So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

 カタヌキの思ひ出  [独り言]

みなさんは子供の頃、「カタヌキ」をやったことはおありだろうか?
----カタヌキとは、花や動物の形が押された板状の菓子を まち針のようなもので上手につついて 輪郭を崩さずに抜き出せると景品がもらえるという 昭和の祭りには必ずといっていいほど出ていた 出店での遊びである。
私は一度だけ やったことがある。
そしてその一度だけのカタヌキ遊びの思ひ出は、今も私の心をチクチクと刺す 痛い思ひ出である。
カタヌキ1.jpg
----私は中学生だった。
地元の街の祭りにぶらりと出かけたのである。 四才下の弟を連れて。
わたあめ たこ焼き 金魚すくい・・・・祭りといえば---のお定まりの出店の数々。
するうち、私達の眼前に、カタヌキ屋が現れた。
灯下ではすでに 幾人もの子供達がしゃがみこみ、一心に小さな長方形格闘していた。
私達もあおられ気分高揚し やってみることにした。
出店のおじさんに二回分の金を払い、板菓子一枚と針一本を弟に、私は 自分の分の板菓子を台に置き これからの挑戦に胸躍らせながら 針を右手にしゃがみこんだ。
すると----
「奥さん! アンタがやんのぉぉぉぉぉ~~~?!?!」
出店のおじさんが すっとんきょうな声をあげたのである。
続けて「はぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~」と、いい年してまったく呆れ返ったもんだねぇと言はむばかりの表情で私を見下した。
私を弟の母親だと思い込んだのである。

私は小学五年の時、美容院で「十九才くらいでしょ」と言われて以来、実年齢よりずいぶん大人に見られるのだという自覚はあった。
中学に入ってからはショッピング先では「学生さんですか?お勤めですか?」と敬語を使われ、父と二人で食事に行くと、何の疑いもなく 夫婦か恋人同士に見られた。
しかし、子持ち主婦だと思われたのは初めてだった。 しかも十才もの子供の。
つまり、三十才くらいに見られた訳である。
今の私にとって三十才は若いが、中学生にとっての三十才は充分におばさんである。
私の心は針でつつかれたようにチクチクと痛んだ。
私は消極的な子供だったので 「中学生なんです」と主張する勇気はなく、おじさんの侮蔑の視線をチクチクと感じながら ただうつむいて板菓子に針を立てた。
おじさんのチクチクが痛すぎて 楽しむどころではなかった。

板菓子は輪郭が半分ほど外れたところで大きく割れた。
おじさんは、ますますの侮蔑で私を刺しながら 針をひったくるように回収した。

カタヌキ.jpg

nice!(246)  コメント(47)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 ナントカ  [台詞]

「・・・・・・そういえば、今度入ったバイトの宮下くん、ナントカって人に似てるわよね。・・・・・えーと・・・・ナントカカントカっていう俳優に。・・・・えーと、えーと、・・・・ずっと前うちの人と観に行った『ナントカ家族』って映画に出てた人よ。・・・・・・違う・・・・・違う・・・・・違う・・・・・違う・・・・・・・・『ナントカカントカくん』っていうテレビドラマにも出てた人よ。・・・・・・・・・そうねぇ、・・・・なんかこぅ・・・・しょぼしょぼしてて、励ましたくなる感じの人よ・・・・・・とにかくナントカって人よ。・・・・・・NHK大河ドラマ?ずいぶん前の?・・・・馬場さんが言ってる人、その人かしら?・・・・・なんていう役やってた人のこと?・・・・・・・・・・・・馬場さん、あなたねぇ、『ナントカ』じゃ全然解らないわよ」

ナントカ.jpg

nice!(278)  コメント(54)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

趣味友と語らう充実のひととき  [独り言]

みなさんは、何か趣味といえるものを持っておられますでしょうか?
そして、その趣味を共有する友達、いわゆる趣味友はおられますでしょうか?
私・ぼんぼちは、映画鑑賞が趣味で、その趣味友は一人います。

一言に映画鑑賞が趣味といっても、映画にどう向き合うか・鑑賞するかは千差万別です。
例えば、鉄道ファンを例にとっても----
電車写真を撮るのが趣味の人、電車に乗って色々な土地に旅するのが趣味の人、鉄道関係のグッズを集める事を趣味としている人、時刻表を熟読し暗記する事を趣味としている人、等々 様々です。
映画鑑賞の趣味も同様なのです。

