So-net無料ブログ作成

  マリリンモンローの演技力  [感想文]

私がマリリンモンローのファンになったのは中学生の時であるが、当時は疑問に感じたものだ。
「一般的に、たいして上手くもないお色気だけの人気女優だったと評されているらしいが、演技を観れば 上手い役者であることは一目瞭然なのに・・・どうして?」----と。
大人になった現在(いま)でこそ、前々回記事「マリリンモンロー・永遠の完結美」で述べたように、世間が風貌に相応しい内面だと思い込みたかった故だと 十二分に理解できるのだが。

マリリンモンローろ.jpgストラスバーグのアクターズスタジオに入門後の作品は「バス停留所」からになるが、それ以前の演技だって 見事なものである。
「百万長者と結婚する方法」での リアリティを持たせながらもコミカルにデフォルメさせたド近眼の演技も、「紳士は金髪がお好き」での ジェーンラッセルと好対照な ちょっとズルいが憎めない性格表現も、初主演作「ノックは無用」の 精神をわずらっているシリアスな芝居も、呼吸(いき)つく間なく魅入ってしまう。
だいたい、似たような人物像の役がきたら 似たような演技になるのは当然ぢゃないか。
で、いながら、あれだけ微妙な違いを演じ分けられるのは 天晴れだと思う。

しかし----
マリリンモンローい.jpg彼女が苦悩していた 上手かったにも関わらず演技派だと世間から認められなかったことの根源は、モンロー自身にもあるといえよう。
あの独特なトロリとしたメイクやモンローウォークに見てとれる セクシーさの塊と言える姿・身のこなしは、何が何でもスターダムにのし上がる為の 彼女自身のアイデア・意思だったという。
もしも演技派女優としてこその脚光を浴びたかったら、派手な化粧もせず グラマラスな肢体は隠しに隠し、売り込むべきだったろう。

あれほどの演技をこなし 厳しい競争世界を勝ち上がってきたのだから、言わずもがなモンローは、聡明で 人並み外れた根性のある 努力家・戦略家だったに他ならない。
けれど、そこにもう一つ、「したたかさ」というものを持ち合わせていたとしたら----
セクシーな美人女優は大衆が演技派と認めたがらないことなど 軽々と見抜いて、「たいした芝居のできないポカンとした可愛らしいマリリンモンロー像」を、腹の底でケラケラと笑い飛ばしながら 事もなげに演じ続けたであろう。


nice!(303)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 303

コメント 32

斗夢

マリリンモンローはTVで何度か見た「帰らざる河」の一場面しか記憶にありません。ストーリーは全く記憶に無く「マリリンモンローはノータリン」と^^。
by 斗夢 (2013-10-28 08:35) 

ぼんぼちぼちぼち

斗夢さん

「帰らざる河」 作品そのものは決して秀作とは言えないと思いやすが
冒頭とラストで歌うモンローは それはもう魅力的でやす(◎o◎)b
個人的には、ホンキートンクピアノが好きなので それが聴けるのも嬉しかったり・・・

マリリンモンローノータリーン・・・・野坂センセイが歌われてやしたね。

by ぼんぼちぼちぼち (2013-10-28 10:22) 

cafelamama

演技にうるさいビリー・ワイルダーが、2度も主演に迎えたのですから
女優としての実力は皆が認めていたと思います。
単なるお色気女優なら、あれだけ魅力的な表情や、ナイーブな演技を
何十人もスタッフのいる埃っぽい撮影現場では作れないでしょうね。
俳優や女優は、普通の人にはできない特殊な才能を持った人たちです。
その意味において、モンローは多くの人に愛された見事な女優でした。
ましてや、演技派女優なんて言われたくなかったはずです。
演技派と言う言葉は、役者としての魅力に欠ける人をさす言葉だと
僕は思ってます。
デ・ニーロやメリル・ストリープのことを、誰も演技派とは言わないように。
by cafelamama (2013-10-28 14:01) 

sig

前回、今回と大好きなマリリンがけなされないかと冷や汗かいておりましたが、正当に評価(私も同感)されてほっとしております。笑
by sig (2013-10-28 16:13) 

beny

 モンローの映画は4作しか見ておりませんが、中でも一番感動したのは50年代のアメリカンテイスト「ナイアガラ」です。モンローには珍しくセクシーで蠱惑的な悪女役。夫(ジョセフコットン)が心休まる事無く振り回されてしまうのも無理からぬ話。
 挿入歌はモンローが新婚夫婦らの中心で歌う「キス」。歌唱力も超一流。最後に鐘とともに流れる曲もキス。悲しくも美しい曲。この曲は後にナイアガラ郡歌に採用されたと本で読んだことがありますが今でも続いているのかしら。
 あとビリーワイルダーのお熱いのがお好き、7年目の浮気も良いですね。
by beny (2013-10-28 21:03) 

