
ご訪問と『nice!』誠にありがとうございました!
またどうぞよろしくお願いいたします!
by くらじ (2017-03-25 09:38) 

ぼんぼちぼちぼち

みなさん

思ひ出に残る青春映画やそれにまつわるお話 ありがとうございやす。
そう、一言に「青春映画」と言っても、映画の内容に青春を感じるか 自分が青春期に観た作品なのか で違ってきやすよね。
あっしは、青春期は忙しすぎて殆ど映画を観に行く余裕がなかったので
内容に対して主観的に青春を感じる作品を挙げやした。

そう、塚本さんの作品は、一般的には青春モノではないでやすね。
あくまであっしの主観ね。
初期塚本作品にはあっしは、深ーーーい部分でいたく共感してしまうのでやすよ。あっしも青春時代はいつもそんな感情とぐろまいてたよ って。

「書を捨てよ町へ出よう」、本のほうは映画の内容とは別なんでやすね。
尤もテーゼとしては一貫したものがありやすね。
とにかく、寺山さんの存在は映画でも大きかったでやすね。
あっしは個人的には、やはり書き言葉を最も得意とする人だったなぁと思いやす。

「小さな恋のメロディー」は、たくさんの人にアンケートとると一位になるくらいの誰もが認める青春映画の名作でやすね。
とても完成度の高い作品でやすね。

「八月の濡れた砂」、まだ観てないのでやすよ。
押さえておくべき作品なのでいつか観ようと思いつつ 機会に恵まれやせん。
他にも、みなさんが挙げてくださった作品であっしが観てないもの何作もあるので
チャンスがあったら観てみようと思いやす。
挙げてくださりありがとでやす・ぺこりっ

画像お誉めくださりありがとでやす。
元は、カラオケボックスの壁で、白地に緑だったのをあれこれ加工してみやした。
青春なら やっぱブルーだろう って(◎o◎)b

by ぼんぼちぼちぼち (2017-03-25 12:41) 

ponnta1351

私の時代青春なんて明るいイメージもないし青春映画はず~っと後になってですよ。
中学か高校生の時に母とバーグマンのジャンヌダルク、ビビアンリーの風と共に去りぬを観に行き感動しました。
映画より専ら外国文学に夢中でした。他に無い時代でしたからね。
最近漱石の「心」を読みなおしました。今の人達は小説の電気もない明治の情景を想像することもできないでしょう。
by ponnta1351 (2017-03-25 15:20) 

sana

青春映画‥
おお、さすがのセレクト! ‥名前は見覚えがあるけど、ほとんど見ていないか、見たような気がするのにはっきりとは内容を覚えていない作品ばかりです^^;
自分が思い出すのは~「ウエストサイドストーリー」「エデンの東」見たのは子供の頃ですが、映画を見て生まれて初めての大泣きをした作品。
若い頃に見た映画は結構多くて、ちょっと絞りにくいな~‥名作だけど青春って内容でもないような気も。背伸びしていたのかも^^;

by sana (2017-03-25 15:23) 

トロル

三鷹オスカーとか、池袋のシネマ・ロサや ル・ピリエがあった頃、3本立てとか、、貪るように見ていました。今どう感じるのか、もう一度観たい映画の一番は、「緑色の部屋」です。
by トロル (2017-03-25 16:48) 

ぼんぼちぼちぼち

みなさん

「ウエストサイドストーリー」「エデンの東」も王道の青春映画でやすよね。
これらの作品が思ひ出深いというかた多いかと思いやす。
題名だけは聞いたことあるけと゛観たことないって作品って けっこうありやすよね。
あっしは映画好きなら押さえておくべき作品でまだ観てないのいっぱいありやす。

昔は町町に小さな映画館が必ずありやしたよね。
国立にもありやした。国立スカラ座っていう喫茶店を併設したきたない映画館。
三鷹の街はよく行くので 三鷹オスカーがどのあたりにあったのか とても気になりやす。

そう、あっしも近代文学を好きで読むものの ピンとこない情景や物ってありやすね、恥ずかしながら。
その時代を舞台にした映画を観ると具現化されているから 解かり易いかも知れやせん。
もっと勉強しようと思いやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-03-25 20:55) 

hana2017

ぼんぼちぼちさんの選ばれた青春映画10作品!見事にどれも観ておりません。
そこでコメントも残さずに失礼してしまった訳ながら。。
映画を一番観ていたのは高校生の頃、だから30年以上も前になります^^;
by hana2017 (2017-03-25 22:09) 