趣味友.jpg中、私は、「映画というものの何たるかを勉強し、作品を深く理解すること」を趣味としています。
ですから、自分と同じ趣味を持つ友人がいたら 話が通じ 感想や情報の交換もできて楽しいだろうなぁと思っていました。
具体的にいうと、映像理論 映画史 演技論を勉強し把握している人、隠喩表現 抽象表現が理解できる人、スタニスラフスキーシステムが解っている人、スチルアニメーションやカットアウトアニメーションがどういう技法か知っている人、シナリオでの「柱」や「F.O」が何を指す言葉か知っている人、決定稿と完成台本はどう違うのか知っている人、スクリプターがどういう仕事をする人か知っている人、「ゴジ」が誰だか知っている人、です。
そういう友人が欲しいなぁと思っていました。
けれど、ネットの映画作品掲示板の中にはしばしば遭遇し、真剣に意見を交わしたりはできるものの、直接接する いわゆるリアルな場では、出逢えませんでした。
----やっぱり、自分と同じ趣味の人に リアルに出逢えるなんていう偶然はないのかな・・・・?

趣味友1.jpgと、二年ほど前、ちょっとしたイベントで知りあった人が、まさに 私と同じ方向性の映画趣味人だったのです。
映画関連のイベントではなかったので、共通の趣味だと解った時は 嬉しく驚きました。
それもその筈、その人は、大学時代に映画研究会に在籍しており、そこで徹底的に映画の勉強をしたらしいのです。
私は社会人になってから 研究所やシンポジウムで学んできたので、その人のほうが ずいぶん早くに勉強してきた先輩になります。
又、映画と切っても切れない関係にある演劇と文学も 当然ながら共通の話題となります。
趣味友ができ 趣味の話に花を咲かせるひとときが これほどまでに充実した有意義なものだとは、予想を遥かに上回るものでした。

今日もこれから、その趣味友と飲みにでかけるところです。
今宵の肴は、どの映画作品にしようかな・・・・。



nice!(315)  コメント(61)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 薄紫色の葉  [写真]

写真・紫色の葉.jpg


空き地などでよく見かける白っぽい葉と茎の大きな雑草でやす。
ネガ加工してみたら こんな感じの淡い紫色になりやした。

この雑草の名前、何度聞いても 忘れてしまいやす。
てか、植物の名前に限らず、あっしは昔から 右に出る者がいないくらい記憶力が悪いので、名前とか年号とか 全然覚えられやせん。
学校時代、教科書をまるまる二頁覚えなさいという宿題が出たとき、一晩中一生懸命努力しても 頭の二行すら覚えられやせんでやした。
それにしても何で、中高生時代の学科の勉強って、「丸暗記」ばかりだったんでやしょうね?
記憶力が最悪でも 社会に出て困ることなんて 何もないのに・・・・。



nice!(314)  コメント(53)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 第4回ぼんぼちオフ会を了えて  [独り言]

先日の9月10日(土)、高円寺のカフェ・ヤミーにて、第4回ぼんぼちオフ会を無事に了えることができやした。
これもひとえに、ご参加くださったみなさんとカフェ・ヤミーのスタッフさんのおかげでやす。
心から御礼申し上げやす。
ご参加くださったかたがたは、
よーちゃんさん NO14Ruggerman さん 青山実花さん にゃごにゃごさん Rchoose19さん えーちゃんさん きよたんさん るねさん さる1号さん lequiche さん リュカさん ponnta1351さん ackylackyさん 美美さん  sakamonoさん 向日葵さん kick_driveさん green_blue_sky さん Hide さん
の19名様プラスぼんぼちで、総勢20人の賑やかな宴となりやした。

オフ会い.jpg4回目ともなると、顔見知りになっておられるかたが多く、また別のかたの所でのオフ会で親しくなられているかたも少なくないようで、しょっぱなから和気あいあいと盛り上がり、そして 時が経ちお酒が入るにしたがって、みなさん席や立ち位置の移動も自由にされ、ますますの盛会となりやした。

差し入れやプレゼントをくださったかたも多く、Hide さんからは高級ぶどうを、kick_driveさんからは綺麗な薔薇とトルコキキョウの花束を、NO14Ruggerman さんからは皮の柔らかな甘いトウモロコシを、えーちゃんさんときよたんさんからは、それぞれ美味しいお菓子を、Rchoose19さんからは可愛い馬のぬいぐるみをいただきやした。
差し入れは、スタッフのかたに調理していただいたり 綺麗に盛りつけていただいたりしてみなさんと共にいただき、プレゼントは、あっしが大切に自室に持ち帰り 飾らせていただいてやす。
オフ会ろ.jpgくださったみなさん、お気使い、ありがとうございやした。

それから、よーちゃんさんがマジックを披露してくださいやした。
これがすごかった!
後で何度考えてみてもまったくタネが解らない!
も一度観たいと思わずにおれない本格派マジックでやした。

また、仮装でのご参加も大歓迎という告知に応えてくださって、NO14Ruggerman さんが真っ赤なスポーツウエアと短パンのラガーマンスタイルで来てくださいやした。
とてもお似合いでかっこよかったでやす!