マメ三

「バス停留所」のカウボーイの強引なプロポーズに翻弄される場末の歌姫や、「お熱いのがお好き」の大富豪のロマンスに憧れる旅楽団のウクレレ奏者等の可愛い女性を演じるモンローは魅力的です。
by マメ三 (2013-10-28 23:37) 

ぼんぼちぼちぼち

cafelamama さん

勿論、プロの間では、きちんと演技の出来る役者だと認められてやしたね。
にも関わらず、名が出てから あえてアクターズスタジオに入門し、無名の舞台役者達と並んでレッスンを受けることを希望したとか。
スタジオ内公演の「欲望という名の電車」での彼女の演技は、それはもう見事なものだったそうでやすね。
---資料映像として遺されていないのが何とも残念でやす。
無名時代もトップスターになってからも 人の何倍もの努力を惜しまない 勤勉家だったようでやすね。

by ぼんぼちぼちぼち (2013-10-29 13:36) 

ぼんぼちぼちぼち

sig さん

ぼんぼちは正当に評価しやすよん(◎o◎)b
よく下調べもしないで主観や臆測で それが事実であるような言い切りは絶対しやせんし、
また、好きだからといって、何から何まで全てを盲目的に賛美することもしやせん。

sig さんの創られた映画に、「紳士は金髪がお好き」の一場面が出てきやしたね。
あっしは、モンロー出演作品の中で あれが一番好きなんでやす(◎o◎)b
モンロー、最高に輝いていたと感じてやすし、次々と変わる秀逸な衣裳も 観ていてとても楽しいでやす。

by ぼんぼちぼちぼち (2013-10-29 13:39) 

ぼんぼちぼちぼち

beny さん

ピンクのワンピースで「キス」を歌う場面、見せ場のひとつでやしたね(◎o◎)b
>後にナイアガラ郡歌に採用された・・・
そうだったのでやすか!
作品の影響力を裏付ける逸話でやすね。

そして、「七年目の浮気」と「お熱いのがお好き」と・・・といえば
そっくりさんがモノマネをするときって、みんな判で押したように、地下鉄の風に涼むシーンで着ていた白いドレス+劇中歌「あなたに愛されたい」なのが 不思議でやすね。
もっといろんなモンローをマネればいいのに~って その度に思いやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2013-10-29 13:40) 

ぼんぼちぼちぼち

マメ三さん

「バス停留所」、カウボーイとの出逢いのシーンからして印象的でやしたね。
嬉しさいっぱいで再び歌い始めるところなんて かわいいでやすよね~o(◎o◎)o

「お熱いのがお好き」、この頃のモンローは調子が悪くて撮影が随分難航したようでやすが
寝台車でパーティーが始まってしまうところなど 笑ってしまいやすね(◎o◎)b

by ぼんぼちぼちぼち (2013-10-29 13:42) 

ackylacky

 コメントを読んでいると、ここにはビリーワイルダーをお好きな方おられるんですね。実世界で、名前を知っている人にも会ったことないです。
 私もビリーワイルダーのファンなので嬉しいです。

 個人的にはモンローの演技というところは良く分るのですが、セクシーというところが理解できなくて。逆にこれがセクシーというものかと変な納得の仕方をしていたり。

 映画の中はもちろんインタビューの映像でも明らかに演技で、素の自分を出さなかった人なのだと思ってました。
by ackylacky (2013-10-29 15:45) 