プー太の父

私の青春映画というとサイモン&ガーファンクルで
お馴染みの「卒業」なんですがこれは観ていません。
記憶に残っているのは、007シリーズの
「ダイアモンドは永遠に」とか「ひまわり」
それからチャールズ・ブロンソンの映画も大好きでした。
by プー太の父 (2017-03-26 09:56) 

トロル

三鷹オスカーが無くなってから久しいのですが、わたしの記憶も曖昧です。線路の割と側だったかな?半紙に墨で書いた何かを貼っていた商店?が側にあったような…。映写機の音とエアコンの音が煩くて、あまりに後ろに座っちゃダメだったのは、日比谷だったか。そうそう、オスカーは上映中、床をネズミが走るので有名でした。笑、それも面白いな!なんて、青年の頃はおむすび食べながら平気でした。噛まれなくて良かった!
by トロル (2017-03-26 15:25) 

うっかりくま

初めてサントラを買ったウエストサイドストーリー、
ザ・フーの四重人格、サイダーハウスルール、
二十世紀少年読本とか・・どれも音楽が印象的ですね。
鉄男は映画館で見て凄まじかった。「書を捨てよ・・」
はTVで見ましたがとても引き込まれた記憶があります。

by うっかりくま (2017-03-26 16:06) 

未来

ぼんぼちぼちぼちさんとはかなり作風が違いますが、
浦山桐夫監督作品「キューポラのある街」と
今井正監督作品「また逢う日まで」が印象に残っています。
少し古過ぎますね。
by 未来 (2017-03-26 16:46) 

ひでほ

寺山さん、肝臓病で亡くなったので、たぶんC型かB型の肝臓がんができたか?肝硬変で亡くなられたと思います。小生も肝臓病なので、なぜか魅かれます
by ひでほ (2017-03-26 17:39) 

xie

アイデン&ティティ 大好きです!
ディラン好きでしたら,ハマりますよね.
ナツカシイ です!


by xie (2017-03-26 17:44) 

八犬伝

「書を捨てよ町へ出よう」 
とても難解な映画でした。
大学1年くらいの時に、どこかの名画座で見たのですが。
by 八犬伝 (2017-03-26 17:44) 

JUNKO

私に青春時代という華やいだ雰囲気の時間があっただろうかと思い起こしています。成人式ってこんなものかとなんの感激もなかったことだけは覚えています。
by JUNKO (2017-03-26 18:53) 

don

寺山さんの1977年初版本「ポケットに名言を」が手元にあります。
検索できない時代の名言は、それはそれで味わいがある。
ぱらっと開くとそこに名言が^^
「人の一生には焔の時と灰の時がある」
焔の時って、いつだったかなぁ・・



by don (2017-03-26 20:26) 

ぼんぼちぼちぼち

みなさん

みなさんの思ひ出深い青春映画 紹介してくださりありがとでやす。
海外の作品、古い作品、あっしは恥ずかしながら観ていないのでやすが
挙げてくださった作品はどれも名作といわれているものでやすね。
チャンスがあったら観てみようと思いやす。

三鷹オスカー、線路沿いにあったかもしれないのでやすね。
三鷹の街も再開発中で 最近趣のある一角が消えてしまいやした。悲しいでやす。

「書を捨てよ町へ出よう」は、そうでやすね。通常の叙述形式の劇映画のつもりで観ると 意識をくつがえされやすね。
解かり辛いというのは、寺山があまりにも言いたいことをあれこれ詰め込んでしまったという理由もあると思いやす。
もぅ少し巧く削ぎ落されていたら力点が解かり易く浮かびあがったかも知れやせん。
「ポケットに名言を」、あっしも持ってやす。
寺山はいろんな分野で表現をなさったけど、やっぱりつくづく 書き言葉の世界の人だなぁと実感しやす。
短歌をはじめとして、言葉で表現された作品群が特に素晴らしいな と。

「アイデン&ティティ」、ディランらしき男が出てきやすね。プヒ~って。
原作は同名の漫画 みうらじゅんさんの代表作でやすね。
あっしは漫画をリアルタイムで読んでいたので、公開早々に劇場に足を運んだんでやすが
ここまでいい出来の映画だとは想像だにしやせんでやした。