ぼんぼちオフ会、前回の反省点を改善して より充実したオフ会を目指したいという思いが強くありやして、前回唯一 反省すべきだったのは、みなさんが会場にいらした時点で テーブル上ががらんと何もなかったことでやす。
なので、今回は、ドライフードの盛り合わせを置かせていただきやした。
加えて、タイミングよくHide さんからのぶどうも届いていたので それも並べて出させていただきやした。
会場に足を踏み入れた瞬間、パーティー感を感じていただけていたら幸いでやす。

オフ会の主役は ご参加くださるみなさん、そういうモットーでぼんぼちオフ会、やっておりやす。
回を重ねる毎に よりご満足度の高いオフ会にできれば、と考えておりやす。
次回は、来年の3月くらいに開催できれば・・・・・・と思いやす。

オフ会は.jpg

nice!(299)  コメント(92)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 美容院のウィンドウ   [写真]

写真・美容院.jpg


高円寺の美容院のウィンドウでやす。
この美容院はエクステが得意なようで、エクステを使ったスタイル例が何枚もありやすね。
みなさんはエクステやったことありやすか?
てか、やったことのある人 少ないでやすよね?
ぼんぼちは、何か特別な日に 一度くらいやってみてもいいかな?と思ってやす。

さて、今日9月10日(土)は、第4回ぼんぼちオフ会の日でやす。
ご参加のみなさん、どうぞお気をつけてご来場くださいでやす。
みなさんで 楽しい一夜としやしょうでやす!
飛び入り参加も大歓迎なので、ふいに思い立ったかたもどーぞでやす!
詳細情報は前回記事にて記してやす。
ご参加でないみなさんも、よい一日をお過ごしくださいでやす!
なお、オフ会のもようは、9月13日の次回記事にて綴らせていただきやすね。

nice!(318)  コメント(96)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

9月10日(土)のぼんぼちオフ会が近づいてまいりやした [告知]

来たる9月10日(土)、第4回ぼんぼち主催のオフ会がいよいよ近づいてまいりやした。
ご参加くださるみなさま、首を長くしてお待ち申しておりやす。
逡巡されているかた、寸前まで都合の判らないかたも、人数的にまだまだ余裕で入れやすので、お気が向かれやしたら ご参加いただけると幸いでやす。
当日いきなりの飛び入り参加、途中参加も大歓迎でやす!

そして今日は、かねてよりお知らせしてやす こちらの基本情報http://blog.so-net.ne.jp/bon-bochi/2016-06-03に加え、会場までの道順などを掲載させてただきやすね。

オフ会会場最寄駅は、JR高円寺駅でやす。
高円寺には、中央線 総武線 東西線の三線が乗り入れてやすが、当日は土曜日で休日ダイヤのため、中央線は停まらないのでお気をつけくださいでやす。

高円寺駅の改札は一カ所でやす。
改札を背にして右に出ると南口、左に出ると北口でやす。
会場は北口なので、左に出てくださいでやす。
北口に出、ロータリーを眼前にすると、右のほうに交番が在りやす。
その交番を背にし、目の前の信号をお渡りくださいでやす。
渡るとコンビニの前に来やす。
コンビニの右側面の小路をゆきやす。小路の右側はパチンコ店でやす。
小路を抜けると、弁当屋の前に出やす。
この弁当屋の前の路を右にゆき クリーニング店を過ぎると、会場であるCafe yummyが在りやす。下が、yummy外観写真でやす。
改札から会場までは、徒歩2分ほどでやす。
入口ドアの横に「ぼんぼちオフ会会場」というプレートを掲げておきやすので、どーぞ!お入りくださいでやす!

なお、お料理は、前回とほぼ違うものが出やす。
前回ご参加くださったかたも 新鮮な気持ちで臨まれてくださいでやす!

ではみなさん、ともに楽しいひとときを過ごしやしょうでやす!!