ぼんぼちぼちぼち

ackylacky さん

ビリーワイルダーの作品は観たことがあっても 名前まで記憶している人は そう多くないのかも知れやせんね。

なるほど。 どんな雰囲気の女性をセクシーとだと思うかは、人それぞれかなり違うようでやすね。
セクシーさだけではなく、美しいと感じるか、素敵だと好印象を持てるか もね(◎o◎)b
ackylacky さんは どんな女性をセクシーだと思われるのか 興味ありやす。
ちなみにぼんぼち、日本の女優さんでは、吹雪ジュンさん 烏丸せつ子さん 洞口依子さんがセクシーでキュートで魅力的だなぁと思いやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2013-10-29 17:50) 

rantan-nya

残念ながらテレビでしか見たことがないので、きちんと見ないとダメですね!
テレビは吹き替えだし・・
ケネディ大統領のバースディに歌うモンローさんを見たことがありますが
とてもセクシーにイメージ通りに唄ってました
これは、ほんとに殺されたのかな? とチラッと思ってしまいました~
by rantan-nya (2013-10-29 18:11) 

ぼんぼちぼちぼち

rantan-nya さん

吹き替え・・・日本人にとっては、向井真理子さんの あのかん高い声のイメージが定着しきってやすね(◎o◎)b
で、歌になるとホンモノの声で いきなりハスキーになるので、一瞬驚いたりしやすね。

ケネディの指示で殺されたのか否か・・・・真相はいまだ謎でやすね。

by ぼんぼちぼちぼち (2013-10-29 20:32) 

イヴママ

女性であれば、羨ましく思える色気と美貌。
私だってセクシーでかわいらしい女性になってみたいと思うのよ。
ま、そこまで色気がなくとも、
少しでも女子力アップしたいとは思っています。
でも夫が言う・・・「お前はおっさんだな」
娘も言うのです「ママはお父さん」
どういうこと!?
by イヴママ (2013-10-30 10:21) 

johncomeback

拙ブログへのコメントありがとうございます。
日本人はダジャレが好きですね、縁起物もシャレがおおいですよね。
by johncomeback (2013-10-30 15:11) 

kohtyan

中学生の頃でしたか、ナイアガラ を見た記憶があります。
ディマジオと結婚して、日本に新婚旅行に来ましたね。
今も、話題になるのですから、大女優の一人でしょうね。
by kohtyan (2013-10-30 18:59) 

向日葵

流石にぼんぼちさん、鋭い洞察力ですね。

     って、同意見の方、多いですね。(苦笑。。)

ビリー・ワイルダーも、モンローも、少し時代が早いので、
ワタクシは専ら「お昼の名画再放送番組」(勿論吹き替え)で
なんとか観た口です。

ケネディとの謀殺説など(真偽はともかく)懐かしいですねぇぇ。。
by 向日葵 (2013-10-31 01:07) 

ちゅんちゅんちゅん

こんばんは!
モンローって
くねくね ゆらゆら そんなオンナを演じていましたが
不思議と同性の目にも「いやらしく」映らなかったんですよね。
いやらしくないけど官能的。
理想のシンボルですよね。
男女関係なく それぞれのシンボルでありえるわけですから・・・
ぼんぼちぼちぼちさんが書かれたように
「したたかさ」が欠如していたからこそなのかもしれません。
来月9日以後に
またお邪魔します。よろしくお願いします!
by ちゅんちゅんちゅん (2013-10-31 03:21) 

ぼんぼちぼちぼち

イヴママさん

もしかして、風呂上りにパンツいっちょでビールぷは~とか?・笑

お店のオーナーとしてやっていかれるには、男性的気質も必要なのでやすよね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2013-10-31 09:31) 

ぼんぼちぼちぼち

johncomebackさん

そう、縁起ものもシャレ 多いでやすね~
テレビ倒産じゃなくてよかったと思いやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2013-10-31 09:36) 

ぼんぼちぼちぼち

kohtyan さん

ナイアガラ、彼女の出世作でやすね。
あれで初めてモンローウォークをお披露目したようでやすね。

あぁ、新婚旅行、日本だったんでやすよね。
日本人としては ちと嬉しいでやすね(◎o◎)b
あっしがもっと早く生まれてたら、絶対観にいってたなぁ~
by ぼんぼちぼちぼち (2013-10-31 09:49) 

ぼんぼちぼちぼち

向日葵さん

あっしはモンローが亡くなった年に生まれているので
やはり モンローを初めて知ったのは、テレビの吹き替えの洋画劇場でやすね。
記憶にある中で一番最初に観たモンロー作品は、「バス停留所」かなぁ。

ごく最近も、モンローのドキュメンタリー映画が公開されたのでやすが
その映画て゛は、20世紀フォックスとの確執は細かに明かされているのに
ケネディとの関係のところだけすっかり飛ばされていて(ハッピーバースディーを歌う映像は流れても 何故歌いに行ったかすら説明されていなかった)
創るにあたって いろいろ不都合があったのだなぁ と思いやした(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2013-10-31 10:04) 

ぼんぼちぼちぼち

ちゅんちゅんちゅんさん

そっくりさんのモノマネは、べた~と下品なのが多いけど
ホンモノのモンローは、官能的でありながら 可憐でかわいらしかったんでやすよね。

そう、真面目な気質だったからこそ 「またマリリンモンローを演じることを求められるの?」って苦悩したのでやしょうね。
先日観たドキュメンタリー映画でも、いかに彼女が勤勉な努力家だったかが描かれてやした(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2013-10-31 10:11) 

hatsune

マリリン・モンローというと、カポーティは「ティファニーで朝食を」のホリーにマリリン・モンローを
と思っていたという話を思い出します。それ以来、「ティファニーで朝食を」
を読むと、マリリン・モンローの顔が浮かんできます。
主人のお母さんはむかし帝国ホテルに勤めていたのですが、
ディマジオは見たそうです(^^;
by hatsune (2013-10-31 21:33) 

るね

実は、モンローの出演作でちゃんと観たのは「七年目の浮気」のみなんで、彼女の演技がどうなんて評価できないのですがw

強かさ……そうですね、もしそれがあったなら、あのような最期にはならなかったのかもしれません。
しかしそれがなかったが故に、あれだけセクシーで蠱惑的でありながら、それが変にイヤらしくならずに映ったのかなぁ、とも。


by るね (2013-11-01 00:21) 

ぼんぼちぼちぼち

hatsune さん

そうそう、「ティファニーで朝食を」は、マリリン・モンローを・・・
そうなんでやすよね。
モンローで映られてたら絶対観てたなぁ・・・
実現してたらよかったなぁ・・・

御主人のお母様、ディマジオをご覧になられたのでやすか!
羨ましいでやすo(◎o◎)o

by ぼんぼちぼちぼち (2013-11-01 19:12) 

ぼんぼちぼちぼち

るねさん

「七年目の浮気」 二人でピアノを弾くシーンや シャンパンにポテトチップスをひたして食べるシーンなど とてもコミカルで笑ってしまいやすね(◎o◎)b

そう、モンローには、変なイヤらしさがなかったでやすね。
セクシーでいて清純、蠱惑的でありながら下品な媚びがない・・・
やはりそれは、強かではない まっすぐな気質だったからだと思いやす。
そして、あっしがいつも そっくりさんのモノマネを観て「違うよー」って思うのも そこなんでやすよ。
まぁ、そういう内側から醸し出されるものを真似るのは どだい無理な話なのでやしょうけれど。

by ぼんぼちぼちぼち (2013-11-01 19:37) 

beny

×悲しくも美しい曲〇ミステリアスで美しい曲
訂正します。
by beny (2013-11-03 12:35) 

ぼんぼちぼちぼち

beny さん

ご丁寧にどうもでやす・ぺこりっ
いい曲でやすよね~
モンローの歌のCDを持っているのでやすが、あの曲は入ってないのが残念でやす。
聴きたいときに聴けないとなると、なんかむしょうに聴きたくなりやす(◎o◎6~♪
by ぼんぼちぼちぼち (2013-11-03 20:25) 

さきしなのてるりん

チャップリンと同じころにテレビでやってなかった?億万長者と結婚する法っての。白黒で笑いながら見ていた記憶があるけど。あれがマリリンだったのかなと、遠い記憶をたどることになるけどそうなら大した喜劇役者だったなぁ。というのに帰らざる河は、かなりシブイ?幅の広い役者だったのか。亡くなってから注目したというところがほんとのところ。自分の思い通りに生きてるようでいながら寂しい人だったようで、何となく満たされない人生だったのかと、少し悲しい。
by さきしなのてるりん (2013-11-06 22:02) 

ぼんぼちぼちぼち

さきしなのてるりんさん

ド近眼で ファッションショーで定位置でポーズを決める前につまづくとこも、場末の歌姫で ラスト 悲しげに歌う表情も どちらもいいなぁ~と思いやす(◎o◎)b
私生活では、生い立ち・・・二度の短い結婚・・・謎の死・・・・寂しい一生だったようでやす。

by ぼんぼちぼちぼち (2013-11-07 16:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0