青春期らしい青春期を過ごしたかたは 実はそんなに多くないのかも知れやせんね。
成人式は、あっしは母親の陰湿な虐待のために行かせてもらえませんでやした。
by ぼんぼちぼちぼち (2017-03-27 11:23) 

Ginger

ぼんぼち昭和ムービーラインナップ、いいですね~。美味しいエッセンス♪
by Ginger (2017-03-27 18:09) 

ぼんぼちぼちぼち

Ginger さん

ありがとでやす・ぺこりっ
今回挙げたラインナップは、「肉片の恋」以外は観てるかた知ってるかたが多いかも知れやせん。
あっしとしては、まぁこういうテーマだというのもあり、商業映画がいっぱい入ったなぁと(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-03-27 20:12) 

そらへい

コメントしたと思っていたのですがありませんね。
寝とぼけてたのでしょうか。
知っている映画は半分もありませんでした。
しかもひとつも見ていないという有様です。
by そらへい (2017-03-28 21:20) 

風来鶏

私の場合は、①さびしんぼう②フレンズ③卒業④小さな恋のメロディー⑤ジェレミー⑥青春デンデケデケデケ⑦転校生(長野版)⑧8月の濡れた砂⑨遥かノスタルジー⑩なごり雪…大林宣彦監督作品が多いですね(^_-)
by 風来鶏 (2017-03-29 02:01) 

ぼんぼちぼちぼち

そらへいさん

そうでやしたか。
特に「肉片の恋」のあたりは知ってるかた自体少ないかも知れやせん。
ぼんぼち主観の青春映画選なのでf(◎o◎)
by ぼんぼちぼちぼち (2017-03-29 13:02) 

ぼんぼちぼちぼち

風来鶏 さん

大林さんお好きなのでやすね。
大林さんといえば、先日 60年代の実験映画が5作上映される催しがあったのでやすが
中に大林さんの作品もありやした。
氏は商業映画にいく前は実験映画を作ってたんでやすよね。
ヤン・シュヴァンクマイエルに影響受けてるのがよく解かりやした(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-03-29 13:07) 

sakamono

①~④までは、私も昔、観に行きました。
映像に圧倒されるような迫力を感じたように、思いました。
by sakamono (2017-03-30 22:48) 

暁烏 英(あけがらす ひで)

ぼんぼちぼちぼち さんの10選、どれも観ていません。
自分の場合、映画の中じゃなくて現実の中で主役を演じてたのかなあ?今も青春ストーリーの真っただ中・・・。ナンチャッテ・・・これは嘘。今は「玄冬」。
by 暁烏 英(あけがらす ひで) (2017-03-31 10:51) 

ぼんぼちぼちぼち

sakamono さん

1~4まで観られてるとは流石でやすなぁ。
特に「肉片の恋」なんて初めて観たときは言葉を失いやすね。
あのあっけなさもいいでやすよね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-03-31 12:28) 

ぼんぼちぼちぼち

暁烏 英(あけがらす ひで)さん

今は冬なのでやすね。
あっしの人生は晩秋かなぁ。
お互いにやり残し・悔いのない人生を歩みやしょうでやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-03-31 12:32) 

伊閣蝶

どれも素晴らしい映画ばかりですね。
強烈な印象を残した作品ばかりですが、うんうんうなって「書を捨てよ町へ出よう」を選んでしまいます。
私自身としては、他に「十九歳の地図(柳町光男)」とか「不良少年(羽仁進)」あたりが浮かんできました。
「八月の濡れた砂」なども印象深い青春映画でした。
ロバート・ワイズ監督の「ふたり」も痛切な青春映画でしたね。
by 伊閣蝶 (2017-04-01 14:20) 

ぼんぼちぼちぼち

伊閣蝶 さん

伊閣蝶 さんにそう言っていただけるとは光栄でやす。
「書を捨てよ---」を選ばれやしたか。
16ミリの最高傑作と言われてやすね。
寺山は、その後も幾つも長編映画を作れるかどうか あの時点では判らなかったと思いやすね。
もしかしたらこれが最初で最後の長編映画になるかもって思ってたんじゃないかな と。
だからだと思うんでやすが、注がれるエネルギーが尋常ではないし 言いたいことをぎゅぎゅぎゅーーーっと詰め込んでやすね。

ご紹介くださった作品は恥ずかしながらどれも観ていないので、チャンスを見つけて観てみようと思いやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-04-03 13:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0