オフ会会場.jpg


nice!(311)  コメント(72)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 蚊やりぶたと薬缶  [写真]

写真・蚊やり豚とやかん.jpg


先日は三軒茶屋三角地帯の写真を公開しやしたが、これもその一角で撮った作品でやす。
丸い物が二つ並んでるのって面白いかな?くらいの気持ちで 深く計算せずにダメ元でひょいっと撮ったのでやすが、ちょっとぼやけていてキマりすぎてないところが悪くないかも?と思いやした。
あっしはどうも、キメすぎてしまうきらいがあるので、キメすぎない写真を撮るのがあっしの中での一つの課題になってやす。
これからも、こんな感じの写真を織り交ぜてゆけたら・・・・と、あっしなりに考えてやす。

ところで、蚊やりと貯金箱はブタさん型に限る・・・・と思うの、あっしだけじゃないでやすよね?


※9月10日(土)のオフ会、参加者募集中でやす!http://blog.so-net.ne.jp/bon-bochi/2016-06-03


nice!(316)  コメント(46)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

書籍「ATG映画を読む」(フィルムアート社)  [感想文]

ATG映画を読む.jpg

映画好きが映画を観る時は、水準の高い作品ばかりを観たいものである。
駄作になぞは遭遇したくないものである。
その為に、映画好きのみなさんは、どのような策を取っているであろうか?
この監督、この脚本家の仕事なら安心だとあたりをつける。
一定のクオリティ以上の作品だけを上映する劇場をたよりにする。
----ATG映画を選ぶ。
この基準を持っている映画好きは、非常に多いのではなかろうか?

そう、ATG映画は、それくらい全体的に水準が高い。
ボクシングの選手に例えると、KO勝ちが圧倒数で 次にKOとまではゆかないが勝ち。 負けやましてはKO負けなんて ほんの数えるほど、といったところである。
ATGは、映画界史上に遺る 他に類を見ない高水準製作・配給会社なのである。

「おとし穴」 勅使河原宏
「パサジェルカ」 アンジェイ・ムンク http://blog.so-net.ne.jp/bon-bochi/2012-12-17
「憂国」 三島由紀夫 http://blog.so-net.ne.jp/bon-bochi/2011-11-23
「戦艦ポチョムキン」 エイゼンシュテイン
「華氏451」 トリュフォー
「新宿泥棒日記」 大島渚
「心中天網島」 篠田正浩 http://blog.so-net.ne.jp/bon-bochi/2015-10-07
「薔薇の葬列」 松本俊夫 http://blog.so-net.ne.jp/bon-bochi/2015-07-09
「書を捨てよ町へ出よう」 「田園に死す」 「さらば箱舟」 寺山修司
「青春の殺人者」 長谷川和彦
「TATTOO<刺青>あり」 高橋伴明
「逆噴射家族」 石井聡互
「台風クラブ」 相米慎二
等々々・・・・
私が今までに観たATGが関わった作品の一部をざっと挙げただけでも このクオリティである。
どれも、時を越えて映画史上に輝き続けている達作ではないか!

そして私は先日、神保町・矢口書店にて「ATG映画を読む」(フィルムアート社)という書籍を購入した。
ATGの足跡と ATGが製作または配給をした国内外の映画170余作品をシノプシス・解説・評論付きで紹介した 読みごたえのある一冊である。
作品の数が多いのでライターは複数人おり 優秀な人材ばかりを揃えることはできなかったようで、間違った解釈をしていたりシノプシスの説明が稚拙だったりするところもあるのだが、過去に観た作品の復習とこれから臨まむとする作品の羅針盤の役割は、充分に果たしてくれる。

「ATG映画を読む」 映画好き必見の映画専門書である。
映画好きのみなさん、矢口書店をはじめ 映画に明るい古書店で探してみては如何だろうか。

ATG映画を読む.jpg

※9月10日(土)のオフ会、参加者募集中でやす!http://blog.so-net.ne.jp/bon-bochi/2016-06-03

nice!(308)  コメント(48)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 食べられる  [台詞]

「・・・・・食べれたよ。・・・食べれた、食べれた、そんなん楽勝っしょー。・・・・・・しょうゆとんこつの方? それも食べれたよ。・・・・・・チャーシューと味玉トッピングも食べれたよ。・・・・・・食べれるっしょー。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・つかさー、ウチの親、『食べれる』のこと 変な言い方すんだよね。 わざわざ余計な『ら』を入れるんだよ。 『食べられる』って言うんだよ。 オレ、気になってしょうがないんだよな。・・・・・・・・・・・・・・・えっ?お前んとこの親も?・・・・・お前んとこも?・・・・・・・・・・つか、お前んちの親って教師じゃなかったっけ? しかも現国だよな?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・だよなー、だよなー。・・・・・なんで年配さんって、揃いも揃って変な言い方すんだろーな?」

食べれる.jpg


※9月10日(土)のオフ会、参加者募集中でやす!http://blog.so-net.ne.jp/bon-bochi/2016-06-03


nice!(269)  コメント(54)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -